リース・ウィザースプーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リース・ウィザースプーン
Reese Witherspoon
Reese Witherspoon
2014年、トロント国際映画祭
本名 ローラ・ジーン・リース・ウィザースプーン
Laura Jean Reese Witherspoon
生年月日 (1976-03-22) 1976年3月22日(40歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ
民族 スコットランド系アメリカ人
職業 女優・プロデューサー
活動期間 1991年 - 現在
配偶者 ライアン・フィリップ (1999年 - 2007年)
ジム・トス(2011年 - 現在)
著名な家族 長女:エイヴァ (1999年生)
長男:ディーコン (2003年生)
二男:テネシー・ジェイムズ (2012年9月27日生)
主な作品
ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!
キューティ・ブロンド』シリーズ
メラニーは行く!
ウォーク・ザ・ライン/君につづく道
わたしに会うまでの1600キロ

リース・ウィザースプーンReese Witherspoon, 1976年3月22日 - )は、アメリカ合衆国女優映画プロデューサー[1]。 リーズ・ウィザースプーンと表記されることもあるが、リースが最も近い発音。アメリカ独立宣言署名者ジョン・ウィザースプーンの子孫である。

1991年、『マン・イン・ザ・ムーン/あこがれの人英語版』の主演で子役としてデビューした。1996年、『連鎖犯罪/逃げられない女英語版』に出演し、1998年、『カラー・オブ・ハート』に主演した。2000年、『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』でゴールデングローブ賞主演女優賞ミュージカル・コメディ部門にノミネートされた。

2001年の『キューティ・ブロンド』で知名度が上がり、2002年、ロマンチック・コメディ『メラニーは行く!』主演で商業的に成功した。2005年、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でジューン・カーター・キャッシュ役を演じてアカデミー主演女優賞ゴールデングローブ賞主演女優賞ドラマ部門英国映画テレビ芸術アカデミー賞、全米映画俳優組合賞主演女優賞放送映画批評家協会賞女優賞を受賞して世界的な注目を集めた。他に2003年、『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』、2009年、『モンスターVSエイリアン』、2011年、『恋人たちのパレード』などに出演した。2014年、スリラー『ゴーン・ガール』のプロデュースを行ない、『わたしに会うまでの1600キロ』でシェリル・ストレイド役を演じて批評家の称賛を得て、アカデミー主演女優賞に再度ノミネートされた。

1999年、俳優のライアン・フィリップと結婚した。2006年に別居して2007年に離婚した。2011年、タレント・エージェントのジム・トスと結婚した。ウィザースプーンはプロダクション会社のパシフィック・スタンダードを所有している。女性や子供の支援組織にも積極的に関わっている。児童支援基金(CDF)の役員であり、2007年にエイボンのグローバル・アンバサダーに任命され、エイボン基金の名誉会長を務めている。2010年12月1日、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに星を受けた。

生い立ち[編集]

1976年3月22日、ルイジアナ州ニューオリンズにて、テューレーン大学の医学生であった父親ジョン・ドレイパー・ウィザースプーンと理学士、看護学修士、教育学博士号を持つ母親メアリー・エリザベス(愛称ベティ、旧姓リース)の間に出生名ローラ・ジーン・リース・ウィザースプーンLaura Jeanne Reese Witherspoon)として生まれた[2][3][4]。ミドルネームのリースはオランダ系の母親の旧姓である。父はジョージア州生まれで陸軍予備軍中佐 [5][6]、そして2012年まで耳鼻咽喉科の開業医であった[7]。母親はテネシー州ハリマン出身で、理学士、看護学修士、教育学博士号を取得しており[8]ヴァンダービルト大学で小児科および精神科の看護学教授として働いていた[9][6][10][11]。1988年から定年まで、ヴァンダービルト大学病院の新生児特定集中治療室で乳児の看護職に就いていた。ウィザースプーンはアメリカ独立宣言書にサインをした、スコットランド生まれのジョン・ウィザースプーンの子孫であるとされる[12][13]が、独立宣言子孫の系図学者からは立証されていない[14]。両親は1996年に別居しているが、現在も婚姻中である[15]

幼少の頃に4年間父親がアメリカ軍として勤務していたドイツヴィースバーデンで過ごし[10][16]、帰国後テネシー州ナッシュビルに移住して子供時代を過ごした[10][16][17]米国聖公会を信仰して育った[18]。兄ジョン・ジュニアは不動産会社に勤務している[19]。ウィザースプーンは学校で成績が良く[20]、読書が好きで自分を「読書ばか」と呼ぶ[4]。本好きに関して「書店に行くとクレイジーになる。全て欲しくなって動悸がする」と語った[18]。ナッシュビルにて中学校はハーディング・アカデミーに通学し、女子高のハーパス・ホール・スクールではチアリーダーに所属していた[21][22]。その後スタンフォード大学英文学部に進学した[23]。1年通学したのち、女優業の本格化のため退学した[22]。生粋の南部育ちであることに誇りを持っている。「人の感情に誠実に、礼儀正しく、責任感を持ち、身の丈以上の生活をしない」と南部の伝統や家系の教えを与えられてきたと語った[22][24]。ウィザースプーンは優等生で、両親から「タイプA少女」とあだ名が付けられていた[25][26]。初期の頃の『Interview』誌の記事によると「それが特別なこととは思っていなかった。それが普通で、地に足のついた方法だと思っていたのだと思う。私は女性が様々なことを成し遂げる環境で育ってきた。もし成し遂げられないことがあれば、それは社会が阻害していたから」と語った[6]

7歳の頃、花屋のテレビ・コマーシャルのモデルに選ばれ、以降演技の勉強をする気になった[20][27]。11歳の時、テネシー州タレント・フェアで優勝した[20]

キャリア[編集]

1991年–1998年: 初期[編集]

子供のころからコマーシャルなどに出演していた。1991年に『マン・イン・ザ・ムーン/あこがれの人』の端役オーディションに参加したが[22]、近所の17歳の少年に初恋をする14歳のカントリー・ガールである主役のダニー・トラント役に配役され映画デビューした。『バラエティ』誌によると「記憶に残る感動的な」演技と評価され[28]、批評家のロジャー・イーバートは「彼女のファースト・キスは私がかつて観た映画の中で最も完璧なシーンの1つ」と語った[20]。この役によりウィザースプーンはヤング・アーティスト賞女優賞にノミネートされた[29]。同年後期、ダイアン・キートン監督、パトリシア・アークエット主演の映画『ワイルドフラワー英語版』でテレビ映画デビューをした[5][12]。1992年、テレビ映画『Desperate Choices: To Save My Child 』に出演し、重病の少女役を演じた[5]

1993年、CBSのミニシリーズ『Return to Lonesome Dove 』で幼な妻役を、ディズニー映画『ラスト・ウィンド/少年たちは砂漠を越えた英語版』でノニー・パーカー役を、『みんな愛してる』でカレン・モリス役を演じ、ヤング・アーティスト賞共演女優賞を受賞した[5][30]。翌1994年、ジェフリー・リーヴァイ監督の映画『S.F.W. 』でウェンディ・ファイスター役で主演した。1996年、スリラー映画『悪魔の恋人英語版』で10代の少女ニコール・ウォーカー役を演じ、のちに暴力的なサイコパスとなるハンサムなボーイフレンド役のマーク・ウォールバーグと共に主演した[31]。またブラック・コメディ・スリラー『連鎖犯罪/逃げられない女』でキーファー・サザーランドブルック・シールズと共に主演した。ウィザースプーンのヴァネッサ・ラッツ役はロサンゼルスに住む貧しい少女で、ストックトンに住む祖母を訪ねる途中シリアルキラーに遭遇する[22]。この映画は出版業界から好評を得た。『サンフランシスコ・クロニクル』紙のミック・ラセルは「ウィザースプーンは魅力的で、甲高いテキサス州訛りで真に迫っていた」と語った[32]。コニャック警察映画祭で女優賞を受賞し、躍進的な女優の地位を確立した[22][33]。ウィザースプーンはこのスリラー映画の製作の過程で「映画であるということを越えて、死ぬほど怖い思いをした」と語った[23]

1997年、ライアン・フィリップとの時間を大切にするため休養した。1998年、『恋のから騒ぎ (1998年の映画)英語版』、『カラー・オブ・ハート』、『トワイライト 葬られた過去』の3本の映画で復帰した[12][34]。『カラー・オブ・ハート』では1990年代から1950年代のテレビ・ドラマの舞台に紛れ込んでしまう兄妹としてトビー・マグワイアと共に主演した。ウィザースプーンは外見、交友関係、人気ばかりを気にする妹ジェニファー役を演じた。この演技は好評で、ヤング・ハリウッド賞女優賞を受賞した[35]。映画監督のゲイリー・ロスはこの頃からウィザースプーンは将来大物女優になると予見していた[23]

1999年–2000年: 批評的称賛[編集]

1999年、スリラー・ドラマ映画『完全犯罪』でアレッサンドロ・ニヴォラと共に主演した。ウィザースプーンは恋人ニックと共に錆びれた小さな町から逃げようとするリサ役を演じた[5]。同年、ドラマ映画『クルーエル・インテンションズ』でサラ・ミシェル・ゲラーとライアン・フィリップと共に主演した。この作品は18世紀のフランスの小説『危険な関係』を現代に置き換えたものである。『サンフランシスコ・クロニクル』紙はウィザースプーンのアネット・ハーグローヴ役の演技を称賛し「ウィザースプーンはこのような派手でない役がとても良く、小悪魔的表情をうまく作る」と記した[36]。ウィザースプーンはこの映画のサウンドトラックのマーシー・プレイグラウンドのミュージック・ビデオにも出演した。その後、トム・ペロッタの1998年の小説『Election 』の映画化『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』でマシュー・ブロデリックと共に主演した[5]。意欲的で頑張り屋のトレイシー・フリック役を演じ、多くの批評的称賛を得て全米批評家協会賞オンライン映画批評家協会から主演女優賞を受賞し、ゴールデングローブ賞に初めてノミネートされた他、インディペンデント・スピリット賞にもノミネートされ注目を集めた[37][38]。また『プレミア』誌が選ぶ『100 Greatest Film Performances of All Time 』にランクインした[39]アレクサンダー・ペイン監督は「男性にとっては魅力的で、女性にとっては友達になりたいタイプ。ただしそれは単なる基礎である。彼女のように魅力とコミカルさを兼ね備えた人はいない。彼女は何でもできる」と語った[24]

