未来を花束にして

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
未来を花束にして
Suffragette
監督 サラ・ガヴロン
脚本 アビ・モーガン
製作 アリソン・オーウェン
フェイ・ウォード
製作総指揮 キャメロン・マクラッケン
テッサ・ロス
ローズ・ガーネット
ニック・バウアー
ジェームズ・シェイマス
テレサ・モネオ
出演者 キャリー・マリガン
ヘレナ・ボナム=カーター
ベン・ウィショー
ブレンダン・グリーソン
メリル・ストリープ
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 エド・グラウ
編集 バーニー・ピリング
製作会社 BFI
Canal+
パテ
配給 日本の旗 ロングライド
公開 イギリスの旗 2015年10月12日
日本の旗 2017年1月27日
上映時間 106分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $14,000,000[1]
興行収入 イギリスの旗 $14,074,045[2]
アメリカ合衆国の旗 $4,702,420[3]
日本の旗 5000万円[4]
テンプレートを表示

未来を花束にして』(みらいをはなたばにして、原題:Suffragette)は、2015年制作のイギリス歴史映画

1910年代イギリス婦人参政権を求めて闘った女性たちの姿を描いた作品。原題のSuffragetteサフラジェット)とは、20世紀初頭のイギリスの参政権拡張論者、特に婦人参政権論者を指す言葉。

 あらすじ [編集]

1912年ロンドン。モード・ワッツは、夫サニーと幼い息子ジョージの3人で暮らす平凡な主婦で、サニーと共に洗濯工場で劣悪な環境下と低賃金で長時間働いていた。

ある日、モードは洗濯物を届ける途中、女性参政権を求めて活動する婦人社会政治連合(WSPU)の過激行動に遭遇したのをきっかけに、サフラジェットと呼ばれる女性参政権を求める活動家で過激な活動を展開しているイーディスと出会う。

やがて、政府による女性参政権運動への取り締まりが厳しくなり、カメラによる市民監視システムが導入される。そしてモードは偶然写り込んでいたために、無関係ながら活動家の1人としてマークされてしまう。

これによって、モードはサニーから一方的に離婚を申し渡され、息子ジョージと会うことを禁じられた上にジョージは勝手に養子に出され、工場も解雇されてしまう。

最初は運動に無関心だったモードであったが、運動家たちの命をもかけた過激な活動を目の当たりにし、また議会の公聴会で友人の代わりに工場での待遇や自身の身の上を証言したことをきっかけに、自分が違う生き方を望んでいることに気付き、連帯を示す花を付けた帽子をかぶって運動に積極的にかかわっていく。

キャスト[編集]

評価[編集]

その他[編集]

婦人社会政治連合(WSPU)の活動家で、何度逮捕されても権力に果敢に立ち向かう薬剤師イーディスを演じたヘレナ・ボナム=カーターは、当時のイギリス首相で婦人参政権運動を弾圧していたハーバート・ヘンリー・アスキス伯爵のひ孫にあたる[5][6][7][8]

脚注[編集]

外部リンク[編集]