アンソニー・アスキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンソニー・アスキス
Anthony Asquith
Anthony Asquith
左から2番目がアスキス
生年月日 (1902-11-09) 1902年11月9日
没年月日 (1968-02-20) 1968年2月20日(65歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
死没地 イングランドの旗 イングランド・ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1927年 - 1964年
著名な家族 ハーバート・ヘンリー・アスキス(父)

アンソニー・アスキスAnthony Asquith1902年11月9日 - 1968年2月20日)は、イングランドロンドン出身の映画監督劇作家テレンス・ラティガンの戯曲の映画化作品(ラティガン本人による脚色)やラティガンによるオリジナル脚本の映画作品が多い。

略歴[編集]

父親は政治家で、後にイギリス首相(1908年 - 1916年)となるハーバート・ヘンリー・アスキス、母親はその2番目の妻マーゴット英語版。父親が50歳の時に生まれた息子で末子である[1]。また、女優ヘレナ・ボナム=カーター大叔父(祖母ヴァイオレット・ボナム=カーター英語版の腹違いの弟)にあたる。ウィンチェスター・カレッジオックスフォード大学ベリオール・カレッジで学び、卒業後、ダグラス・フェアバンクスメアリー・ピックフォード夫妻(当時)にゲストとしてロサンゼルスに招かれ、半年ほど過ごす。その中でチャールズ・チャップリンエルンスト・ルビッチリリアン・ギッシュなど、数多くの名監督や大スターと出会い、ハリウッドの映画製作の手法を目にする[2]。帰国後、イギリス映画界に入り、助監督やスタントなどを経て1920年代末から監督となる。その後、数々の名作を世に残し、イングランド出身の映画監督としては、アルフレッド・ヒッチコックデヴィッド・リーンキャロル・リードと並んで最も成功した映画監督の1人となる[3]。しかし、戯曲の映画化作品が多かったことから、映画監督としての後世の評価は芳しくない[1]

1968年に悪性リンパ腫で死去。生涯独身であった。同性愛者であったと言われている[4]

主な監督作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Anthony Asquith - Biography” (英語). IMDb. 2013年4月20日閲覧。
  2. ^ Asquith, Anthony (1902-1968) Biography” (英語). BFI Screenonline. 2013年4月20日閲覧。
  3. ^ Anthony Asquith movies, photos, movie reviews, filmography, and biography” (英語). AllMovie. 2013年4月20日閲覧。
  4. ^ Stephen Bourne "Behind the masks: Anthony Asquith and Brian Desmond Hurst" in Robin Griffiths (ed.) British Queer Cinema, Oxford: Routledge, 2006, p.37

外部リンク[編集]