『ハイスクール白書』での成功に関わらず、ウィザースプーンは役がはまり過ぎて次の仕事がなかなか見つからなかったとインタビューにて記した[40]。ウィザースプーンは「私が演じた役はとても極端で、それが演技ではなく私自身だと考える人もいる。私はいくつでもオーディションを受けるつもりだったし、なぜ私が雇われなかったかをじっくり考える。興行収入女優の座を降りるつもりはなかったけれど、そうは考えなかった人もいる」と分析した[6]。2000年、『アメリカン・サイコ』で助演し、『リトル★ニッキー』でカメオ出演した[34]。また『フレンズ』第6シーズンでレイチェル・グリーン(ジェニファー・アニストン)の妹ジル役でゲスト出演した[41]。翌2001年、アニメ映画『白鳥ルイの夢みるトランペット英語版』でセリーナ役の声を担当した。

2001–2004年: 世界的認知[編集]

2001年の映画『キューティ・ブロンド』が大ヒットし、一躍トップ・スターの座をつかんだ。続編も製作され、「ラブコメの女王」と評されるようになる。ウィザースプーンにとってこの映画がターニング・ポイントとなった。ファッション・マーチャンダイジングを学んでいるが、ハーバード・ロー・スクールに進学するボーイフレンドを追って法学生になることを決心する主役エル・ウッズ役を演じた。ウィザースプーンはこの役について「この脚本を読んだ時「彼女はビバリーヒルズ出身で、裕福で、ソロリティにいる。素敵なボーイフレンドがいるけど振られる。誰が気にする?私も彼女が嫌いだわ」と思ったけれど、実際は憎めないタイプの人」と語った[24]。『キューティ・ブロンド』は興行収入の上でヒットし、アメリカ国内だけで9,600万ドルをあげた[42]。ウィザースプーンの演技は批評家の称賛を得て、メディアは「第二のメグ・ライアン」と言及するようになった[43]。ロジャー・イーバートは「ウィザースプーンは快活さと頭の回転の良さを兼ね備え、難なくこの役に命を吹き込んだ」と語り[44]Salon.comは「ウィザースプーンはエル役のキャラクターを美しく表現している」と記した[45]。また『シアトル・ポスト・インテリジェンサー』は「ウィザースプーンは才能あるコメディ女優であり、ただ登場するだけでそのシーンが活気づき、ほぼ単独でこの映画を作り上げている」と記した[46]。この演技によりウィザースプーンは2回目のゴールデングローブ賞主演女優賞ノミネートを受け、MTVムービー・アワードコメディ演技賞を受賞した。

2002年、『キューティ・ブロンド』の成功後、ウィザースプーンは『ザ・シンプソンズ』のエピソード『The Bart Wants What It Wants 』のグレタ・ウォルフキャッスル役など様々な役を演じ、オスカー・ワイルドの戯曲の映画化『アーネスト式プロポーズ』のセシリー役でティーン・チョイス・アワードにノミネートされた[47][48]。同年後期、アンディ・テナント監督の『メラニーは行く!』でジョシュ・ルーカスパトリック・デンプシーと共に主演した。ニューヨークの政治家と結婚目前だが、幼馴染であった7年間別居中の夫と離婚するためアラバマ州に戻らなければいけない若いファッション・デザイナーのメラニー・カーマイケル役を演じた。ウィザースプーンはこの役を演じる上で、ナッシュビルからロサンゼルスに転居した経験を思い起こした[49]。この映画は初週興行収入3,500万ドル、全米興行収入1億2,700万ドルをあげ、ウィザースプーンにとってこの時点で最大のヒットとなった[42][50]。商業的成功に関わらず、批評家からの評価は低かった。『マイアミ・ヘラルド』紙は「ありきたりの退屈な予測可能なロマンティック・コメディ」と記し[51]、メディアはウィザースプーンが主演ということだけでヒットしたと報じた [52][53]。『クリスチャン・サイエンス・モニター』紙は「ウィザースプーンは映画の主な魅力ではなく、映画の唯一の魅力」と記した[54]

2003年、『キューティ・ブロンド』の成功を追い、続編『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』に主演した。エル・ウッズはハーバードを卒業し、化粧品業界の科学実験から動物を守る弁護士となる決心をする。この続編は前作ほど成功せず、否定的な評価が多かった。『USAトゥデイ』紙は「だらだらとつまらない、困惑するような話」としたが、「ウィザースプーンは今回も愛すべき能あるブロンド役で素晴らしい演技をしたが、彼女の一流のコメディ演技はつまらない筋書で無駄になった」と記した[55]。Salon.comは「前作の良さを全てぶち壊した」と記した[56]。批評家からの批判に関わらず、この続編は最初の5日間にアメリカ国内のみで3,900万ドルをあげ、最終的に全米で9千万ドルをあげた[57]。ウィザースプーンのこの映画の出演料は1,500万ドルで、2002年から2010年のハリウッドの高額出演女優の1人となった[24][58][59][60]。2004年、19世紀の古典小説『虚栄の市』の映画化でミーラー・ナーイル監督の『悪女』に主演した。ウィザースプーンは、冷酷で社会の地位を確立しようとする貧しい女性ベッキー・シャープ役を演じた。撮影時第二子妊娠中だったため、腹部を隠す衣裳を着用していた[61]。ウィザースプーンはこの妊娠は女優業の妨げではなく、シャープ役のキャラクターを演じる手助けとなったとした。「妊娠がもたらす輝き、この体形、胸が好き。これらが演技をする上で多くのことをもたらしてくれる」と語った[62][63]。この映画およびウィザースプーンの演技は好評で、『ハリウッド・リポーター』誌は「この映画の出演者は優秀である。下品になりがちなこの役をウィザースプーンは快活に演じたことにより魅力的になった」と記した[64]。『シャーロット・オブザーバー』紙は「鋭さをソフトに包み込んだ素晴らしい演技」を記し、『ロサンゼルス・タイムズ』紙は「ウィザースプーンはこの役を演じるために生まれてきた」と評した[65][66]

2005年–2006年: 『ウォーク・ザ・ライン』および批評的功績[編集]

2004年後期、ウィザースプーンはロマンティック・コメディ『恋人はゴースト』にマーク・ラファロと共に主演した。ブラインド・デートに向かう途中交通事故に遭い昏睡状態となる、意欲的な医師エリザベス・マスターソン役を演じた。エリザベスの魂はかつて本当の愛を見つけた古いアパートに戻る[67]

2005年、トロント国際映画祭での『ウォーク・ザ・ライン』プレミア上映にて

同年初頭、映画『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でカントリー歌手および作曲家ジョニー・キャッシュの2番目の妻ジューン・カーター・キャッシュ役に選ばれた。ウィザースプーンは『悪女』撮影中にカーター・キャッシュが亡くなったために本人に会うことはできなかった[6]。映画の中でウィザースプーン本人の声で撮影され、実際に観客役を前にして歌わなければならず、ライヴを行なうことをとても恐れて弁護士にこの映画の契約を切りたいと頼んだほどであった[68]。のちのインタビューにてこの件について「人前で歌ったことなどなく、この役で最も挑戦的なことだった」と語った[69]。役が決まってからの6ヶ月間、この役での歌い方を学ばなければならなかった[68][70]。ウィザースプーンが演じたカーター・キャッシュは批評家から称賛を受け、ロバート・イーバートはウィザースプーンの演技は映画に無限の力を与えたと記した[71]。ウィザースプーンはゴールデングローブ賞、映画俳優組合英国映画テレビ芸術アカデミーアカデミー賞などにおいて主演女優賞を受賞し、名実共にハリウッドのトップスターになった。映画業界で批評的に成功しただけでなく、ウィザースプーンおよび共演者のホアキン・フェニックスCMTミュージック・アワードからコラボレート・ビデオ賞にノミネートされた[72][73]。ウィザースプーンはこの映画への情熱について「なかなか深入りできない実際の婚姻関係、実際の人間関係を描いたこの映画に関わることができて嬉しい。そしてこの映画は問題の簡単な解決法だけでなく長期間にわたる想いを描いている」と語った[74]。ウィザースプーンはカーター・キャッシュについて、この時代においてとても進んだ女性だったと考えており「2回結婚と離婚を繰り返し父親の違う子を2人生み、とても有名なミュージシャンたちと1台の車でコンサート・ツアーに出るような、1950年代には受け入れがたい女性であった。社会慣習に従うような性格ではなかったことが彼女をとてもモダンな女性にしたのだと思う」と語った[74]

オスカー受賞後の最初の役は現代のおとぎ話『ペネロピ』で家系の呪いのかかったペネロピ(クリスティーナ・リッチ)の親友アニー役であった。ウィザースプーンは女優業だけでなくType A Filmsという制作会社の経営業にも関わっており、製作・プロデュースを行っている。この映画は『ウォーク・ザ・ライン』でオスカーを獲得した直後の2006年3月からType A Films によりプロデュースされて撮影が開始した[75]。2006年、トロント国際映画祭でプレミア上映されたが[68][76]、正式公開は2回延期されて最終的に2008年2月に公開された[77][78]

2007年–2012年: 低迷期および三角関係時代[編集]

『ウォーク・ザ・ライン』の批評的成功後数年間、ウィザースプーンはキャリアの低迷期を迎えた。2014年12月のインタビューで、2006年10月に最初の夫と別居してその後離婚したことが原因であると考え「数年は気分を上げることだけ考えた。脳がスクランブル・エッグのような気分の時にクリエイティブなことなんてできない」と語った。また「作品を情熱的に作り上げることができなかった。ただ淡々と仕事をするだけ。私の公開作品に観客が何も反応しないのは明らかだった」と語った[79]

この時期の作品には2006年11月の『レンディション』がある。テロ容疑者の妊娠中の妻イザベラ・フィールズ・エル=イブラヒミ役を演じた。ウィザースプーンにとって2005年の『ウォーク・ザ・ライン』以降初めての劇場公開作品として2007年10月に公開された[80]。この映画の評価はほとんど低く、トロント国際映画祭でも一般的に期待外れとされた[81]。ウィザースプーンの演技も批判され、『USAトゥデイ』紙は「ウィザースプーンは驚くほど生気がなかった」とし、「ウィザースプーンはいつも活気があって役に魂を入れ込むが、この映画では抑制されていた」と記した[82]

2011年5月、『恋人たちのパレード』プレミア上映にて

2007年12月、離婚した両親4人それぞれの家族をクリスマス当日に訪れようとするカッブルをヴィンス・ヴォーンと共に演じたホリデイ・コメディ『フォー・クリスマス』の撮影が始まり[83]、2008年11月に公開された。批評家からはまずまずの評価であったが、興行収入の上で成功し、アメリカ国内で1億2千万ドル以上、世界的に1億5,700万ドルをあげた[84]。2009年3月公開のドリームワークスによる『モンスターVSエイリアン』で主役のスーザン・マーフィ役の声を担当し[85]、『キューティ・ブロンド』のスピンオフで双子のカメリア・ロッソとレベッカ・ロッソが主演する『キューティ・ブロンド3英語版』のプロデュースに参加した[86]

