正義のセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
正義のセ
著者 阿川佐和子
イラスト 荒井良二
発行日 2013年2月28日
発行元 角川書店
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 288
公式サイト shoten.kadokawa.co.jp
コード ISBN 978-4-04-110254-1
ISBN 978-4-04-101337-3文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

正義のセ』(せいぎのセ)は、阿川佐和子による小説および小説のシリーズである。

2011年4月号から10月号に『小説 野性時代』に連載され、加筆・修正ののち2013年2月28日に角川書店から単行本が刊行された。 阿川が偶然、ゴルフで女性検事と出会ったことが、本作の題材のきっかけになった[1]

2013年3月25日に続編となる『正義のセ 2』と『正義のセ 3』が、2015年7月2日に『負けるもんか 正義のセ』が発売されたのちに、それぞれ角川文庫版が発売された。

2018年4月期に日本テレビ系においてテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

東京下町の豆腐屋の娘・竹村凜々子は、小学校5年生の時の出来事がきっかけで検事になった。新任検事辞令交付式で知り合った、笹原順子と柴口朋美という友人もできた。

3か月間の研修のあと、さいたま地検で交通死亡事故を担当したり、水戸地検に2年勤めたあとの4年目には、神奈川県横浜市横浜地検で初めての暴力団事件や連続強姦事件を担当するなど奮闘する。その後、東京地検に1年、6年目には神戸地検尼崎支部に筆頭検事として赴任する。大学時代からの恋人との別れや、好きでもない同期の検事から言い寄られたり、友人のスキャンダルや仕事の失敗、妹の縁談や友人の裏切りなど様々な出来事を経て成長する。

登場人物[編集]

竹村家[編集]

竹村凜々子(たけむら りりこ)
誕生日は11月1日。生真面目で理不尽なことが許せない。
何事にも一生懸命に取り組むが融通が利かない性格で、世間知らずな面もある。
竹村浩一(たけむら こういち)
凜々子の父。竹村豆腐店の2代目店主。
高校球児で、巨人ファン。
竹村芳子(たけむら よしこ)
凜々子の母。浩一とともに豆腐店を切り盛りしている。
竹村温子(たけむら はるこ)
凜々子の6歳年下の妹。
高校卒業後、竹村豆腐店を継ぐ。
竹村菊江(たけむら きくえ)
凜々子の祖母。

凜々子の同期の検事[編集]

笹原順子(ささはら じゅんこ)
高知出身でテレビ局に勤務後、30歳になってから検事になった。
のちに、大阪の弁護士事務所でヤメ検弁護士
柴口朋美(しばぐち ともみ)
凜々子より1歳年上。食いしん坊なところがある。
神蔵守(かんぞう まもる)
凜々子に交際を申し込むが断り続けられている。

その他[編集]

小林明日香(こばやし あすか)
小学校5年生の時に、秋田県から転校してきた凜々子の同級生。
当時、新聞をよく読んでいたので物知りで、凛々子が29歳で再会した時は大和新聞の記者
相原勉(あいはら つとむ)
横浜地検時の凜々子の相方の検察事務官
大塚仁志(おおつか ひとし)
東京地検時の凜々子の2歳年上の先輩検事。
榎戸治(えのきど おさむ)
神戸地検尼崎支部時の凜々子の相方の検察事務官。
三上虎子(みかみ とらこ)
神戸地検尼崎支部時に凜々子が30歳で遭遇した時には110番担当の警察官で29歳。
青井文彦(あおい ふみひこ)
尼崎北署の知能犯係の刑事
富岡琢郎(とみおか たくろう)
通称はトミー。神蔵の友人。
後藤公一(ごとう こういち)
温子の交際相手。伊豆の老舗温泉旅館の御曹司。

書籍情報[編集]

テレビドラマ[編集]

正義のセ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜 22:00 - 23:00(60分)
放送期間 2018年4月11日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 南雲聖一
明石広人
岩﨑マリエ
原作 阿川佐和子
『正義のセ』シリーズ
脚本 松田裕子
松本美弥子
梅田みか
プロデューサー 西憲彦(CP
加藤正俊
鈴木香織
出演者 吉高由里子
安田顕
三浦翔平
広瀬アリス
平埜生成
塚地武雅
宮崎美子
寺脇康文
生瀬勝久
音声 解説放送
字幕 文字多重放送
データ放送 番組連動データ放送
エンディング 福山雅治「失敗学」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は10分後拡大(22:00 - 23:10)。
テンプレートを表示

2018年4月11日から毎週水曜日22時 - 23時に、日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送されている。主演は吉高由里子[2]

キャスト[編集]

横浜地検港南支部[編集]

