暁千星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

暁 千星(あかつき ちせい、9月14日[1]- )は、宝塚歌劇団月組に所属する男役スター。

広島県福山市[1]福山暁の星女子中学校出身[1]。身長172cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「ARI」[1]

来歴[編集]

2018年 「エリザベート」で、ルドルフとエルマーの二役を演じ、4度目の新人公演主演。

人物[編集]

父親は、元プロ野球選手の山内和宏[3][4]

特技は、バレーボール[1]。学生時代はバレーボール部に所属していた[2]

5歳からバレエを習い、将来はバレリーナをになることを目指していたが、身長が伸び過ぎて悩んでいたときに、友人に宝塚を勧められた[2]

初めて観た宝塚歌劇の公演は、広島県内で開かれた花組全国ツアー公演『哀しみのコルドバ/Red Hot Sea II』で、トップスターの真飛聖が登場した後ろ姿を見てすぐに「ここに入る!」と決意した[2][4]

宝塚音楽学校の入学試験では取り寄せた願書の中に課題曲の楽譜が入っていたので「これは歌をやらなきゃダメなのかもしれないな」と思って歌を習い始め、ダンス(洋舞)に至っては「洋舞=バレエ」だと思い込んでいたため、試験時に分かって見よう見まねで踊るしかなかったったと後日述懐している[5]

憧れの上級生は柚希礼音[2]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2012年4月~5月、宙組『華やかなりし日々/クライマックス-Cry-Max-』(宝塚大劇場

組廻り[編集]

  • 2012年6月~7月、宙組『華やかなりし日々/クライマックス-Cry‐Max-』(東京宝塚劇場
  • 2012年10月~12月、雪組『JIN-仁-/GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』運命の舞夢

月組配属後[編集]

  • 2013年5月、梅田芸術劇場メインホール公演『ME AND MY GIRL
  • 2013年7月 - 10月、『ルパン -ARSÈNE LUPIN-/Fantastic Energy!』新人公演:ジュスタン・ガニマール(本役:星条海斗
  • 2013年11月 - 12月、ドラマシティ・日本青年館公演『THE MERRY WIDOW』ニエグシュ
  • 2014年1月、梅田芸術劇場メインホール公演『風と共に去りぬ』青年
  • 2014年3月 - 6月、『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』新人公演:ジェイク(本役:龍真咲) *新人公演初主演
  • 2014年7月 - 8月、ドラマシティ・日本青年館公演『THE KINGDOM』アレクセイ
  • 2014年9月 - 12月、『PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』新人公演:ボビー(本役:珠城りょう
  • 2015年2月 - 3月、中日劇場公演『風と共に去りぬ』チャーリー
  • 2015年4月 - 7月、『1789-バスティーユの恋人たち-』ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン、新人公演:ロナン・マズリエ(本役:龍真咲) *新人公演主演 
  • 2015年9月、宝塚バウホール公演『A-EN【ARI VERSION】』アリエル・スターレット *バウ初主演
  • 2015年11月 - 2016年2月、『舞音-MANON-』トゥアン 、新人公演:ファン・チ・クオン(本役:珠城りょう)
  • 2016年3月 - 4月、全国ツアー公演『激情-ホセとカルメン-』エスカミリオ/『Apasionado!!Ⅲ
  • 2016年6月 - 9月、「NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-」佐脇良之、新人公演:織田信長(本役:龍真咲)/「Forever LOVE!!」 *新人公演主演 
  • 2016年10月、宝塚バウホール公演『FALSTAFF』ロミオ、ハリー王子
  • 2016年10~11月、『Bow Singing Workshop~月~』(バウホール)
  • 2017年1月 - 3月、『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲(ロンド)』ラファエラ・オッタニオ/エリック・リトナウアー(朝美絢と役替わり)、新人公演:ドアマン
  • 2017年5月、『長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲(ロンド)』(博多座)らしゃ
  • 2017年7月~10月、『All for One~ダルタニアンと太陽王~』ポルトス、新人公演:マザラン枢機卿(本役:一樹千尋
  • 2017年12月、『Arkadia-アルカディア-』(バウホール)ミネット *バウ主演
  • 2018年2月、『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)』『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』長谷山 蒼太、新人公演:脇坂 英一(本役:光月るう)
  • 2018年6月~7月『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』(日本青年館・シアタードラマシティ)AKATSUKI/アーネスト・ヘミングウェイ
  • 2018年8月~11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』ルドルフ(風間柚乃と役替わり)/エルマー(蓮つかさと役替わり) 新人公演:トート(本役:珠城りょう)*新人公演主演 

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、62頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b c d e 「To The Future」『宝塚GRAPH』2014年1月号、阪急コミュニケーションズ、2013年、105頁。
  3. ^ 首席卒業のタカラジェンヌは元南海ホークス最多勝エースの娘”. MSN産経ニュース. 2013年5月26日閲覧。
  4. ^ a b 宝塚音楽学校卒業式 主席は元南海・山内投手の次女”. スポニチアネックス. 2013年5月26日閲覧。
  5. ^ ラジオ関西「ビバ!タカラジェンヌ」2014年5月5日放送

外部リンク[編集]