しかし2008年の『フォー・クリスマス』以降2年間スクリーンに登場していなかった。『エンターテインメント・ウィークリー』誌で「予期せぬ休養」とし、「単に好みの脚本がなかっただけ。ロボットに関する大作映画は本当にたくさんあったけれど、34歳の女性が演じる役はなかった」と語った[87]。2010年から2012年まで3本の映画に出演したが、いずれも2人の男性に挟まれる三角関係の映画であった。2012年のMTVのインタビューでウィザースプーンは「三角関係時代」と冗談で言及した[88]

三角関係映画1作目はジェームズ・L・ブルックスによるロマンティック・コメディ『幸せの始まりは』で[89][90][91]、野球のスター選手のボーイフレンド(オーウェン・ウィルソン)と知能犯罪の容疑がかかっている事業経営者(ポール・ラッド)との間で揺れ動く元全米ソフトボール選手役であった。2009年の夏から秋にかけてフィラデルフィアワシントンD.C.で撮影され[92][93][94]、2010年12月17日に公開された。この映画は批評的にも商業的にも失敗した。1億以上の製作費でありながら初週760万ドルしかあげられず、『ロサンゼルス・タイムズ』は「今年最大の失敗作」と報じた[95]。批評家からの評判はほとんど低く、2010年12月現在Rotten Tomatoesでは111レビューで35%の満足度であった[96]

2作目は1930年代のサーカス・ドラマの映画化『恋人たちのパレード』である。2010年3月、この映画のマーリナ役のためサーカスでトレーニングを始めた。短気な夫(クリストフ・ヴァルツ)との結婚生活に悩むグラマラスなパフォーマーであるマーリナはサーカスの新しい獣医(ロバート・パティンソン)に惹かれていく[97]。2010年5月下旬から8月までテネシー州、ジョージア州、カリフォルニア州で撮影され[98][99]、2011年4月22日に公開された[100]。評価は賛否両論だったが[101]、まずまずの興行収入であった[102]

2010年9月、3本目となるマックG監督の20世紀フォックスのスパイ・コメディ『Black & White/ブラック & ホワイト』をバンクーバーにて撮影開始した。クリス・パイントム・ハーディ演じる親友たちと三角関係に陥る。ヴァレンタイン・デーに先行上映され、2012年2月17日に正式に公開された[103][104][105][106][107]。批評家から酷評され、Rotten Tomatoesの満足度も25%であった[108]。興行収入も初週1,760万ドルで第5位とふるわなかった。『ニューヨーク・タイムズ』は「オスカー女優ウィザースプーンの興行収入に冷たい嵐が吹き荒れた」と記した[109]

2013年–現在: 再評価–『わたしに会うまでの1600キロ』他[編集]

2012年、カンヌ映画祭の『MUD -マッド-』プレミア上映にて

以降の映画は三角関係からかけ離れたものとなっていった。2011年9月、『Black & White』撮影開始から1年後、アーカンソー州で行われたジェフ・ニコルズによる数年にわたるドラマ映画『MUD -マッド-』の撮影に参加した。地元の少年2人の助けで逃げる逃亡者(マシュー・マコノヒー)と再燃する元ガールフレンドのジュニパー役を演じた[110][111]。2012年5月、第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映されたが最高賞パルム・ドールは逃した[112][113]。2013年1月19日、サンダンス映画祭でアメリカ発上映となり[114]、4月26日に北米の限られた劇場で限定公開された[115][116]

次の作品は実際に起こったウェスト・メンフィス3を基にしたマーラ・レヴァリット英語版作 『悪魔の結び目英語版』の映画化でアトム・エゴヤン監督の『デビルズ・ノット』であった。『MUD』と同様にアーカンソー州で撮影が行われた。殺人容疑のかかった3人の少年のうち1人の母親であるパム・ホブス役を演じた。インタビューによるとエゴヤン監督はこのキャスティングについて感情的な演技を必要としていて、ウィザースプーンに会い長時間かけて話し合った結果、ウィザースプーンはこの役への挑戦を切望したと語った[117]。2012年6月から7月にかけてジョージア州で撮影が行われた[118][119][120]。撮影中、ウィザースプーンは第三子を妊娠中であった[121][122]。2013年9月8日、トロント国際映画祭にてワールド・プレミアが行われた[123][124]。2014年5月9日、限られた映画館で限定公開された[125]

2013年4月、カナダのフィリップ・ファラルドー監督による『グッド・ライ いちばん優しい嘘英語版』の製作がジョージア州アトランタで開始された。実際に起こった「スーダンのロストボーイズ」を基にした、宝くじの賞金でスーダンの4人の若い難民を助けアメリカに移住させる、気の強いアメリカ人女性役を演じた[126][127]。2014年10月3日に公開された[128]

2013年夏、カリフォルニア州パサデナにてトマス・ピンチョンの小説『LAヴァイス』の映画化『インヒアレント・ヴァイス』の撮影が行われた[129][130]。ウィザースプーンはギリアン・フリンの小説『Gone Girl 』の映画化『ゴーン・ガール』に出演せず、自身のプロダクション会社パシフィック・スタンダードが製作した[131][132][133]。ウィザースプーンと仕事上のパートナーはデヴィッド・フィンチャー監督の映画「『ゴーン・ガール』に少しだけ関わり」[134]、『ゴーン・ガール』と同じ撮影開始日にパシフィック・スタンダートはシェリル・ストレイドの体験記の映画化『わたしに会うまでの1600キロ』の製作を開始した[135]。ウィザースプーンはこの作品でパシフィック・クレスト・トレイルの1,000マイル (1,600 km)を歩いたストレイドの役を演じて主演した[136]。2014年12月に公開されて評論家の称賛を得て [137]、『シカゴ・トリビューン』のマイケル・フィリップスは「ウィザースプーンのキャリアの中でも抑えた演技だが、それが効果的となっている作品である。粛々と絶え間なくストレイドの切望、苦悩、情熱、楽観を表現している」と記した[138]。この映画はスランプからの復帰作として宣伝され[139][140]、2度目のアカデミー賞ノミネートとなった[141]

2014年5月、ルイジアナ州にてコメディ映画『キューティ・コップ英語版』の撮影が開始された。ウィザースプーンは麻薬密売組織のボスの未亡人(ソフィア・ベルガラ)を守ろうとする警察官役を演じた[142]。2015年5月8日に公開され、一般的に不評であり興行収入も振るわなかった[143]

2015年1月、『ハイスクール白書』のペイン監督とマット・デイモン主演『Downsizing 』で再びコラボレーションすることが発表された[144][145][146]

その他の活動[編集]

2012年1月、第69回ゴールデングローブ賞授賞式

ウィザースプーンはかつてプロダクション会社Type A Filmsを所有していた。メディアによるとこの名は子供の頃のあだ名「Little Miss Type A」(タイプA少女)から来ているとされる[25][147]。『Interview』誌においてウィザースプーンは「私自身に因んで名付けられたと考える人が多い。確かに7歳でA型行動形式、B型行動形式の違いなどの複雑な医学用語を理解していたので家族から冗談でそのようなあだ名がついた。でも私は単に「ドッグフード・フィルムズ」や「フォーク」などと名付けたかった」と語った[6]。2012年3月、プロデューサーのブルーナ・パパンドリア英語版のMake Movies BannerとType A Filmsが合併し、新たなプロダクション会社であるパシフィック・スタンダードとなった[148]

2013年、マイケル・ブーブレのアルバム『To Be Loved 』の中でフランク・シナトラナンシー・シナトラのデュエット『恋のひとこと』をカバーした[149]

2014年3月、アンドレア・ハイドが社長を務めるライフスタイル会社C.ワンダーの設立に関わっていたと報じられた[150]

2015年5月、アメリカ南部の文化に影響を受けたファッション、アクセサリー、インテリアのブランドとなるドレイパー・ジェイムズを開始した。ウィザースプーンに多大なる影響を与えた祖父母のドロシア・ドレイパーとウィリアム・ジェイムズ・ウィザースプーンに因んで名付けられた。商品は社内でデザインおよび製造され、オンライン注文の上で直接顧客に届けられることになった。さらに2015年秋、ウィザースプーンの地元テネシー州ナッシュビルにレンガとモルタルでできた店舗が開業した[151]

慈善事業[編集]

ウィザースプーンは子供や女性の擁護組織に積極的に関わっている。長期間、ウィザースプーンは世界中の子供の教育、健康、救急救命を供給する組織セーブ・ザ・チルドレンを支援している[152]。また子供の支援、研究グループの児童支援基金の役員を務めている[152]。2006年、ハリケーン・カトリーナ被害者の要望を周知するための児童支援基金のプロジェクトの一環でルイジアナ州ニューオリンズに他の女優たちと共に向かった[153]。現地の子供たちと会って話をし、ニューオリンズ初のフリーダム・スクールの開校を支援した[154]。ウィザースプーンはこの時のことに関して、忘れられない経験となったと語った[154]

2007年、ウィザースプーンは化粧ブランドであるエイボンのグローバル・アンバサダーとして複数年契約をし、世界的に認知されるようになった[152][155]。エイボンのスポークウーマンとして活動し、乳がん研究や家庭内暴力からの保護など女性支援に焦点を当てたチャリティ組織であるエイボン基金の名誉会長を務めている[156][157]。また化粧品開発に参加し、コマーシャルにも登場している[156]。エイボン基金に関わることについて「女性として母として、常に世界中の女性や子供が健やかでいることを深く気にしている。私は変化をもたらす機会を常に探している」と語った[156]

メディアへの登場[編集]

2005年、『ウォーク・ザ・ライン』プレミア上映にて

2001年9月29日、ニューヨークでアメリカ同時多発テロが起こった直後の『サタデー・ナイト・ライヴ』で司会を務めた[158]。2005年、『ティーン・ピープル』誌において、最もパワフルな若いハリウッド俳優の第5位にランクインした[159]。2006年、タイム100のリストに入り[160]、ウィザースプーンの紹介記事は『キューティ・ブロンド』で共演したルーク・ウィルソンが担当した[161]。同年、『FHM』誌の読者が選ぶ「世界で最もセクシーな女性100人」に選ばれた[162]。ウィザースプーンは『フォーブス』誌による「セレブリティ100人」において2006年に第75位、2007年に第80位となった[163][164]。『フォーブス』誌はさらに「信頼できるセレブリティ」のトップ10にウィザースプーンを選んだ[165]。『CEOWORLD』誌は「成し遂げた女性エンターテイナー」にウィザースプーンを加えた[166]

