大野拓朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおの たくろう
大野 拓朗
大野 拓朗
生年月日 (1988-11-14) 1988年11月14日(28歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 184 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 タレント俳優モデル
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2010年 -
活動内容 2010年2月:デビュー
2010年10月:『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』出演
事務所 ホリプロ
主な作品
テレビドラマ
LOVE理論
三匹のおっさん』シリーズ
映画
インシテミル 7日間のデス・ゲーム

大野 拓朗(おおの たくろう、1988年11月14日 - )は[1]、日本の俳優タレントモデルである[注 1]東京都出身[1]ホリプロ所属[1]

略歴[ソースを編集]

さいたま市立上大久保中学校さいたま市立浦和高等学校立教大学コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科卒業[1]。高校在学中に、3年連続でミスター・コンテストで優勝する[2]。2009年、立教大学で第25回ミスター立教に選出される[3]

2010年、ホリプロ創業50周年記念事業として開催された『キャンパスター★H50withメンズノンノ』でグランプリを受賞する[4]。同年、映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』で俳優デビュー[注 2][6]

2011年、『美咲ナンバーワン!!』で連続ドラマに初出演[7]。同年、DVD『いつでも笑顔でいれますように。』が発売される[8]

2012年、ダスキンのCMに起用された[注 3][9]。同年、写真集『ハナ』が発売される[10]

2017年、『猫忍』で映画初主演[11]

出演[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

ドラマ[ソースを編集]

バラエティ[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

ゲーム[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

  • タクロク(2010年4月 - 2011年3月、Kiss-FM KOBE 毎週土曜日 20:00 - 20:30、FM YOKOHAMA 毎週日曜日 21:00 - 21:30)
  • タクロク(2011年4月 - 2012年3月、FM YOKOHAMA 毎週日曜日 21:00 - 21:30)

CM[ソースを編集]

ミュージック・ビデオ[ソースを編集]

  • ET-KING「約束」(2011年)
  • USAGI「Hello」(2014年)

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 「拓朗」の名前は、全ての人の心を朗らかに拓く人になって欲しいという願いを込めて名づけられた[要出典]
  2. ^ 本作で北大路欣也と共演した大野は、2013年のテレビドラマ『三匹のおっさん〜正義の味方、見参!!〜』で北大路と3年ぶりの共演を果たす[5]
  3. ^ 大野は8人家族の長男を演じ、父親役で鴻上尚史が出演している[9]

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f 大野拓朗”. ホリプロ. 2014年12月10日閲覧。
  2. ^ 新人俳優発掘オーディション『キャンパスター★H50with Men’s NON-NO』最終選考【大野拓朗】”. 女性自身 (2010年2月9日). 2014年12月10日閲覧。
  3. ^ 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』大ヒット御礼イベント 第26回ミス・ミスター立教が決定”. 映画ナビ (2010年11月1日). 2014年12月10日閲覧。
  4. ^ ホリプロ新星は“ミスター”常勝イケメン”. 日刊スポーツ (2010年2月1日). 2014年12月10日閲覧。
  5. ^ 大野拓朗、連ドラで野望チラリ 北大路欣也と3年ぶり共演で「成長見せたい」”. ORICON STYLE (2013年11月4日). 2014年12月10日閲覧。
  6. ^ キャンパス王子・大野拓朗『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』で映画デビュー! 目指すスターはウォンビン!”. シネマトゥデイ (2010年10月15日). 2014年12月10日閲覧。
  7. ^ 大野拓朗、初連ドラにも物怖じせず「一番伸びるのは僕」”. ORICON STYLE (2010年1月26日). 2014年12月10日閲覧。
  8. ^ 現役立大生、大野拓朗がマツイ棒秘話語る”. 日刊スポーツ (2011年5月15日). 2014年12月10日閲覧。
  9. ^ a b 新鋭俳優・大野拓朗、「刺激的だった」テレビCM初出演”. ORICON STYLE (2012年1月27日). 2014年12月10日閲覧。
  10. ^ 「ミスター立教」大野拓朗が初写真集”. 日刊スポーツ (2012年1月29日). 2014年12月10日閲覧。
  11. ^ a b c “大野拓朗が映画初主演 猫+忍者で“癒し時代劇”再び”. ORICON STYLE. (2016年10月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2080107/full/ 2016年10月19日閲覧。 
  12. ^ “キャスト”. 映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」公式サイト. http://sk-movie.jp/cast/ 2016年4月27日閲覧。 
  13. ^ 島崎遥香、映画『ホーンテッド・キャンパス』ヒロイン役 中山優馬と共演”. ORICON STYLE (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  14. ^ タモリ、実写版『バカボン』主題歌を担当「受けない訳にはいかない」”. ORICON STYLE (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  15. ^ ORICON STYLE (2015年11月6日). “『とと姉ちゃん』ヒロイン父に西島秀俊 追加キャスト15人発表”. 2015年11月6日閲覧。
  16. ^ “大野拓朗、特攻兵役で中学生以来の丸刈り「改めて身が引き締まる思い」”. スポーツ報知. (2016年6月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160626-OHT1T50222.html 2016年6月27日閲覧。 
  17. ^ “大野拓朗“ヤクザの息子”に変身 初の全身入れ墨&初トライバル”. ORICON STYLE. (2016年8月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2075667/full/ 2016年8月3日閲覧。 
  18. ^ “二階堂ふみ、教師役でドラマ初主演「ずっとやってみたいと思っていた」”. ORICON STYLE. (2016年9月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2078006/full/ 2016年9月7日閲覧。 
  19. ^ “大野拓朗が「嫌なヤツ」、テレ東系サスペンス「望郷」で初挑戦”. スポーツ報知. (2016年9月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160916-OHT1T50123.html 2016年9月16日閲覧。 
  20. ^ “大野拓朗&生田絵梨花「ロミオ&ジュリエット」共演”. 日刊スポーツ. (2016年4月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1626778.html 2016年4月5日閲覧。 
  21. ^ 大野拓朗さんを主演に起用した企業CMを、2月1日から順次放映します”. 株式会社ダスキン (2012年1月27日). 2014年12月10日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]