フランチェスコ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランチェスコ
Francesco
監督 リリアーナ・カヴァーニ
脚本 ロベルタ・マッゾーニ
リリアーナ・カヴァーニ
製作 ジュリオ・スカンニ
ヨスト・シュタインブルッヘル
ロベルト・カドリンゲル
エリック・パーキンソン
出演者 ミッキー・ローク
音楽 ヴァンゲリス
撮影 ジュゼッペ・ランチ
編集 ガブリエラ・クリスティアーニ
配給 日本の旗 大映
公開 イタリアの旗 1989年3月22日
日本の旗 1990年7月27日
上映時間 135分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
英語
テンプレートを表示

フランチェスコ』(Francesco)は、1989年に製作されたイタリア映画。『愛の嵐』のリリアーナ・カヴァーニ監督。ヴァンゲリスが音楽を担当。ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア)最優秀美術賞受賞:ダニーロ・ドナーティ[1]

あらすじ[編集]

13世紀聖人アッシジのフランチェスコの生涯を、その弟子たちとキアラの回想によって描いている。裕福な商家の家に生まれ放蕩生活を送っていた青年フランチェスコ。ペルージャとの戦いで捕虜になっていた時に、イエス・キリスト福音書によって回心し、布教活動に身を投じていく。両親と別れ、難民キャンプ中で暮し、奉仕活動をしながら聖ダミアーノ教会で布教活動を進める。フランチェスコの活動は、次第に人々の心をとらえるが、衝突も起きていた。フランチェスコはこの布教活動を続けるために、ローマ教皇との謁見を決意。最初のうちは冷やかだった教皇も、活動の大きさに無視できなくなる。修道会内部にもフランチェスコに疑問を持ち、非難する者がでてくる。フランチェスコは悩み、独り山にこもった。そしてある日、フランチェスコの体にキリストがゴルゴダの丘で処刑された時に受けた傷と同じものが現れる。フランチェスコは天を仰ぎ神に感謝する。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「フランチェスコ」『Cinema square Magazine No.80』シネマスクエアとうきゅう、1990年7月27日。22頁。
  2. ^ フランチェスコ allcinema

外部リンク[編集]