2006年、『スター』誌はウィザースプーンが第三子妊娠中であるという捏造記事を掲載したとして、ウィザースプーンはロサンゼルス最高裁判所にこの雑誌の親会社のアメリカン・メディア社をプライバシー侵害で訴えた[167]。これから撮影しようとする映画のプロデューサーに妊娠を隠していると疑われ、ウィザースプーンの評判を落とすものとして損害賠償を求めた[168]

2007年、ゴールデングローブ賞授賞式で着用した黄色のドレスは広く称賛され[169]、『ピープル』誌およびテレビ番組『アクセス・ハリウッド』でこの年のベスト・ドレッサーの1人に選ばれた[170][171]。同年、E-Poll Market Researchにより最も好感度の高い女性セレブリティに選ばれた[172]。同年、出演料が映画1作につき1,500万ドルから2千万ドルでアメリカの映画界で最も高額出演料の女優となった[173][174]。近年の興行収入の低迷によりこの地位に変化が起き、2011年から2013年、ハリウッドで興行収入に対して出演料が高すぎる俳優の1人となった[175][176][177]。2011年4月、『ピープル』誌の第22回最も美しい人で第3位にランクインするなど[178]、これまで『ピープル』誌の「最も美しい100人」に4回入った[179]

2010年12月1日、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのハリウッド通り6262番に星を埋め込まれた[180]

私生活[編集]

交際[編集]

1997年3月の21歳の誕生パーティでライアン・フィリップと出会った[181][182]。1999年公開の映画『クルーエル・インテンションズ』で共演し、1998年12月に婚約し[183]、1999年6月5日にサウスカロライナ州チャールストン近くのオールド・ワイド・アウェイク・プランテーションで結婚した[184][185][186]。同年9月に長女エイヴァを[187]、2003年10月には長男ディーコンを出産した[184]。2006年10月、別居中であることが発表された[188]。翌11月に和解しがたい不和により離婚申請を出した[189]。ウィザースプーンは子供について法的な共同親権および身上監護、フィリップの面会権を求めた[189][190]婚前契約はなかったため、カリフォルニア州法にのっとり全財産を半分にすることとなったため、ウィザースプーンが損をする形になった[191][192]。ウィザースプーンはフィリップに離婚後の生活費を求めず、フィリップもこれに異議を唱えなかった[189]。2007年5月15日、フィリップも子供の共同身上監護を求めた[193]。2007年10月5日にロサンゼルス最高裁判所により正式に離婚した[189][194][195]

2007年を通してメディアにおいて『レンディション』で共演したジェイク・ジレンホールと交際しているのではないかと報じられた[196]。10月のフィリップとの正式離婚後、イタリアローマで共にバケーションする所をパパラッチされ、交際はよりオープンになっていった[197]。2009年12月に破局したと報じられた[198][199]

2010年2月上旬にウィザースプーンが顧客となっているタレント・エージェントクリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)映画部門の共同部長ジム・トスと交際を始めたと報じられた[200][201][202][203]。2010年12月、婚約を発表し[204]、2011年3月26日、ウィザースプーンのカントリー風屋敷であるカリフォルニア州オーハイにあるライベイ・レンチ(のちに売却)で再婚した[205][206][207]。2012年9月27日にウィザースプーンにとっての次男テネシー・ジェイムズ・トスを出産した[208]

宗教[編集]

カリフォルニア州ビバリーヒルズにある米国聖公会に通っている[209]

逮捕[編集]

ジョージア州アトランタで『グッド・ライ』撮影期間中の2013年4月19日早朝、ピーチツリー通りの二重線を越え蛇行運転をしていたとしてウィザースプーンとトスはパトカーに停められた[210]。運転していた夫であるトスが血中アルコール濃度が0.139で飲酒運転および境界線を越えたことにより逮捕された[210]。ウィザースプーンも車内に残るようにとの警官の命令に従わず、本物の警官と信じず文句を言い、自分のことを誰かわかっているのかと怒鳴り治安紊乱行為で逮捕されてしまった[210][211]。同日午前3時半に2人は釈放された[212]。4月21日の『MUD』ニューヨーク・プレミア上映に出席し[213]、同日夜に謝罪を表明し、「明らかに飲み過ぎ」で「自分が言ったことを深く恥じています。自分の仕事をこなした警察官に失礼なことを言ってしまいました。警察官には尊敬以外のものはなく、私のした行動を本当に反省しています」と語った[214]。5月2日、ウィザースプーンの弁護士とトスは出廷し、40時間の地域奉仕活動、アルコール講座の受講、1年間の保護観察処分の有罪となった。ウィザースプーンは異議を唱えず罰金213ドルが科せられた[215]

雑記[編集]

国際連合婦人開発基金(UNIFEM)の親善大使を務めている[要出典]

ヴェジタリアンである[要出典]

『キューティブロンド』の影響からか、ブロンドのイメージがするが、本来の髪の毛の色はブルネットである[要出典]

フィルモグラフィー[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1991 マン・イン・ザ・ムーン/あこがれの人
The Man In The Moon
ダニー・トラント
ワイルドフラワー
Wildflower
エリー・パーキンス
1993 ラスト・ウィンド/少年たちは砂漠を越えた
A Far Off Place
ナニー・パーカー
みんな愛してる
Jack The Bear
カレン・モリス
1994 S.F.W.
S.F.W.
ウェンディ・プフィスター
1996 連鎖犯罪/逃げられない女
Freeway
ヴァネッサ
悪魔の恋人
Fear
ニコール・ウォーカー
1998 トワイライト 葬られた過去
Twilight
メル・エイムズ
恋のから騒ぎ
Overnight Delivery
イヴィー・ミラー
カラー・オブ・ハート
Pleasantville
ジェニファー/メアリー・スー
1999 クルーエル・インテンションズ
Cruel Intentions
アネット・ハーグローヴ
ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!
Election
トレイシー・フリック ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
完全犯罪
Best Laid Plans
リサ
2000 リトル★ニッキー
Little Nicky
ホリー カメオ出演
アメリカン・サイコ
American Psycho
エブリン・ウィリアムズ
2001 白鳥ルイの夢みるトランペット
The Trumpet of The Swan
セレナ 声の出演
テレビ映画
キューティ・ブロンド
Legally Blonde
エル・ウッズ ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
2002 アーネスト式プロポーズ
The Importance of Being Earnest
セシリー・カーデュー
メラニーは行く!
Sweet Home Alabama
メラニー・カーマイケル
2003 キューティ・ブロンド/ハッピーMAX
Legally Blonde 2: Red, White & Blonde
エル・ウッズ 兼製作総指揮
2004 悪女
Vanity Fair
ベッキー・シャープ
2005 恋人はゴースト
Just Like Heaven
エリザベス
ウォーク・ザ・ライン/君につづく道
Walk The Line
ジューン・カーター アカデミー主演女優賞受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)受賞
英国アカデミー賞 主演女優賞受賞
2007 レンディション
Rendition
イザベラ・エル=イブラヒミ
2008 ペネロピ
Penelope
アニー 兼製作
フォー・クリスマス
Four Christmases
ケイト 兼製作
2009 モンスターVSエイリアン
Monsters vs. Aliens
スーザン・マーフィー/ジャイノミカ 声の出演
2011 幸せの始まりは
How Do You Know
リサ
恋人たちのパレード
Water for Elephants
マーリーナ
2012 Black & White/ブラック & ホワイト
This Means War
ローレン・スコット
MUD -マッド-
Mud
ジュニパー
2013 デビルズ・ノット
Devil's Knot
パメラ・ホブス
2014 グッド・ライ いちばん優しい嘘
The Good Lie
キャリー
わたしに会うまでの1600キロ
Wild
シェリル・ストレイド
ゴーン・ガール
Gone Girl
製作のみ
インヒアレント・ヴァイス
Inherent Vice
ペニー・キンバル
2015 キューティ・コップ
Hot Pursuit
ローズ・クーパー捜査官