竹村凜々子
演 - 吉高由里子(幼少期:剣持桜)
物語開始から港南支部に異動された2年目の検事。以前は大阪に赴任していた。
相原勉
演 - 安田顕 [3]
凜々子の検察事務官バツイチ
大塚仁志
演 - 三浦翔平
凜々子の先輩検事。
木村秀樹
演 - 平埜生成
大塚の検察事務官。
榎戸修
演 - 夙川アトム
徳永の検察事務官。
徳永太一
演 - 塚地武雅
大阪出身の検事。
梅宮譲
演 - 寺脇康文[注 1]
検事で支部長。凜々子の上司。

竹村家[編集]

竹村温子
演 - 広瀬アリス[5]
墨田区本所3丁目[6]にある豆腐屋の娘。凜々子の妹。
竹村芳子
演 - 宮崎美子
凜々子の母。
竹村浩市
演 - 生瀬勝久
凜々子の父。

その他[編集]

中牟田優希
演 - 大野拓朗
凜々子と付き合って4年の彼氏。
三上
演 - 伊藤高史
永田署刑事。

ゲスト[編集]

●は事件被害者 ★は事件被疑者 ◆は事件参考人

第1話[編集]
恩田徹★
演 - 石黒賢
枝野建設部長で向井の上司。
向井俊哉●
演 - 浅利陽介
枝野建設社員。恩田から暴行を受け被害届を提出する。
向井美織
演 - 森矢カンナ
向井の妻。妊娠中である。
田中啓介◆
演 - 六角慎司
枝野建設社員で向井の同僚。恩田と共に社内で隠し事をしている。
交番の警官
演 - 豊本明長東京03
凜々子がバッグを窃盗されたときに被害届に立ち会った警官。
林和志
演 - 鈴之助
凜々子が赴任して最初に取調担当した被疑者。
第2話[編集]
町田義之〈52〉●
演 - 大澄賢也
妻のかれんに花瓶で殴られて死亡した。
町田かれん〈48〉★
演 - 財前直見
夫の義之からの暴力被害を守るために殺害したと、正当防衛を主張している。
町田まりあ〈19〉◆
演 - 矢作穂香
義之・かれんの娘。居場所が分かっておらず、住所不定。
片山祐介
演 - 石橋保
就職あっせん事業「よつばスタッフ」職員。

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 松田裕子、松本美弥子、梅田みか
  • 音楽 - 得田真裕
  • 主題歌 - 福山雅治「失敗学」(アミューズ/ユニバーサルJ[7]
  • 検察監修 - 吉開多一
  • 警察指導 - 石坂隆昌
  • 劇中マスコットデザイン - 小柴直之
  • アクション - FCプラン
  • プロット協力 - 哥丸由喜子
  • 制作協力 - AXON
  • チーフプロデューサー - 西憲彦
  • プロデューサー - 加藤正俊、鈴木香織(AXON)
  • 演出 - 南雲聖一、明石広人、岩﨑マリエ
  • 制作著作 - 日本テレビ

放送日程[編集]

各話 放送日 ラテ欄[8] 脚本 演出 視聴率
第1話 4月11日 阿川佐和子原作!!恋に仕事に真っすぐな新米検事の初事件 松田裕子 南雲聖一 11.0%[9]
第2話 4月18日 阿川佐和子原作お仕事ドラマ 新米検事が初の殺人事件に挑む 松田裕子
松本美弥子

9.9%

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
日本テレビ 水曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
anone
(2018年1月10日 - 3月21日)
正義のセ
(2018年4月11日 - )
-

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は大杉漣が演じる予定だったが、放送開始前の2018年2月21日に急逝し、寺脇が演じることになった[4]

出典[編集]

  1. ^ 阿川佐和子. こんなに取材して、こんなに相談した本は初めてでした. インタビュアー:SHINOBU NAKGAMI. 楽天ブックス.. https://books.rakuten.co.jp/event/book/interview/20130509-sawako-agawa/ 2018年2月13日閲覧。 
  2. ^ “吉高由里子、20代最後の連ドラで初の検事役 阿川佐和子『正義のセ』実写化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2104398/full/ 2018年1月22日閲覧。 
  3. ^ “安田顕『正義のセ』で新人検事・吉高由里子とバディに 三浦翔平、広瀬アリスらも出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2105889/full/ 2018年2月17日閲覧。 
  4. ^ “大杉漣さん代役、寺脇康文 日テレ「正義のセ」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年3月11日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/11/0011057665.shtml 2018年3月11日閲覧。 
  5. ^ ““リリコ”広瀬アリスが“凜々子”の妹になる!吉高由里子と姉妹役”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年2月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180217/geo18021705050012-n1.html 2018年2月17日閲覧。 
  6. ^ 第2話の温子のセリフより。
  7. ^ “福山雅治、吉高由里子ドラマ『正義のセ』で主題歌 8年ぶりタッグ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2107621/full/ 2018年3月21日閲覧。 
  8. ^ 該当各日 読売新聞 テレビ欄
  9. ^ “吉高由里子主演ドラマ「正義のセ」初回視聴率は11.0%でスタート”. スポーツ報知. (2018年4月12日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180412-OHT1T50066.html 2018年4月12日閲覧。 

外部リンク[編集]