ヘレナ・ボナム=カーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘレナ・ボナム=カーター
Helena Bonham Carter
Helena Bonham Carter
第83回アカデミー賞にて(2011年)
本名 Helena Bonham Carter
生年月日 1966年5月26日(50歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 女優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1983年 -
主な作品
眺めのいい部屋
鳩の翼
ハリー・ポッター』シリーズ
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
アリス・イン・ワンダーランド
英国王のスピーチ
レ・ミゼラブル

ヘレナ・ボナム=カーター, CBEHelena Bonham Carter, CBE、1966年5月26日 - )は、イギリス女優

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ロンドン郊外のゴールダース・グリーン出身。父親のレイモンド・ボナム=カーターは銀行頭取、母親のエレーナ(旧姓カジェホン)は心理療法士。兄が2人いる。大叔父は映画監督アンソニー・アスキス、曾祖父は第一次世界大戦開戦時のイギリス首相ハーバート・ヘンリー・アスキス。母方からスペイン人ユダヤ人の血を引いている。ウェストミンスター・スクールで学んだ後、ケンブリッジ大学に合格していたが、女優としてのキャリアを考え入学をやめている。

キャリア[編集]

1983年にテレビ映画でデビュー。1985年公開の『レディ・ジェーン/愛と運命のふたり』、翌年公開の『眺めのいい部屋』で国際的に注目を集める。コスチューム・プレイ作品の出演が多いことからコルセット・クィーン(corset queen)やイングリッシュ・ローズ(English rose)という愛称を付けられた。しかし本人は、そのような堅苦しいエドワード7世時代のイメージで語られることを嫌っているという。

1997年公開『鳩の翼』でロサンゼルス映画批評家協会賞主演女優賞を受賞、アカデミー主演女優賞にもノミネートされた。

2005年に第18回東京国際映画祭コンペティション部門に出品された『女たちとの会話』(劇場公開題『カンバセーションズ』)にて最優秀主演女優賞を受賞した。

2007年公開の『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』で当初予定されていたヘレン・マックロリーに代わってベラトリックス・レストレンジ役を演じた。[1] また、同年公開の『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』などでゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) にノミネートされた。

2010年公開の『英国王のスピーチ』ではジョージ6世の王妃エリザベス・ボーズ=ライアンを演じ、英国アカデミー賞助演女優賞を受賞し、さらにアカデミー助演女優賞にもノミネートされた。

2012年、イギリス王室より大英帝国勲章の第三位にあたるCBEを受賞した。

私生活[編集]

過去に映画『フランケンシュタイン』で共演した映画監督ケネス・ブラナーと交際していた時期もあった[2]

現在は映画監督ティム・バートンと(正式な結婚はしていないが)ロンドンで暮らし、2003年10月4日に長男(ビリー・レイ・バートン)を、2007年12月15日長女(ネル・バートン)を出産。バートンと交際し始めてから、コスチューム・プレイ(衣装劇・時代劇)への出演が激減し、バートン作品の常連となる。バートン作品では特殊メイクが多いため「またティムは特殊メイクをあなたにさせるの!」と実母が憤慨すると言うが、本人はバートンの才能を尊敬しており、意に介さない。2014年に破局を発表[3]