主な受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Reese Witherspoon Biography (1976-)”. FilmReference.com. 2013年4月22日閲覧。
  2. ^ “Monitor”. Entertainment Weekly (1251): 25. (March 22, 2013). 
  3. ^ Martin, Aaron (2006年3月1日). “Green Threads on the Red Carpet”. Tulane University magazine. 2007年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月30日閲覧。
  4. ^ a b Hurst, Greg (2006年3月5日). “The dork who grew into a Hollywood princess”. The Sunday Times (UK). http://www.timesonline.co.uk/tol/comment/article737573.ece?token=null&offset=12 2007年11月26日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f Reese Witherspoon biography”. Yahoo! Movies. 2007年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月25日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Slschy, Ingrid (December 1, 2005). “That's Reese: stepping into the ring of fire”. Interview. ISSN 0149-8932. 
  7. ^ According to the papers, John is an ear-nose-and-throat specialist who recently was "let go" from the medical practice due to personal problems, which Betty claims also include depression that worsened when his mother died in 2003.
  8. ^ College of Nursing Honors 2012 Outstanding Alumni Award Recipients
  9. ^ UTHSC Connection - System - Error 404
  10. ^ a b c Wills, Dominic. “Reese Witherspoon biography (page 1)”. Tiscali. 2007年11月26日閲覧。
  11. ^ "Laura Jeanne Reese Witherspoon" at Family Tree Maker
  12. ^ a b c Stuges, Fiona (2004年8月7日). “Reese Witherspoon: Legally Blonde. Physically flawed?”. The Independent (UK). オリジナル2009年7月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/20090707021148/http://www.independent.co.uk:80/news/people/profiles/reese-witherspoon-legally-blonde-physically-flawed-555711.html 2010年11月18日閲覧。 
  13. ^ Reese Witherspoon: Legally Blonde... Again”. Agirlsworld.com. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月25日閲覧。
  14. ^ DSDI Staff (2011年12月11日). “John Witherspoon - The Descendants of the Signers of the Declaration of Independence”. 2013年2月9日閲覧。
  15. ^ “Reese Witherspoon's parents in bigamy dispute”. CNN. (2012年5月10日). http://edition.cnn.com/2012/05/10/showbiz/witherspoon-bigamy-suit/ 2015年1月23日閲覧。 
  16. ^ a b Flockhart, Hary (2007年10月19日). “Reese revels in her Scots (blonde) roots”. The Scotsman. 2008年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月5日閲覧。
  17. ^ “Reese: Kids are my top priority”. The Sun (UK). (2009年4月6日). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/woman/parenting/article2356641.ece 2010年9月19日閲覧。 
  18. ^ a b Grant, Meg (2005年9月30日). “Face to Face With Reese Witherspoon”. Reader's Digest. 2008年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月19日閲覧。
  19. ^ White, Chelsea (2014年6月17日). “Reese Witherspoon and her nieces get very serious about hot dogs”. Daily Mail (London). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2660470/Reese-Witherspoon-wins-favourite-aunt-mini-nieces-hot-dogs.html 
  20. ^ a b c d Wills, Dominic. “Reese Witherspoon biography (page 2)”. Tiscali. 2007年11月26日閲覧。
  21. ^ Booth, William (2005年11月13日). “Playing It Straight (page 1)”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/11/11/AR2005111100442.html 2007年11月10日閲覧。 
  22. ^ a b c d e f “Talent behind Witherspoon's win”. BBC News. (2006年1月17日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/4581664.stm 2007年10月25日閲覧。 
  23. ^ a b c Gardner, Elysa (1998年9月13日). “Reese Witherspoon; Commitment, Success and the Age of Ambivalence”. New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9E01E0DA1F3FF930A2575AC0A96E958260 2007年10月25日閲覧。 
  24. ^ a b c d Puig, Claudia (2002年9月18日). “Witherspoon's 'Sweet Home'”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/2002-09-18-reese-witherspoon_x.htm 2007年11月4日閲覧。 
  25. ^ a b “Reese Witherspoon: A novel challenge for blonde ambition”. London: The Independent. (2005年1月7日). http://www.independent.co.uk/news/people/profiles/reese-witherspoon-a-novel-challenge-for-blonde-ambition-18059.html 2015年6月29日閲覧。 
  26. ^ Meyer, Norma (2005年11月13日). “A type A is already on A-list”. The San Diego Union-Tribune. 2005年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月26日閲覧。
  27. ^ Patterson, John (2003年7月26日). “Blond ambition”. Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/film/2003/jul/26/patterson.comment 2007年11月26日閲覧。 
  28. ^ Levy, Emanuel (1996年5月8日). “Fear (review)”. Variety. http://www.variety.com/review/VE1117905141.html?categoryid=31&cs=1&query=%22reese+witherspoon%22 2007年11月10日閲覧。 
  29. ^ Thirteenth Annual Youth in Film Awards”. youngartistawards.org. 2007年7月4日閲覧。
  30. ^ Fifteenth Annual Youth in Film Awards”. youngartistawards.org. 2007年7月4日閲覧。
  31. ^ Vena, Jocelyn (2010年12月29日). “Reese Witherspoon's Love Life: From Ryan Phillippe To Jim Toth”. MTV. 2012年2月1日閲覧。
  32. ^ LaSalle, Mick (1996年8月23日). “`Freeway's' Wild, Funny Ride”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/1996/08/23/DD13791.DTL 2007年12月12日閲覧。 
  33. ^ Reese Witherspoon”. The Biography Channel. 2012年2月1日閲覧。
  34. ^ a b Booth, Philip (2003年2月6日). “Spoonfuls of video treats”. St. Petersburg Times. 2007年11月10日閲覧。
  35. ^ Reese Witherspoon Awards”. uk.movies.yahoo.com. 2007年7月4日閲覧。
  36. ^ Graham, Bob (1999年3月5日). “``Dangerous Liaisons' Junior”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/1999/03/05/DD31451.DTL 2007年12月6日閲覧。 
  37. ^ Reese Witherspoon Award”. Yahoo! Movies. 2007年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月10日閲覧。
  38. ^ Film Independent Spirit Awards”. spiritawards.com. 2012年4月10日閲覧。
  39. ^ 100 Greatest Movie Performances of All Time”. Filmsite.org. 2007年7月4日閲覧。
  40. ^ Booth, William (2005年11月13日). “Playing It Straight (page 3)”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/11/11/AR2005111100442_3.html 2007年11月10日閲覧。 
  41. ^ Deggans, Eric (2004年5月4日). “Guest stars: The good, the bad, the twin sister”. St. Petersburg Times. 2007年11月10日閲覧。
  42. ^ a b Reese Witherspoon”. Box Office Mojo. 2007年12月2日閲覧。
  43. ^ Harkness, John (2003年2月6日). “Classic Crawford”. NOW. 2012年2月1日閲覧。
  44. ^ Ebert, Roger (2001年7月13日). “Reviews: Legally Blonde”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20010713/REVIEWS/107130303/1023 2007年2月23日閲覧。 
  45. ^ Zacharek, Stephanie (2001年7月13日). “Legally blone”. Salon.com. 2007年12月12日閲覧。
  46. ^ Axmaker, Sean (2001年7月13日). “Enough energy in this 'Blonde' to perk up limp comedy”. Seattle Post-Intelligencer. http://www.seattlepi.com/movies/31039_blonde13q.shtml 2007年12月12日閲覧。 
  47. ^ Clark, John (2002年5月12日). “Young and talented, headstrong and 'Earnest' Reese Witherspoon gets what she wants”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/chronicle/archive/2002/05/12/PK236774.DTL&type=movies 2007年11月4日閲覧。 
  48. ^ Announces the 4th Annual 2002 Teen Choice Awards Nominees”. PR Newswire. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月4日閲覧。
  49. ^ Interview with Reese Witherspoon”. IGN. 2007年6月12日閲覧。
  50. ^ Wills, Dominic. “Reese Witherspoon biography (page 6)”. Tiscali. 2007年12月12日閲覧。
  51. ^ Ogle, Connie (2002年9月27日). “Linin' up good ol' cliches, in a fashion”. 2007年12月1日閲覧。 [リンク切れ]
  52. ^ Ebert, Roger (2002年9月27日). “Sweet Home Alabama”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20020927/REVIEWS/209270304/1023 2007年12月1日閲覧。 
  53. ^ Sweet Home Alabama”. Tiscali. 2007年12月1日閲覧。
  54. ^ Sterritt, David (2002年9月27日). “A down-home dilemma”. The Christian Science Monitor. 2007年12月12日閲覧。
  55. ^ Puig, Claudia (2003年7月2日). “Legally Blonde 2 Review”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/movies/reviews/2003-07-01-blonde_x.htm 2007年12月12日閲覧。 
  56. ^ Taylor, Charles (2003年7月2日). “Legally Blonde 2”. Salon.com. 2007年12月12日閲覧。
  57. ^ “Witherspoon leads UK première”. BBC News. (2003年7月23日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/film/3089425.stm 2007年11月4日閲覧。 
  58. ^ Julia Roberts Tops Actress Power List”. People magazine. 2008年6月13日閲覧。
  59. ^ Roberts and Kidman head list of top-earning actresses”. Daily Times (Pakistan) (2005年12月2日). 2008年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月4日閲覧。
  60. ^ Angelina Jolie Surpasses Reese Witherspoon as Highest-Paid Actress”. US Magazine (2008年12月5日). 2008年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月8日閲覧。
  61. ^ Edelstein, David (2005年11月13日). “Witherspoon Walks The Line”. CBS News. http://www.cbsnews.com/stories/2005/11/12/sunday/main1041397.shtml 2007年11月4日閲覧。 
  62. ^ “Mira's early feminist”. The Telegraph (Kolkota, India). (2004年9月6日). http://www.telegraphindia.com/1040906/asp/atleisure/story_3722983.asp 2007年11月4日閲覧。 
  63. ^ “Director Nair's Vanity project”. BBC News. (2004年12月1日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/film/4056147.stm 2007年11月4日閲覧。 
  64. ^ Honeycutt, Kirk (2004年8月27日). “Vanity Fair”. The Hollywood Reporter. オリジナル2009年1月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/20090114193627/http://www.hollywoodreporter.com:80/hr/search/article_display.jsp?vnu_content_id=1000619958 2007年12月2日閲覧。 
  65. ^ Toppman Lawrence (2004年9月1日). “A 'Vanity Fair' with flair”. The Charlotte Observer. 2007年12月2日閲覧。
  66. ^ Chocano, Carina (2004年9月1日). “'Vanity Fair'Review”. Los Angeles Times. 2008年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月2日閲覧。
