実咲凜音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みさき りおん
実咲 凜音
生年月日 (1989-07-05) 1989年7月5日(28歳)
出生地 兵庫県神戸市
身長 163cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2009年 -
活動内容 2009年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2012年宙組へ異動、宙組トップ娘役就任
2017年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始
事務所 ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
公式サイト 実咲凜音公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
風と共に去りぬ
ベルサイユのばら
王家に捧ぐ歌
エリザベート
双頭の鷲
備考
宝塚歌劇団卒業生

実咲 凜音(みさき りおん、1989年[1]7月5日[2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組トップ娘役。

兵庫県神戸市[2]県立須磨友が丘高等学校出身[2]。身長163㎝[2]。血液型A型[3]。愛称は「みりおん」[2]

所属事務所はホリプロ・ブッキング・エージェンシー

来歴[編集]

人物[編集]

6歳上の兄と2歳下の弟がいる[3]

3歳からクラシックバレエを習い始め、他にも習字やスイミングなど毎日習い事に通っていた[3]

小学生の時、母の勧めでミュージカルのオーディションを受け、地元の劇団に入団し2年間通った[3]

中学3年の時、進路について調べていて宝塚に興味を持ち、花組公演「マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー」で、宝塚初観劇する[3]

高校へ進学後、充実した学生生活を送り、球場での飲み物の売り子のアルバイトなども経験した[3]

ある日ふと宝塚受験を思い立ち挑戦するも、不合格となる[3]

宝塚受験のための教室に通って再挑戦し、2度目の受験で合格した[3]

歌、芝居、ダンス3拍子そろった娘役として脚光を浴びた[8]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

花組時代[編集]

  • 2009年9月 - 11月、『外伝 ベルサイユのばらーアンドレ編ー/EXICITER!!』新人公演:イザベラ(本役:白華れみ
  • 2010年1月、『BUND/NEON 上海』(バウ)申麗秋
  • 2010年3月 - 5月、『虞美人 ―新たなる伝説―』新人公演:桃娘(本役:望海風斗
  • 2010年7月 - 10月、『麗しのサブリナ/EXICITER!!』ジュリー、新人公演:サブリナ・フェアチャイルド(本役:蘭乃はな) *新人公演初ヒロイン
  • 2010年11月 - 12月、『CODE HERO』(バウ、日本青年館)ヴァネッサ  *バウ初ヒロイン
  • 2011年2月 - 4月、『愛のプレリュード/Le Paradis!! 』新人公演:パメラ・クレメール(本役:天咲千華
  • 2011年6月 - 9月、『ファントム』幼いエリック、新人公演:クリスティーヌ(本役:蘭乃はな) *新人公演ヒロイン
  • 2011年10月 - 11月、『カナリア』(ドラマシティ、日本青年館)アジャーニ *ヒロイン
  • 2012年1月 - 3月、『復活/カノン』ミッシィ、新人公演:カチューシャ(本役:蘭乃はな)*新人公演ヒロイン
  • 2012年5月、『近松・恋の道行』(バウ、日本青年館)柏屋さが  *ヒロイン

宙組トップ娘役時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

映画出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 実咲凜音(ミサキ リオン)ホリプロオフィシャルサイト.2017年8月1日閲覧.
  2. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』宝塚クリエイティブアーツ、2017年、138頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  3. ^ a b c d e f g h 「波瀾爆笑!?我が人生 実咲凜音」『宝塚GRAPH』2014年6月号、阪急コミュニケーションズ、2014年、78-80頁。
  4. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、121頁。ISBN 978-4-484-14601-0
  5. ^ 実咲凜音、憧れのエリザベート役で自分と闘う!スポーツ報知より。
  6. ^ ☆ご報告☆実咲凜音オフィシャルブログより。
  7. ^ 元娘役トップ実咲凜音、初仕事で神田沙也加と姉妹役日刊スポーツより。
  8. ^ [1]zakzak by夕刊フジぴいぷるより。
  9. ^ “番組詳細”. 宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ. http://www.skystage.net/Prgm/Detail/8742.html 2017年7月6日閲覧。 

外部リンク[編集]