フランス語が得意で、全編フランス語の映画(『恋人たちのポートレート』)に出演したこともある。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1983 A Pattern of Roses ネティ・ベリンジャー
1985 レディ・ジェーン/愛と運命のふたり
Lady Jane
レディ・ジェーン・グレイ VHSスルー
眺めのいい部屋
A Room with a View
ルーシー・ハニーチャーチ
1987 モーリス
Maurice
クリケットの試合の夫人 カメオ出演
A Hazard of Hearts セレナ・スタヴァーリー
ザ・ビジョン/衛星テレビの陰謀
The Vison
ジョー・マリナー テレビ映画
1988 ラ・マスケラ
La Maschera
イリス
Six Minutes with Ludwig スター
1989 フランチェスコ
Francesco
アッシジのキアラ
Getting It Right ミネレバ・マンディ夫人
Arms and the Man ライナ・ペトコフ
1990 ハムレット
Hamlet
オフィーリア
The Early Life of Beatrix Potter ビアトリクス・ポター
1991 天使も許さぬ恋ゆえに
Where Angels Fear to Tread
キャロライン・アボット VHSスルー
1992 ハワーズ・エンド
Howards End
ヘレン・シュレーゲル 英国アカデミー賞 助演女優賞ノミネート
1993 Dancing Queen パンドラ/ジュリー テレビ映画
1994 フランケンシュタイン
Mary Shelley's Frankenstein
エリザベス・フランケンシュタイン
暗殺調書
Fatal Deception: Mrs. Lee Harvey Oswald
マリナ・オズワルド テレビ映画
ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)ノミネート
A Dark-Adapted Eye フェイス・セヴァン テレビ映画
Butter ドロシー
1995 誘惑のアフロディーテ
Mighty Aphrodite
アマンダ・ウェインリブ
死の愛撫
Margaret's Museum
マーガレト・マクニール
Jeremy Hardy Gives Good Sex 本人 声の出演
1996 十二夜
Twelfth Night: Or What You Will
オリヴィア
恋人たちのポートレート
Portraits chinois
エイダ
1997 The Petticoat Expeditions ナレーター
Keep the Aspidistra Flying ローズマリー
鳩の翼
The Wings of the Dove
ケイト・クロイ アカデミー主演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート
英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
1998 エクスカリバー 聖剣伝説
Merlin
モーガン・ル・フェイ テレビ映画
エミー賞助演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)ノミネート
ゴールデングローブ賞助演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)ノミネート
The Revengers' Comedies
(US title : Sweet Revenge)
カレン・ナイトリー
ヴァージン・フライト
The Theory of Flight
ジェーン・ザットチャード
1999 ファイト・クラブ
Fight Club
マーラ・シンガー
Women Talking Dirty コーラ
The Nearly Complete and Utter History of Everything リリー
2000 Carnivale ミリー 声の出演
2001 PLANET OF THE APES/猿の惑星
Planet of the Apes
アリ
ノボケイン/局部麻酔の罠
Novocaine
スーザン・アイヴィー
Football マム
2002 The Heart of Me ディナ
ライブ・フロム・バグダッド 湾岸戦争最前線
Live From Baghdad
イングリッド・フォーマネク テレビ映画
エミー賞主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)ノミネート
ゴールデングローブ賞主演女優賞(ニシリーズ・テレビ映画部門)ノミネート
記憶のはばたき
Till Human Voices Wake Us
ルビー
2003 ビッグ・フィッシュ
Big Fish
ジェニファー・ヒル/魔女
キング・オブ・ファイヤー
Henry VIII
アン・ブーリン テレビ映画
2004 レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events
ベアトリス・ボードレール カメオ出演(クレジット表記なし)
2005 カンバセーションズ
Conversations with Other Women
女性 映画祭タイトル『女たちとの会話』
第18回東京国際映画祭最優秀女優賞受賞
Magnificent 7 マギー・ジャクソン
ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!
Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit
トッティントン夫人 声の出演
ティム・バートンのコープスブライド
Tim Burton's Corpse Bride
コープスブライド
チャーリーとチョコレート工場
Charlie and the Chocolate Factory
バケット夫人
2006 くたばれ!イングランド
Sixty Six
エステル・ルーベンス
2007 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
Harry Potter and the Order of the Phoenix
ベラトリックス・レストレンジ
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street
ミセス・ラヴェット ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
2009 ハリー・ポッターと謎のプリンス
Harry Potter and the Half-Blood Prince
ベラトリックス・レストレンジ
ターミネーター4
Terminator Salvation
セレーナ・コーガン
Enid Blyton イーニッド・ブライトン テレビ映画
The Gruffalo ナレーター テレビ映画
2010 アリス・イン・ワンダーランド
Alice in Wonderland
赤の女王
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
Harry Potter and the Deathly Hallows - Part 1
ベラトリックス・レストレンジ
英国王のスピーチ
The King's Speech
エリザベス・ボーズ=ライアン アカデミー助演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
英国アカデミー賞 助演女優賞受賞
2011 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
Harry Potter and the Deathly Hallows - Part 2
ベラトリックス・レストレンジ
2012 ダーク・シャドウ
Dark Shadows
ジュリア・ホフマン
Great Expectations ミス・ハヴィシャム
レ・ミゼラブル
Les Misérables
テナルディエ夫人
2013 ローン・レンジャー
The Lone Ranger
レッド・ハリントン
天才スピヴェット
The Young and Prodigious T.S. Spivet
クレア博士
2015 シンデレラ
Cinderella
フェアリー・ゴッドマザー
未来を花束にして英語版
Suffragette
イディス・エリン
2016 アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
Alice Through the Looking Glass
赤の女王

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その後、ヘレン・マックロリーは2009年の ハリー・ポッターと謎のプリンス 、2010年 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 及び2011年 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 で、ドラコ・マルフォイの母でありベラトリックス・レストレンジのいとこにあたるナルシッサ・マルフォイを演じている。
  2. ^ エマ・トンプソン、ケネス・ブラナーとの結婚生活を壊したヘレナ・ボナム=カーターを許す
  3. ^ ティム・バートン監督とヘレナ・ボナム=カーター、破局していた

外部リンク[編集]