岡田晋吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 晋吉(おかだ ひろきち、1935年2月22日 - )は、神奈川県出身のテレビプロデューサー

来歴・人物[編集]

鎌倉学園高等学校慶應義塾大学卒業。日本テレビチーフプロデューサー、芸能局長を経て、中京テレビ制作本部長兼取締役に就任。その後中京テレビ副社長を務め定年退職後、現在川喜多記念映画文化財団常務理事(常勤)、日本テレビ顧問

1957年の日本テレビ入社と同時に海外ドラマ吹き替え版制作を担当。その後、1963年の「宇宙Gメン」を皮切りに国産テレビドラマの制作に携わる。「青春とはなんだ」「これが青春だ」や「おれは男だ!」などの青春シリーズ、「東京バイパス指令」を経て「太陽にほえろ![1] 、「俺たちの旅」、「大都会」シリーズ、「あぶない刑事」などを手がけた。中京テレビ時代は民放連放送倫理小委員を歴任し、放送と人権等権利に関する委員会(放送人権委員会)放送と青少年に関する委員会などの創設にも関わっている。

中学3年生の時に初めて見た映画『打撃王』に強い感銘を受け、ラストシーンの球界を引退していくルー・ゲーリッグの背中に掛かる「ゲーリッグは去っても新たなヒーローが生まれますよ」と暗示する「プレイボール! 」という声には涙が止まらなかったという。「太陽にほえろ!」や「俺たちシリーズ」も含め、テレビ映画のプロデューサーとして立案したいくつかの企画にこのプレイボールの精神を生かしてドラマの主人公たちの将来に夢を持たせる形で終わらせたと述べている[2]

主な担当作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

バラエティ番組[編集]

劇場用映画[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『太陽にほえろ!伝説-疾走15年 私が愛した七曲署』(1996年、日本テレビ)ISBN 4-8203-9866-0
  • 『青春ドラマ夢伝説-あるプロデューサーのテレビ青春日誌』(2003年、日本テレビ)ISBN 4-8203-9863-6

脚注[編集]

  1. ^ 「太陽にほえろ!」は、スティーブ・マックイーン主演の刑事ドラマの名作「ブリット」を参考にしたと述べている。(黒井和男『映像の仕掛け人たち』キネマ旬報社、1986年7月、p209)
  2. ^ 岡田晋吉 (2012年3月14日). “我が心のアメリカ映画”. Kawakita-Film.or.jp. 2015年8月4日閲覧。

関連項目[編集]