実咲凜音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みさき りおん
実咲 凜音
生年月日 (1989-07-05) 1989年7月5日(32歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
身長 163cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ
活動期間 2009年 -
活動内容 2009年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2012年:宙組へ異動、宙組トップ娘役就任
2017年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
事務所 ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
公式サイト 実咲凜音 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
風と共に去りぬ
ベルサイユのばら
王家に捧ぐ歌
エリザベート
舞台
屋根の上のヴァイオリン弾き
ラ・マンチャの男
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

実咲 凜音(みさき りおん、1989年[1]7月5日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組トップ娘役[2][3]

兵庫県神戸市[1][3]県立須磨友が丘高等学校出身[3]。身長163cm[1]。血液型A型[1]。愛称は「みりおん」[3]

所属事務所はホリプロ・ブッキング・エージェンシー[1]

来歴[編集]

2007年、宝塚音楽学校入学[3]

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団[4][3]。入団時の成績は4番[5]。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台[4][3]。その後、花組に配属[3]

三拍子揃った実力で早くから注目を集め、2010年の阪急阪神初詣ポスターモデルに起用される[6][3]。同年、真飛聖蘭乃はなトップコンビ大劇場お披露目となる「麗しのサブリナ」で、新人公演初ヒロイン[7][4][3]。その後も3度に渡って新人公演ヒロインを務める。同年の「CODE HERO」(バウホール日本青年館公演)で、バウホール・東上公演初ヒロイン[4][3]。後にコンビを組むこととなる朝夏まなとの相手役を務める[3]

2011年の「カナリア」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、2度目の東上公演ヒロイン[3]

2012年の「近松・恋の道行」(バウホール・日本青年館公演)で、3度目の東上公演ヒロイン[8][3][9]。同公演千秋楽翌日となる5月29日付で宙組へ組替えとなり、7月2日付で宙組トップ娘役に就任[4][3]凰稀かなめの相手役として、「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」でトップコンビ大劇場お披露目[4][3]

2015年に凰稀が退団後は朝夏まなとを2人目の相手役に迎え、「王家に捧ぐ歌」で新トップコンビ大劇場お披露目[4]

2017年4月30日、「王妃の館/VIVA! FESTA!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[4]

退団後はホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属となり、舞台を中心に活動を続けている[1]

人物[編集]

6歳上の兄と2歳下の弟がいる[10]

3歳からクラシックバレエを習い始め、他にも習字やスイミングなど毎日習い事に通っていた[10]

小学生の時、母の勧めでミュージカルのオーディションを受け、地元の劇団に入団し2年間通った[10]

中学3年の時、進路について調べていて宝塚に興味を持ち、花組公演「マラケシュ・紅の墓標エンター・ザ・レビュー」で、宝塚初観劇する[10]

高校へ進学後、充実した学生生活を送り、球場での飲み物の売り子のアルバイトなども経験した[10]

ある日ふと宝塚受験を思い立ち挑戦するも、不合格となる[10]

宝塚受験のための教室に通って再挑戦し、2度目の受験で合格した[10]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

  • 2009年9 - 11月、『外伝 ベルサイユのばら-アンドレ編-』 - 新人公演:イザベラ(本役:白華れみ)『EXCITER!![4][3]
  • 2010年1月、『BUND/NEON 上海』(バウホール) - 申麗秋
  • 2010年3 - 5月、『虞美人』 - 新人公演:桃娘(本役:望海風斗
  • 2010年7 - 10月、『麗しのサブリナ』 - ジュリー、新人公演:サブリナ・フェアチャイルド(本役:蘭乃はな)『EXCITER!!』 新人公演初ヒロイン[7][4][3]
  • 2010年11 - 12月、『CODE HERO/コード・ヒーロー』(バウホール・日本青年館) - ヴァネッサ・ネイビル バウ・東上初ヒロイン[4][3]
  • 2011年2 - 4月、『愛のプレリュード』 - 新人公演:パメラ・クレメール(本役:天咲千華)『Le Paradis!!(ル パラディ)』
  • 2011年6 - 9月、『ファントム』 - 幼いエリック、新人公演:クリスティーヌ・ダーエ(本役:蘭乃はな) 新人公演ヒロイン[11][4]
  • 2011年10 - 11月、『カナリア』(ドラマシティ・日本青年館) - アジャーニ 東上ヒロイン[3]
  • 2012年1 - 3月、『復活-恋が終わり、愛が残った-』 - ミッシィ、新人公演:エカテリーナ・マースロワ(カチューシャ)(本役:蘭乃はな)『カノン』 新人公演ヒロイン[11]
  • 2012年5月、『近松・恋の道行』(バウホール・日本青年館) - 柏屋さが 東上ヒロイン[8][3][9]

宙組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年5月、『王家に捧ぐ歌』前夜祭
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年3月、実咲凜音ミュージック・サロン『Million Carat!!』 主演[13]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

広告[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 実咲凜音 公式プロフィール ホリプロ・ブッキング・エージェンシー。
  2. ^ a b 元宝塚トップ娘役・実咲凜音がドラマ初出演『遠山の金四郎』で花魁役「貴重な経験」 オリコンニュース。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 【実咲凛音】ついにマリー・アントワネット役「本当にうれしいです」 ZAKZAK。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 第8回 娘役としての完成形―実咲凜音に寄せて WEB青い弓。
  5. ^ 100年史(人物) 2014, p. 121.
  6. ^ a b 100年史(人物) 2014, p. 77.
  7. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 318.
  8. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 243.
  9. ^ a b 花組バウホール公演「近松・恋の道行」初日 神戸新聞NEXT。
  10. ^ a b c d e f g ますっく「波瀾爆笑!?我が人生:実咲凜音」 『宝塚GRAPH 2014年6月号』阪急コミュニケーションズ、2014年5月20日、78-80頁。 
  11. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 319.
  12. ^ a b 元娘役トップ実咲凜音、初仕事で神田沙也加と姉妹役 日刊スポーツ。
  13. ^ 実咲凜音ミュージック・サロン「Million Carat!!」('17年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  14. ^ 宝塚版「エリザベート」25周年記念コンサートの出演者発表、歴代出演メンバーがずらり ステージナタリー。
  15. ^ ミュージカル「ジェイミー」×池袋PARCO、コラボドリンクやネイルを提供 ステージナタリー。
  16. ^ 松本白鸚主演「ラ・マンチャの男」ファイナル公演、共演に松たか子ら ステージナタリー。
  17. ^ 「モダン・ミリー」上演決定、朝夏まなと「復活できること、心から嬉しい!!」 ステージナタリー。
  18. ^ ミュージカル『スクルージ ~クリスマス・キャロル~』|【公式】ホリプロステージ”. HORIPRO STAGE. ホリプロ. 2022年6月16日閲覧。
  19. ^ 実咲凜音 - FM大阪 85.1”. FM OSAKA Broadcasting Co.,Ltd.. 2022年5月27日閲覧。
  20. ^ oggi otto Music Shampoo - FM大阪 85.1”. FM OSAKA Broadcasting Co.,Ltd.. 2022年5月27日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 4/7〜10のみ凰稀かなめと特別出演。
  2. ^ 樋口麻美とWキャスト。
  3. ^ 濱田めぐみと交代でDJを担当。
  4. ^ 出演は1シーンのみ。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]