  67. ^ Moten, Katie (2005年12月29日). “Just Like Heaven (PG)”. Radio Telefís Éireann. http://www.rte.ie/arts/2005/1229/justlikeheaven.html 2007年11月4日閲覧。 
  68. ^ a b c “Faces of the week”. BBC News. (2006年11月3日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/6113620.stm 2007年11月5日閲覧。 
  69. ^ “Reese Witherspoon, live on Breakfast”. BBC News. (2006年2月1日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/programmes/breakfast/4666180.stm 2007年11月7日閲覧。 
  70. ^ Donaldson-Evans, Catherine (2006年2月8日). “Stars Learn to Sing for Roles ... or Do They?”. Fox News Channel. http://www.foxnews.com/story/0,2933,184170,00.html 2007年11月5日閲覧。 
  71. ^ Ebert, Roger (2002年9月27日). “Walk the Line”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20051117/REVIEWS/51107006/1023 2007年12月1日閲覧。 
  72. ^ “Movie stars up for country award”. BBC. (2006年3月20日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/4824306.stm 2008年7月17日閲覧。 
  73. ^ “2006 Nominees”. Country Music Television. オリジナル2008年7月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/20080719195902/http://www.cmt.com/microsites/cmt-music-awards/2006/nominees.jhtml 2008年7月17日閲覧。 
  74. ^ a b Murray, Rebecca. “Reese Witherspoon Interview”. About.com. 2007年12月15日閲覧。
  75. ^ “Exclusive: Penelope Set Pics”. EMPIRE. (2006年3月15日). http://www.empireonline.com/news/story.asp?NID=18285 2014年12月31日閲覧。 
  76. ^ Macdonald, Moira (2006年9月6日). “From Toronto: Let the film festival begin!”. The Seattle Times. http://seattletimes.nwsource.com/html/television/2003244619_toronto06.html 2007年12月12日閲覧。 
  77. ^ Hernandez, Eugene. “At IFC Films, "Penelope" Shift Points To A Change in Focus; Company Emphasizing First Take Slate”. indiewire.com. 2007年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月12日閲覧。
  78. ^ Goldstein, Gregg (2007年9月6日). “Penelope' slides to Summit”. Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/penelope-slides-summit-149560 2012年2月1日閲覧。 
  79. ^ Rose, Charlie (2014年12月21日). “Reese Witherspoon: Ready for a Change”. CBS News. http://www.cbsnews.com/news/reese-witherspoon-ready-for-a-change/ 2014年12月31日閲覧。 
  80. ^ Germain, David (2007年10月16日). “Witherspoon Gives a Dramatic `Rendition'”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/10/16/AR2007101601378.html?nav=rss_artsandliving/entertainmentnews 2007年11月5日閲覧。 
  81. ^ Mathews, Jack (2007年10月19日). “'Rendition' is story of torture”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/entertainment/movies/2007/10/19/2007-10-19_rendition_is_story_of_torture.html 2007年12月12日閲覧。 
  82. ^ Puig, Claudia (2007年10月18日). “'Rendition' fails to turn over interest”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/movies/reviews/2007-10-18-rendition_N.htm 2007年12月12日閲覧。 
  83. ^ Mcnary, Dave (2007年7月26日). “Vaughn, Witherspoon set for comedy”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117969202.html?categoryid=13&cs=1 2007年8月22日閲覧。 
  84. ^ Four Christmases (2008):Reviews”. Metacritic. 2008年11月30日閲覧。
  85. ^ Wloszczyna, Susan (2008年3月11日). “First look: 'Monsters vs. Aliens' is the ultimate; a 3-D 'first'”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/movies/news/2008-03-10-monsters-aliens_N.htm 2008年4月6日閲覧。 
  86. ^ “Legally Blondes (2008)”. All Movie Guide. http://www.nytimes.com/movies/movie/457937/Legally-Blondes/details 2015年2月14日閲覧。 
  87. ^ This Week's Cover: The return of Reese Witherspoon”. Entertainment Weekly. 2010年12月29日閲覧。
  88. ^ 'This Means War' Star Reese Witherspoon is in her 'Love Triangle Period'”. MTV. 2012年2月20日閲覧。
  89. ^ Cieply, Michael (2010年3月22日). “Star-Heavy Big-Budget Love Story Bucks Trend”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/03/23/movies/23brooks.html 2010年4月27日閲覧。 
  90. ^ Brunsting, Joshua (2010年6月9日). “Gordon and the Whale”. Gordon and the Whale. http://gordonandthewhale.com/james-l-brooks-comedy-now-titled-everything-youve-got/ 2010年6月21日閲覧。 
  91. ^ “Film trailer: Witherspoon, Rudd, Wilson and Nicholson in 'How Do You Know'”. The Independent (UK). (2010年8月14日). http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/film-trailer-witherspoon-rudd-wilson-and-nicholson-in-lsquohow-do-you-knowrsquo-2052468.html 2010年8月14日閲覧。 
  92. ^ Siegel, Tatiana (2009年2月17日). “Rudd, Wilson in talks for Brooks film”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118000256.html?categoryid=13&cs=1= 2010年3月14日閲覧。 
  93. ^ “Reese Witherspoon: Filming in Philly”. GossipCenter Network. (2009年10月1日). http://celebrity-gossip.net/celebrities/hollywood/reese-witherspoon-filming-in-philly-219333 2011年4月2日閲覧。 
  94. ^ “Reese Witherspoon, Owen Wilson Movie Coming to D.C.”. Washington City Paper. (2009年6月4日). http://www.washingtoncitypaper.com/blogs/citydesk/2009/06/04/reese-witherspoon-owen-wilson-movie-coming-to-dc/ 2010年3月14日閲覧。 
  95. ^ “Box office: 'How Do You Know' flops; 'Tron' doesn't; and like the bear himself, 'Yogi' is soft [Updated”]. Los Angeles Times. (2010年12月19日). http://latimesblogs.latimes.com/entertainmentnewsbuzz/2010/12/box-office-tron-good-but-not-great-how-do-you-know-flops-yogi-bear-soft.html 2010年12月28日閲覧。 
  96. ^ “Rotten Tomatoes: How Do You Know”. Rotten Tomatoes. http://www.rottentomatoes.com/m/everything_youve_got/ 2010年12月28日閲覧。 
  97. ^ “Reese Witherspoon Goes to Washington”. Entertainment Tonight. (2010年3月10日). オリジナル2012年4月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/20120403192149/http://www.etonline.com/news/84864_Reese_Witherspoon_Goes_to_Washington/ 2011年2月6日閲覧。 
  98. ^ “Robert Pattinson begins shooting for "Water for Elephants”. Hollywood News. (2010年5月20日). http://www.hollywoodnews.com/2010/05/20/robert-pattinson-begins-shooting-for-%E2%80%9Cwater-for-elephants%E2%80%9D/ 2010年5月22日閲覧。 
  99. ^ Lawrence, Francis. “Twitter”. 2010年9月19日閲覧。
  100. ^ McClintock, Pamela (2010年12月23日). “Fox Pushes Rio, Water for Elephants Releases”. Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/fox-pushes-rio-water-elephants-65332 2010年12月28日閲覧。 
  101. ^ “Rotten Tomatoes: Water for Elephants”. Rotten Tomatoes. http://www.rottentomatoes.com/m/water_for_elephants/ 2011年6月28日閲覧。 
  102. ^ “Box Office Mojo - Water for Elephants”. Box Office Mojo. http://boxofficemojo.com/movies/?id=waterforelephants.htm 2012年7月29日閲覧。 
  103. ^ “Chris Pine in early negotiations for spy comedy 'This Means War' at Fox”. Entertainment Weekly. (2010年5月6日). オリジナル2011年10月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/20111005051851/http://hollywoodinsider.ew.com/2010/05/06/chris-pine-in-early-negotiations-for-spy-comedy-this-means-war-at-fox/ 2012年1月2日閲覧。 
  104. ^ “Chris Pine preps for "War"”. Hollywood News. (2010年5月8日). http://www.hollywoodnews.com/2010/05/08/chris-pine-preps-for-war/ 2010年5月8日閲覧。 
  105. ^ “This Means War to start filming”. Vancouver Sun. (2010年9月3日). オリジナル2010年9月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100907072205/http://www.vancouversun.com/entertainment/movie-guide/This+Means+start+filming/3477453/story.html 2010年9月19日閲覧。 
  106. ^ “This Means War Gets Romantic Release Date”. Movieline. (2011年4月12日). http://www.movieline.com/2011/04/this-means-war-gets-romantic-release-date.php 2011年6月28日閲覧。 
  107. ^ “Fox to Release McG's 'This Means War' on Valentine's Day”. Reuters. (2012年1月8日). http://www.reuters.com/article/2012/01/18/idUS332453756520120118 2012年1月22日閲覧。 
  108. ^ “This Means War - Rotten Tomatoes”. Rotten Tomatoes. http://www.rottentomatoes.com/m/this_means_war/ 2012年2月20日閲覧。 
  109. ^ Brooks Barnes (2012年2月19日). “This Means Box Office Dud”. New York Times. http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2012/02/19/this-means-box-office-dud/ 2012年2月20日閲覧。 
  110. ^ “Everything We Know About Reese Witherspoon's Film 'Mud,' Filming in Arkansas”. InArkansas. (2011年9月28日). http://www.inarkansas.com/26908/everything-we-know-about-reese-witherspoons-film-mud-filming-in-arkansas 2011年10月3日閲覧。 
  111. ^ McNary, Dave (2011年9月26日). “'Mud' banks trio of thesps”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118043478 2011年10月3日閲覧。 
  112. ^ Phillips, Michael (2012年4月19日). “Cannes sets 2012 fest lineup”. Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/entertainment/movies/chi-cannes-2012-movies20120419,0,6459352.column 2012年5月5日閲覧。 
  113. ^ Leffler, Rebecca (2012年5月26日). “Cannes 2012: Jeff Nichols' 'Mud' Slides Into Competition with Matthew McConaughey, Reese Witherspoon”. Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/cannes-2012-matthew-mcconaughey-reese-witherspoon-jeff-nichols-mud-329891 2012年5月27日閲覧。 
  114. ^ Labrecque, Jeff (2013年1月21日). “Sundance 2013: The Rebirth of Matthew McConaughey”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2013/01/21/sundance-matthew-mcconaughey-mud/ 2013年1月23日閲覧。 
  115. ^ Fox, Jesse David (2013年1月16日). “Mud Trailer: Matthew McConaughey and Reese Witherspoon Have a Southern-Accent-Off”. Vulture. http://www.vulture.com/2013/01/watch-matthew-mcconaughey-in-the-mud-trailer.html 2013年1月16日閲覧。 
  116. ^ Tapley, Kristopher (2013年1月16日). “'Mud' trailer with Matthew McConaughey reignites the fuse in advance of Sundance bow”. Hitflix. http://www.hitfix.com/in-contention/mud-trailer-with-matthew-mcconaughey-reignites-the-fuse-in-advance-of-sundance-bow 2013年1月16日閲覧。 
