横川尚隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横川 尚隆(よこかわ なおたか、1994年7月10日 - )は、日本ボディビルダー東京都出身。血液型はA型。

略歴[編集]

学生時代、漫画『グラップラー刃牙』に登場する範馬勇次郎に憧れて、トレーニングを開始する。

「フィジーク」という競技があることを知ったのは、トレーニングを初めた後のことだった。

2019年の全日本選手権でIFBBエリートプロカードを取得。プロボディビルダーとなった[1]

人物[編集]

  • 身長:170cm
  • 体重:77kg(オン)97kg(オフ)
  • 1日の食事は6-7回+プロテイン(減量時も増量時もこの量がベース)。
  • プロテインを体重の4倍摂取してみたところ、体にブツブツができ、毛が抜けるなど、苦労した。
  • 爽やかイケメンフェイスに似合わぬ、バルクの持ち主である
  • スポーツの専門学校に通っていた。これについて「正直なところ、そこしか入れる学校がなかったんです」と発言している。
  • 憧れは範馬勇次郎
  • カタボリックにならないよう早く歩くのをやめた。
  • 最終的に「筋肉そのものになりたい」と発言。
  • ジムでスクワット中、大便を漏らしたことがある。
  • 記憶力に自信がない。
  • 好物はペヤング
  • 筋肉が彼女だと言っており、人間の彼女をつくらない。
  • タンパク質を口から摂取するのに飽き、プロテイン風呂を作るが失敗に終わる。
  • 2019年11月7日放送分の『ダウンタウンDX』ではバームクーヘンという単語が浮かんでこないなど、食べ物を表す単語を上手く言えないおバカぶりから出演者たちがどよめいた[2]
  • 2019年10月24日放送分の『アウトDX』では消費者金融から80万円の借金があるにもかかわらず無職を貫いていることを明かし、さらに「働かないっす。だって面倒臭いっすもん」と働いていない理由を説明した[3]

戦績[編集]

  • ベストフィジークジャパン2014ミスターベストフィジーク2位
  • 2015年第2回オールジャパンメンズフィジーク172cm以下級優勝&オーバーオール3位
  • 2016年「JBBF 日本ジュニアボディビル選手権」優勝
  • 2016年「IFBB 世界ジュニアボディビル選手権」2位
  • 2017年「JBBF 日本クラス別ボディビル選手権80㎏以下級」優勝
  • 2017年「JBBF 東京ボディビル選手権」優勝
  • 2017年「JBBF 日本ボディビル選手権」6位
  • 2018年「JBBF 日本ボディビル選手権」2位
  • 2019年「JBBF 日本ボディビル選手権」優勝

メディア[編集]

出典[編集]

X-PLOSION

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 松本人志、ボディビルダー横川尚隆に直球質問「バカなんですか?」 エンタメRBB 2019年11月8日(金) 00時27分(2020年1月6日閲覧)
  3. ^ 日本一のボディビルダー・横川尚隆氏が借金しても働かない理由が潔すぎる しらべぇ 2019/10/25 18:00(2020年1月6日閲覧)

外部リンク[編集]