メアリー・ピックフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メアリー・ピックフォード
Mary Pickford
メアリー・ピックフォードMary Pickford
生年月日 1892年4月8日
没年月日 1979年5月29日(満87歳没)
出生地 カナダの旗 カナダオンタリオ州トロント
国籍 カナダの旗 カナダ(英国臣民)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 オーエン・ムーア (1911-1920)
ダグラス・フェアバンクス (1920-1936)
チャールズ・ロジャース (1937-1979)
著名な家族 ロナルド(養子)
ロクサンヌ(養女)

メアリー・ピックフォードMary Pickford1892年4月8日 - 1979年5月29日)は、カナダトロント出身の女優、プロデューサー。サイレント映画時代の大スターであり、「アメリカの恋人」と呼ばれて親しまれた。

生涯[編集]

ピックフォードの本名は、グラディス・ルイーズ・スミス(Gladys Louise Smith)といった。アイルランドカトリック教徒の両親のもとに生まれる。カナダの巡業劇団に参加し7歳より子役として活躍していたが、ニューヨークに移りブロードウェイの舞台に立つようになった。1909年、15歳の時に有名なD・W・グリフィス監督に認められて映画デビュー。小柄で若々しいピックフォードは、無邪気な少女役で長く人気を博した。

ピックフォードは年間100万ドル稼ぐ最初の女優であった[1]。(同時期のスターであった浪費家のグロリア・スワンソンと違い、貯金もする倹約家だった。[要出典]

1916年、自分自身のプロダクション「メアリー・ピックフォード・カンパニー」を設立。自分で自分の映画を作り出す最初の女優となった。

1919年、監督のD・W・グリフィス、ダグラス・フェアバンクスチャールズ・チャップリンらと映画配給会社ユナイテッド・アーティスツ社を共同設立。同社の映画『青春の夢』や『小公子』などに主演。

1922年、ドイツの映画監督エルンスト・ルビッチをハリウッドに招き、制作した映画『ロジタ』に出演。

1929年の『コケット』でアカデミー主演女優賞を受賞した。

1933年に俳優業から引退。引退後はプロデューサーとして映画製作に参加したり、化粧品会社などを設立し実業家としても活躍した。83歳の1975年にアカデミー名誉賞を授与され、その4年後に亡くなった。

プライベートでは1920年にダグラス・フェアバンクスと結婚し、このカップルは"ピックフェア"と呼ばれ親しまれたが1936年に離婚した。

ピックフォードの名言「失敗とは転ぶことではなく、転んだまま起き上がらないことです。」

主な出演作品[編集]

フェアバンクスとハネムーンへ
『小公子』(1921)

関連事項[編集]

  • ピックフォードの名を取った「メアリー・ピックフォード」というカクテルがある。ラムにパイナップル・ジュースをブレンドしたものである。
  • 谷崎潤一郎小説痴人の愛』では、ヒロインのナオミの容貌をメアリー・ピックフォードに例える場面が繰り返し登場する。
  • 女形俳優の立花貞二郎は『サンフランシスコ・クロニクル』紙の記者に「日本のメアリー・ピックフォード」と評された。
  • マック・セネットの自叙伝『<喜劇映画>を発明した男 帝王マック・セネット、自らを語る』作品社2014年刊に幼年期からのエピソードが多く書かれている。

脚注[編集]

  1. ^ Mary Pickford at Filmbug

外部リンク[編集]