コンテンツにスキップ

アリアナ・デボーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アリアナ・デボーズ
Ariana DeBose
Ariana DeBose
2020年撮影
生年月日 (1991-01-25) 1991年1月25日(33歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ノースカロライナ州ローリー
職業 女優、歌手
活動期間 2009年 -
公式サイト https://www.arianadebose.com
主な作品
ウエスト・サイド・ストーリー
ウィッシュ
 
受賞
アカデミー賞
助演女優賞
2021年ウエスト・サイド・ストーリー
ロサンゼルス映画批評家協会賞
助演女優賞
2021年『ウエスト・サイド・ストーリー』
放送映画批評家協会賞
助演女優賞
2021年『ウェスト・サイド・ストーリー』
英国アカデミー賞
助演女優賞
2021年『ウェスト・サイド・ストーリー』
ゴールデングローブ賞
助演女優賞
2021年『ウエスト・サイド・ストーリー』
全米映画俳優組合賞
助演女優賞
2021年『ウエスト・サイド・ストーリー』
その他の賞
テンプレートを表示

アリアナ・デボーズ(Ariana DeBose, 1991年1月25日 - )は、アメリカ合衆国女優歌手

来歴[編集]

ノースカロライナ州ローリー出身。父親はプエルトリコ人、母親はアフリカ系イタリア系の血を引く[1]

2009年、オーディション番組『アメリカン・ダンスアイドル』でデビュー[2]、2011年にミュージカル『チアーズ!』でブロードウェイデビューした。

以降、『ハミルトン』(2015年-2016年)や『サマー:ザ・ドナ・サマー・ミュージカル』(2017年)などのミュージカル活動する一方、映画やテレビドラマにも出演、2021年にブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド物語』をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』にマリアの兄ベルナルドの恋人アニータ役で出演[3][4]第79回ゴールデングローブ賞助演女優賞[5][6][7]第94回アカデミー助演女優賞を受賞した[8][9]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 日本語吹き替え
2020 ハミルトン
Hamilton
役名なし (吹き替え版なし)
ザ・プロム
The Prom
アリッサ・グリーン 弘松芹香
2021 ウエスト・サイド・ストーリー
West Side Story
アニータ 第79回ゴールデングローブ賞映画部門 助演女優賞受賞
第47回ロサンゼルス映画批評家協会賞助演女優賞受賞
第94回アカデミー助演女優賞受賞
田村睦心
2023 ワンス・アポン・ア・スタジオ -100年の思い出-
Once Upon a Studio
アーシャ 短編映画
声の出演
生田絵梨花

I.S.S.
キラ・フォスター博士
ウィッシュ
Wish
アーシャ 声の出演 生田絵梨花[10]
2024 ARGYLLE/アーガイル
Argylle
キーラ [11] 村中知
クレイヴン・ザ・ハンター
Kraven the Hunter
カリプソ ポストプロダクション
TBA
House of Spoils

With Love
プリプロダクション

テレビドラマ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2016 ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆〜
Blue Bloods
ソフィア・オルティス 第6シーズン第14話「愛情の行方」
2018 ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン
The Tonight Show Starring Jimmy Fallon
ディスコ・ドナ 計1話出演
2021 シュミガドーン!
Schmigadoon!
エマ・テイト 計6話出演[12]
2022 ウエストワールド
Westworld
マヤ 計5話出演

脚注[編集]

  1. ^ Button, Simon (2018年10月22日). “The star of Donna Summer's musical on speaking up for queer women of colour”. GAY TIMES. 2018年10月22日閲覧。 “my father was Puerto Rican, so I don’t identify with any specific ethnicity either ... I do have African-American lineage, but I’m also part-Italian.”
  2. ^ Ariana DeBose”. IMDb. 2016年10月6日閲覧。
  3. ^ “「ウエスト・サイド・ストーリー」アニータ役、20年以上憧れたキャラを熱演 先輩からの助けも”. 映画.com. (2021年12月28日). https://eiga.com/news/20211228/14/ 2022年2月18日閲覧。 
  4. ^ “元祖アニータ役リタ・モレノ絶賛!アリアナ・デボーズが魅せる力強く生まれ変わった「America」”. cinemacafe.net. (2022年1月16日). https://www.cinemacafe.net/article/2022/01/16/76787.html 2022年2月18日閲覧。 
  5. ^ West Side Story (2021) - Golden Globes
  6. ^ Ariana DeBose - Golden Globes
  7. ^ “Who Is Ariana DeBose? Meet the 'SNL' Host and 'West Side Story' Star”. Variety. (2022年1月15日). https://variety.com/2022/tv/news/ariana-debose-saturday-night-live-west-side-story-queer-1235154923/ 2022年2月18日閲覧。 
  8. ^ The 94th Academy Awards | 2022”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2022年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月28日閲覧。
  9. ^ “助演女優賞は『ウエスト・サイド・ストーリー』アニータ役のアリアナ・デボーズ!:第94回アカデミー賞”. シネマトゥデイ. (2022年3月28日). https://www.cinematoday.jp/news/N0129240 2022年3月28日閲覧。 
  10. ^ "生田絵梨花、ディズニー100周年記念作「ウィッシュ」の日本版声優に決定". 映画ナタリー. ナターシャ. 2023年10月13日. 2023年10月13日閲覧
  11. ^ Kit (2021年9月30日). “Ariana DeBose Joins Henry Cavill in Matthew Vaughn's 'Argylle'”. The Hollywood Reporter. 2021年9月30日閲覧。
  12. ^ Petski (2020年10月1日). “Keegan-Michael Key, Alan Cumming, Fred Armisen, Kristin Chenoweth Among 10 Cast For Apple Musical Comedy Project Starring Cecily Strong”. Deadline. 2020年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]