  117. ^ Macdonald, Gayle (2011年12月16日). “Egoyan signs Reese Witherspoon for new film”. Globe and Mail (Toronto). http://www.theglobeandmail.com/news/arts/movies/egoyan-signs-reese-witherspoon-for-new-film/article2274510/ 2011年12月30日閲覧。 
  118. ^ McClintock, Pamela (2012年5月16日). “Cannes 2012: Colin Firth, Reese Witherspoon's West Memphis Three Pic Gets Financing (Exclusive)”. Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/colin-firth-reese-witherspoon-west-memphis-three-325588 2012年5月27日閲覧。 
  119. ^ Gicas, Peter (2012年6月26日). “Pregnant Reese Witherspoon Spotted Shooting New Movie”. eOnline. http://ca.eonline.com/news/pregnant_reese_witherspoon_spotted/326144 2012年6月30日閲覧。 
  120. ^ Brett, Jennifer (2012年7月5日). “Reese Witherspoon movie filming in Cartersville”. Access Atlanta. オリジナル2012年10月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/20121017122733/http://blogs.ajc.com:80/the-buzz/2012/07/05/reese-witherspoon-movie-filming-in-cartersville/? 2013年1月23日閲覧。 
  121. ^ Johnson, Zach (2012年6月26日). “Pregnant Reese Witherspoon Begins Shooting Devil's Knot in Atlanta”. Us Weekly. http://www.usmagazine.com/entertainment/news/pic-pregnant-reese-witherspoon-begins-shooting-devils-knot-in-atlanta-2012266#ixzz2IossVNdt 2013年1月23日閲覧。 
  122. ^ Zwecker, Bill (2012年6月23日). “Reese Witherspoon talks of prom dresses, pregnancy and new film”. Chicago Sun Times. オリジナル2012年9月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/20120919233739/http://www.suntimes.com/news/metro/13358045-421/in-chicago-reese-witherspoon-talks-about-her-pregnancy-prom-dress-shopping-and-new-film-devils.html 2013年1月23日閲覧。 
  123. ^ Barnard, Linda (2013年7月23日). “TIFF: WikiLeaks movie The Fifth Estate to open film festival”. Toronto Star. http://www.thestar.com/entertainment/movies/2013/07/23/tiff_brad_pitts_12_years_a_slave_to_premiere_at_festival.html 2013年7月24日閲覧。 
  124. ^ Atkinson, Nathalie (2013年9月8日). “TIFF 2013: All the night moves with Sandra Bullock, Reese Witherspoon and Jesse Eisenberg on the red carpet (but no George Clooney, sorry)”. National Post. http://arts.nationalpost.com/2013/09/09/tiff-2013-all-the-night-moves-with-jesse-eisenberg-sandra-bullock-and-reese-witherspoon/ 2013年9月8日閲覧。 
  125. ^ Labrecque, Jeff (2014年2月10日). “West Memphis Three drama 'Devil's Knot' with Reese Witherspoon sets release date -- EXCLUSIVE”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2014/02/10/devils-knot-reese-witherspoon-west-memphis-three-release-date/ 2014年5月19日閲覧。 
  126. ^ Yamato, Jen (2013年4月3日). “Corey Stoll, Sarah Baker, Sudanese Lost Boys Cast In ‘The Good Lie’”. Deadline. http://www.deadline.com/2013/04/reese-witherspoon-the-good-lie-corey-stoll-cast/ 2013年4月7日閲覧。 
  127. ^ Keene, Allison (2013年4月5日). “ATLwood: Reese Witherspoon back in town for "The Good Lie"”. Creative Loafing Atlanta. http://clatl.com/freshloaf/archives/2013/04/05/atlwood-reese-witherspoon-back-in-town-for-the-good-lie 2013年4月7日閲覧。 
  128. ^ Lang, Brent (2014年5月27日). “Reese Witherspoon Drama ‘The Good Lie’ Shifts to October Release”. Variety. http://variety.com/2014/film/news/reese-witherspoon-the-good-lie-release-date-1201193861/ 2015年1月1日閲覧。 
  129. ^ “First Look At Joaquin Phoenix On The Set Of 'Inherent Vice'”. indiewire.com. (2013年6月4日). オリジナル2013年6月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/20130608134319/http://blogs.indiewire.com:80/theplaylist/first-look-at-joaquin-phoenix-oh-inherent-vice-maya-rudolph-joins-the-cast-20130604? 2013年6月26日閲覧。 
  130. ^ Kroll, Justin (2013年5月15日). “Reese Witherspoon Eyes Reteam With Joaquin Phoenix in ‘Inherent Vice’”. Variety. http://variety.com/2013/film/news/reese-witherspoon-eyes-reteam-with-joaquin-phoenix-in-vice-1200480816/ 2013年7月22日閲覧。 
  131. ^ Duncan, Dustin (2013年9月17日). “‘Gone Girl’ filming at Giant City State Park”. The Southern. http://thesouthern.com/news/gone-girl-filming-at-giant-city-state-park/article_a0982f54-1f53-11e3-be49-0019bb2963f4.html 2013年10月16日閲覧。 
  132. ^ Kit, Borys (2013年1月22日). “David Fincher in Talks to Direct 'Gone Girl'”. Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/david-fincher-talks-direct-gone-414316 2013年1月23日閲覧。 
  133. ^ Strecker, Erin (2013年10月15日). “'Gone Girl' gets release date”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2013/10/15/gone-girl-gets-release-date/ 2014年5月19日閲覧。 
  134. ^ Riley, Jenelle (2014年10月7日). “Reese Witherspoon, Bruna Papandrea Push for Female-Driven Material With Pacific Standard”. Variety. http://variety.com/2014/film/features/reese-witherspoon-production-company-female-driven-material-1201323117/ 2014年12月31日閲覧。 
  135. ^ “Reese Witherspoon buys movie rights to Cheryl Strayed's memoir”. Oregon Live. (2012年3月8日). http://www.oregonlive.com/books/index.ssf/2012/03/reese_witherspoon_buys_movie_r.html 2012年7月29日閲覧。 
  136. ^ McNary, Dave (2013年10月11日). “Reese Witherspoon’s ‘Wild’ Adds Michiel Huisman, W. Earl Brown”. Variety. http://variety.com/2013/film/news/reese-witherspoons-wild-adds-michiel-huisman-w-earl-brown-1200715187/ 2013年10月16日閲覧。 
  137. ^ Wild (2014)”. Rotten Tomatoes. 2014年12月7日閲覧。
  138. ^ Phillips, Michael (2014年12月4日). “Review: 'Wild'”. Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/entertainment/movies/ct-wild-review-20141204-column.html 2014年12月7日閲覧。 
  139. ^ Mendelson, Scott (2014年9月9日). “Can Reese Witherspoon Have Her Own 'McConaissance?'”. Forbes. http://www.forbes.com/sites/scottmendelson/2014/09/09/can-reese-witherspoon-have-her-own-mcconaissance/ 2015年1月1日閲覧。 
  140. ^ Robey, Tim (2014年12月29日). “Wild is Reese Witherspoon's major comeback”. The Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/film/wild/review/ 2015年1月1日閲覧。 
  141. ^ Stack, Tim (2015年1月15日). “Reese Witherspoon on her Oscar nomination: 'I can't imagine ever having a year this good'”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/article/2015/01/15/reese-witherspoon-oscar-nomination 2015年2月1日閲覧。 
  142. ^ Scott, Mike (2014年5月12日). “'Don't Mess With Texas,' starring Reese Witherspoon and Sofia Vergara, starts filming this week in New Orleans”. The Times-Picayune. http://www.nola.com/movies/index.ssf/2014/05/dont_mess_with_texas_starring.html 2015年3月8日閲覧。 
  143. ^ McNary, Dave (2015年2月12日). “Watch: First Trailer for Reese Witherspoon-Sofia Vergara’s ‘Hot Pursuit'”. Variety. http://variety.com/2015/film/news/hot-pursuit-trailer-reese-witherspoon-sofia-vergara-watch-1201432880/ 2015年3月8日閲覧。 
  144. ^ Fleming, Jr., Mike (2015年1月7日). “Reese Witherspoon ‘Downsizing’ With Matt Damon, Alexander Payne”. Deadline.com. 2015年1月7日閲覧。
  145. ^ Sneider, Jeff (2015年1月7日). “Reese Witherspoon Joins Matt Damon in Alexander Payne’s ‘Downsizing’”. TheWrap. 2015年1月7日閲覧。
  146. ^ Kit, Borys (2015年1月7日). “Reese Witherspoon Reunites With Alexander Payne for 'Downsizing'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/reese-witherspoon-reunites-alexander-payne-761716 2015年1月7日閲覧。 
  147. ^ Hancock, Tiffany (2006年2月13日). “Fashion victim: Reese Witherspoon”. The Daily Telegraph (UK). オリジナル2007年12月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071203034324/http://www.telegraph.co.uk/fashion/main.jhtml?xml=/fashion/2006/02/13/efvictim11.xml 2007年11月5日閲覧。 
  148. ^ Borys Kit (2012年3月18日). “Reese Witherspoon, Bruna Panadrea Merge Production Companies to Create Pacific Standard”. Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/reese-witherspoon-papandrea-pacific-standard-297776 2012年7月28日閲覧。 
  149. ^ Apple Inc (2013年4月23日). “To Be Loved by Michael Bublé”. iTunes. https://itunes.apple.com/us/album/to-be-loved/id605526405 2013年4月23日閲覧。 
  150. ^ Medina, Marcy (2014年3月13日). “Reese Witherspoon Hires C. Wonder President Andrea Hyde”. WWD. 2014年3月13日閲覧。
  151. ^ “Reese Witherspoon launches Draper James lifestyle brand”. CBS News. (2015年5月6日). http://www.cbsnews.com/news/reese-witherspoon-launches-draper-james-lifestyle-brand/ 2015年5月6日閲覧。 
  152. ^ a b c Finn, Natalie (2007年8月2日). “Reese Witherspoon, Avon Lady”. Eonline.com. 2012年2月1日閲覧。
  153. ^ Plaisance, Stacey (2006年5月8日). “Witherspoon, Garner Tour New Orleans”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/05/08/AR2006050801206.html 2007年12月1日閲覧。 
  154. ^ a b Reese Witherspoon Speaks About Children of Katrina”. ABC News (2006年5月14日). 2007年12月1日閲覧。
  155. ^ Guest, Katy (2007年8月5日). “Reese Witherspoon: From Hollywood star to Avon lady”. London: The Independent. http://www.independent.co.uk/news/people/profiles/reese-witherspoon-from-hollywood-star-to-avon-lady-460275.html 2012年2月1日閲覧。 
  156. ^ a b c “Reese Witherspoon heeds Avon call to be spokeswoman”. Reuters. (2007年8月2日). http://www.reuters.com/article/lifestyleMolt/idUSN0141828920070802 2007年11月11日閲覧。 
  157. ^ “Witherspoon to become 'Avon lady'”. BBC News. (2007年8月1日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/6927011.stm 2007年12月1日閲覧。 
  158. ^ Saturday Night Live Preps 'Emotional' Premiere”. ABC News (2001年9月27日). 2007年12月12日閲覧。
  159. ^ Kutcher tops list of young, powerful”. San Diego Union-Tribune (2005年8月6日). 2012年2月1日閲覧。
  160. ^ “The people who shape our world”. TIME. http://www.time.com/time/2006/time100/ 2007年11月5日閲覧。 
  161. ^ Wilson, Luke (2006年4月30日). “Reese Witherspoon”. TIME. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1187328,00.html 2007年11月5日閲覧。 
