天才スピヴェット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天才スピヴェット
L'extravagant voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet
監督 ジャン=ピエール・ジュネ
脚本 ジャン=ピエール・ジュネ
ギョーム・ローラン
原作 T・S・スピヴェット君 傑作集(ライフ・ラーセン
製作総指揮 ジャン=ピエール・ジュネ
出演者 カイル・キャトレット
ヘレナ・ボナム=カーター
ジュディ・デイヴィス
カラム・キース・レニー
ニーアム・ウィルソン
ドミニク・ピノン
音楽 デニス・サナコア
撮影 トマス・ハードマイアー
編集 トマス・ハードマイアー
配給 ベルギーの旗 ゴーモン
日本の旗 ギャガ
公開 ベルギーの旗 2013年10月16日
日本の旗 2014年11月15日
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランスカナダの旗 カナダ
言語 英語
興行収入 1億6000万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

天才スピヴェット』(てんさいスピヴェット、L'extravagant voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet)は、2013年のフランス・カナダ合同のアドベンチャー映画。ライフ・ラーセンの小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」を原作としている。

ストーリー[編集]

モンタナの牧場で暮らす10歳の少年スピヴェットは、身も心もカウボーイの父と昆虫博士の母、アイドルを夢見る姉に囲まれて暮らしていた。スピヴェットは生まれながらの天才的頭脳の持ち主だが、彼の言動は家族からは今ひとつ理解されずにいた。さらに、双子の弟の突然の死で、家族の心にぽっかりと穴が空いていた。そんな中、スピヴェットの元にアメリカを代表する研究機関であるスミソニアン学術協会から、最も優れた発明に贈られるベアード賞受賞の知らせが届く。初めて人に認められることの嬉しさを知ったスピヴェットは、一人でワシントンDCで開かれる授賞式に出席するべく、家出を決意する。数々の危険や様々な人々と出会いながら大陸を横断する。受賞スピーチで、彼は重大な真実を明かそうとする。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

  1. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 100頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]