大いなる遺産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大いなる遺産
Great Expectations
初版本のタイトルページ
初版本のタイトルページ
著者 チャールズ・ディケンズ
訳者 山西英一ほか
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

大いなる遺産』(おおいなるいさん、原題:Great Expectations)は、イギリス文豪チャールズ・ディケンズ長編小説1860年から1861年にかけてディケンズ自らが編集を行った週刊雑誌『All the Year Round』の誌上において発表された。ディケンズの代表作である。

概要[編集]

孤児である主人公ピップがその少年〜青春時代を回想のうちに語るといった半自叙伝的な形式を用いており、これはまたディケンズがその経験を元にして書いた半自叙伝的な小説である。

あらすじ[編集]

ピップは墓地で脱走した囚人に出会う。彼に頼まれ、食料とヤスリを家から持ち出し彼に与える。また、もう一人別の囚人を見かけたことを彼に教える。その囚人は結局、再び捕まった。

ピップはミス・ハヴィシャムの館に定期的に招かれるようになり、彼女の養女で冷徹な美少女・エステラに焦がれるようになる。義兄ジョーの弟子となった後、ある人物から巨額の遺産(Great Expectations)がもたらされることが判明し、紳士修行のためロンドンへ向かう。ピップは遺産がミス・ハヴィシャムによるものと信じ、エステラの結婚相手として自分を紳士にさせるのではないかと期待するが……

登場人物[編集]

エステラとの出会い(1901年、H.M.Brock画)
  • フィリップ・ピリップ
愛称はピップ(Pip)
赤ん坊のうちに両親と死別。姉夫婦と暮らす。
  • ジョー・ガージャリー
ピップの義兄で、鍛冶屋
  • ジョージアナ・マライア・ガージャリー
ピップの実姉。
  • ビディ
  • ドルジ・オーリック
  • エイベル・マグウィッチ
ピップが助けた囚人。
  • コンペイソン
  • ミス・ハヴィシャム
  • エステラ
  • マシュー・ポケット
  • ハーバード・ポケット
ロンドンへ来たピップと親友になる。

日本語訳[編集]

  • 『大いなる遺産』 山西英一訳、新潮文庫 上下、改版1997年・2013年
  • 『大いなる遺産』 山本政喜訳、角川文庫クラシックス 上中下、改版1998年
  • 『大いなる遺産 新訳』 田辺洋子訳、広島・溪水社、2011年
  • 『大いなる遺産』 佐々木徹訳、河出文庫 上下、2011年7月
  • 『大いなる遺産』 石塚裕子訳、岩波文庫 上下、2014年11・12月

本作を題材とした作品[編集]

映画[編集]

これまでに7度映画化された。

1917年版
サイレント映画、ジャック・ピックフォード主演
1934年版
  • 製作:ユニバーサル映画
  • 監督:スチュアート・ウォーカー
  • 撮影:ジョージ・ロビンソン
  • 出演:ヘンリー・ハル、フィリップス・ホームズ 等
1946年版

アカデミー賞2部門(撮影賞【白黒】美術監督賞・美術装置賞)受賞

1974年版
テレビ用に作られた。劇場公開はされていない。
  • 監督:ジョセフ・ハーディ
  • 脚本:シャーマン・イェーレン
  • 主演:ミヒャエル・ヨーク
1989年版
テレビ映画として作られた。
1998年版
翻案として舞台を現代アメリカに移している。
1999年版

テレビ映画として作られた。

作品自体高い評価を受けてプライムタイム・エミー賞 作品賞 (ミニシリーズ部門)にノミネートされた。

舞台[編集]

  • 1990年宝塚歌劇団で上演された。

その他[編集]

  • 爆笑問題カーボーイ:過去に「少年ピップ」という本作のパロディコーナーが行われていた。
  • サウスパーク:「ピップ・ピリップ」という同名のパロディキャラクターが登場する。また、シナリオと登場人物を大胆に脚色・改変した本作を元にしたエピソードも制作された。