  162. ^ The 100 Sexiest Women In The World 2006”. FHM. 2007年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月5日閲覧。
  163. ^ “2006:The Celebrity 100”. Forbes. (2006年6月15日). http://www.forbes.com/home/celebrities/2006/06/12/06celebrities_money-power-celebrities-list_land.html 2007年11月21日閲覧。 
  164. ^ “2007:The Celebrity 100”. Forbes. (2007年6月14日). http://www.forbes.com/lists/2007/53/07celebrities_The-Celebrity-100_Rank_4.html 2007年11月21日閲覧。 
  165. ^ Rose, Lacey (2006年9月25日). “The Ten Most Trustworthy Celebrities”. Forbes. オリジナル2007年12月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071201040724/http://www.forbes.com/technology/2006/09/25/trust-celebrity-politicians-tech_cx_lr_06trust_0925celeb.html 2007年11月21日閲覧。 
  166. ^ “Accomplished Women Entertainers”. CEOWORLD magazine. (2011年5月18日). http://ceoworld.biz/ceo/2011/05/18/ceoworld-richest-women-in-entertainment-world-list-accomplished-women-entertainers 
  167. ^ People: Reese Witherspoon, Sonny Rollins, Heidi Klum”. International Herald Tribune (2006年6月22日). 2011年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月10日閲覧。
  168. ^ “Witherspoon Sues Over Pregnancy Story”. The Washington Post. (2006年6月22日). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/06/22/AR2006062201291.html 2007年11月10日閲覧。 
  169. ^ Rubenstein, Hal. “The "Ryan Who?" Dress”. 100 Unforgettable Dresses. New York: Harper Design. ISBN 978-0-06-219888-4. http://books.google.com/books?id=KvzSrWl5QP0C&pg=PT243&lpg=PT243&dq=%22Reese+Witherspoon%22+Theyskens&source=bl&ots=qYdHj8dA_5&sig=JKXdVRx0RyF5XJ6eEAn6ZtFDv6U&hl=en&sa=X&ei=uXdsUNCWEpOu0AGx4YCwAw&ved=0CDwQ6AEwAQ#v=onepage&q&f=false. 
  170. ^ “People: Beyonce, Jennifer Lopez, Reese Witherspoon Among Best-Dressed”. Fox News. (2007年9月12日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,296596,00.html 2007年11月21日閲覧。 
  171. ^ Access Hollywood's Best Dressed Stars Of 2007”. Access Hollywood (2009年1月5日). 2012年2月1日閲覧。
  172. ^ “Reese Witherspoon tops list of most-liked celebs”. Reuters. (2008年1月4日). http://www.reuters.com/article/entertainmentNews/idUSN0432014220080104?feedType=RSS&feedName=entertainmentNews 2008年1月5日閲覧。 
  173. ^ Goodwin, Christopher (2007年10月7日). “A testing time for Reese Witherspoon”. The Times (UK). http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/film/article2582742.ece 2007年11月5日閲覧。 
  174. ^ Grabicki, Michelle (2007年11月30日). “Witherspoon is Hollywood's highest-paid actress”. Reuters. http://www.reuters.com/article/peopleNews/idUSN3030609020071130 2007年11月5日閲覧。 
  175. ^ “Drew Barrymore, Eddie Murphy named Hollywood’s most overpaid actors by Forbes - NY Daily News”. New York: Articles.nydailynews.com. (2011年11月4日). http://articles.nydailynews.com/2011-11-04/news/30361703_1_box-office-adam-sandler-vince-vaughn 2013年4月21日閲覧。 
  176. ^ Pomerantz, Dorothy (2012年4月18日). “Eddie Murphy Tops Our List Of The Most Overpaid Actors In Hollywood”. Forbes. http://www.forbes.com/sites/dorothypomerantz/2012/12/04/eddie-murphy-is-the-most-overpaid-actor-in-hollywood/ 2013年4月21日閲覧。 
  177. ^ Pomerantz, Dorothy (2013年12月9日). “Adam Sandler Tops Forbes' 2013 List Of The Most Overpaid Actors”. Forbes. http://www.forbes.com/sites/dorothypomerantz/2013/12/09/adam-sandler-tops-our-list-of-the-most-overpaid-actors/ 2014年1月26日閲覧。 
  178. ^ PEOPLE's Most Beautiful 2011 - Reese Witherspoon”. People (2011年4月13日). 2007年12月28日閲覧。
  179. ^ “Facts about People's most beautiful list” (PDF). CBS News. http://www.cbsnews.com/htdocs/pdf/042507_people_list_facts.pdf 2007年12月28日閲覧。 
  180. ^ Welcome – Hollywood Chamber of Commerce”. Hollywoodchamber.net. 2011年2月4日閲覧。
  181. ^ Scott, Paul (2006年3月7日). “Reese has an Oscar, but can she keep her husband?”. Daily Mail (UK). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-379136/Reese-Oscar-husband.html 2007年11月10日閲覧。 
  182. ^ de Kretser, Leela (2006年10月31日). “Split end for a 'Legal blonde'”. New York Post. http://www.nypost.com/p/news/split_end_for_legal_blonde_reese_K11HV63Mz7ztl6xhfix2hL 2012年2月1日閲覧。 
  183. ^ Thomas, Karen (2006年11月8日). “Reese Witherspoon, Ryan Phillippe separate”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/people/2006-10-30-witherspoon_x.htm 2007年11月10日閲覧。 
  184. ^ a b “Reese Witherspoon gives birth”. CNN. (2003年10月29日). http://www.cnn.com/2003/SHOWBIZ/Movies/10/29/ple.witherspoon.reut/ 2007年11月10日閲覧。 
  185. ^ Sheri & Bob Stritof. “Reese Witherspoon and Ryan Phillippe Marriage Profile”. About.com. http://marriage.about.com/od/entertainmen1/p/witherspoon.htm 2008年7月2日閲覧。 
  186. ^ Frankel, Daniel (1999年6月8日). “Witherspoon. Phillippe. Married”. Eonline.com. 2012年2月1日閲覧。
  187. ^ “Entertainment: News In Brief”. BBC News. (1999年9月16日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/449118.stm 2007年11月10日閲覧。 
  188. ^ “Reese Witherspoon & Ryan Phillippe Split”. People. (2006年10月30日). http://www.people.com/people/article/0,,1552282,00.html 2014年12月22日閲覧。 
  189. ^ a b c d “It's Official: Reese Witherspoon Files For Divorce”. Fox News Channel. (2006年11月9日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,228377,00.html 2007年11月10日閲覧。 
  190. ^ Arnold, Holly. “Actors' split formalised”. NOW. 2007年11月10日閲覧。
  191. ^ Celebs' Prenups May Be as Important as 'I Do's”. ABC News (2006年11月11日). 2007年11月10日閲覧。
  192. ^ Noveck, Jocelyn (2006年11月8日). “Lady Stars Leaving Lesser Spouses Behind”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/11/08/AR2006110801765_pf.html 2007年11月10日閲覧。 
  193. ^ Lee, Ken (2007年5月18日). “Ryan Phillippe Seeks Joint Custody of Kids”. People. 2007年11月10日閲覧。
  194. ^ Reese and Ryan: It's Officially Over”. Us Weekly (2007年10月10日). 2007年10月26日閲覧。
  195. ^ Witherspoon, Phillippe Divorce Finalized”. WRC-TV (2007年10月11日). 2007年10月26日閲覧。
  196. ^ Reese Witherspoon On Kids, Jake, And Working With Vince Vaughn”. Huffington Post (2008年10月14日). 2008年11月19日閲覧。
  197. ^ “Reese Witherspoon and Jake Gyllenhaal come out as a couple during a romantic trip to Rome”. Daily Mail (UK). (2007年10月25日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-489393/Reese-Witherspoon-Jake-Gyllenhaal-come-couple-romantic-trip-Rome.html 2007年11月17日閲覧。 
  198. ^ “Reese Leaves Jake; "It Broke His Heart"”. US Weekly. (2009年12月16日). http://www.usmagazine.com/celebritynews/news/reese-leaves-jake-it-broke-his-heart-20091612 エラー: #time の呼び出しが多すぎます。閲覧。 
  199. ^ リース・ウィザースプーン、やっぱり破局していた!
  200. ^ “Is Reese Witherspoon Dating Again?”. People. (February 4, 2010). http://www.people.com/people/article/0,,20341347,00.html April 24, 2010閲覧。 
  201. ^ “Reese Witherspoon's Date Night”. People. (February 25, 2010). http://www.people.com/people/article/0,,20346918,00.html April 24, 2010閲覧。 
  202. ^ “Reese Witherspoon's Birthday Getaway with Jim Toth”. People. (2010年3月22日). http://www.people.com/people/article/0,,20353537,00.html April 24, 2010閲覧。 
  203. ^ “New Heads Of CAA's MP Talent Department”. People. (September 21, 2010). http://www.deadline.com/2010/09/new-heads-of-caas-mp-talent-department/ December 8, 2010閲覧。 
  204. ^ “Reese Witherspoon, Jim Toth Engaged!”. Us Weekly. (2010年12月28日). http://www.usmagazine.com/healthylifestyle/news/reese-witherspoon-jim-toth-engaged-20102812 2010年12月28日閲覧。 
  205. ^ “Reese Witherspoon Wedding on Saturday”. Extra. (March 25, 2011). オリジナルのApril 28, 2011時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/20110428235038/http://extratv.warnerbros.com:80/2011/03/reese_witherspoon_wedding_on_saturday.php March 27, 2011閲覧。 
  206. ^ “Reese Witherspoon Weds Jim Toth!”. Us Weekly. (March 26, 2011). http://www.usmagazine.com/healthylifestyle/news/reese-witherspoon-weds-jim-toth-2011263 March 26, 2011閲覧。 
  207. ^ Chan, Jennifer (November 12, 2013). “Reese Witherspoon Sells Ojai Home for $5.9 Million: See Robert Pattinson's Post-Breakup Hideout”. E!. November 15, 2013閲覧。
  208. ^ “Reese Witherspoon Welcomes Son Tennessee James”. People. (September 27, 2012). http://celebritybabies.people.com/2012/09/27/reese-witherspoon-jim-toth-welcome-son-tennessee-james/ September 27, 2012閲覧。 
  209. ^ Robina Gibb, Barry Taylor: Rock’n’roll pastor hits a bump on the highway to heaven, The Guardian, 1 February 2015
  210. ^ a b c Johnson, Ted (2013年4月21日). “Reese Witherspoon and Agent Husband Arrested in DUI Incident (EXCLUSIVE)”. Variety. http://variety.com/2013/biz/news/reese-witherspoon-arrested-dui-husband-jim-toth-atlanta-1200401299/ 2013年4月21日閲覧。 
  211. ^ Fleeman, Mike (May 2, 2013). “Reese Witherspoon Arrest Videos Hit the Internet”. People. May 2, 2013閲覧。
  212. ^ Lee, Youyoung (2013年4月21日). “Reese Witherspoon Arrested: Actress, Husband Jim Toth Arrested And Jailed For DUI Incident (REPORT)”. Huffingtonpost.com. http://www.huffingtonpost.com/2013/04/21/reese-witherspoon-arrested-jim-toth-dui_n_3128696.html 2013年4月21日閲覧。 
  213. ^ Takeda, Allison (2013年4月21日). “Reese Witherspoon Smiles on First Red Carpet After Arrest: Picture”. Us Weekly. 2013年4月21日閲覧。
  214. ^ Nashawaty, Chris (2013年4月22日). “Reese Witherspoon issues statement – apology – about her arrest”. Entertainment Weekly. 2013年4月22日閲覧。
  215. ^ Ravitz, Justin (May 2, 2013). “Reese Witherspoon Pleads No Contest to Disorderly Conduct, Jim Toth Pleads Guilty to DUI”. May 2, 2013閲覧。

外部リンク[編集]