サリー・ホーキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サリー・ホーキンス
Sally Hawkins
Sally Hawkins
2017年のベルリン映画祭にて
本名 Sally Cecilia Hawkins
生年月日 (1976-04-27) 1976年4月27日(46歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 女優
活動期間 1998年 -
配偶者 独身
主な作品
ハッピー・ゴー・ラッキー
ブルージャスミン
GODZILLA ゴジラ
パディントン』シリーズ
シェイプ・オブ・ウォーター
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
 
受賞
ベルリン国際映画祭
銀熊賞(女優賞)
2008年ハッピー・ゴー・ラッキー
全米映画批評家協会賞
主演女優賞
2008年『ハッピー・ゴー・ラッキー』
2017年シェイプ・オブ・ウォーター
ニューヨーク映画批評家協会賞
主演女優賞
2008年『ハッピー・ゴー・ラッキー』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
主演女優賞
2008年『ハッピー・ゴー・ラッキー』
2017年『シェイプ・オブ・ウォーター』
ゴールデングローブ賞
女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
2008年『ハッピー・ゴー・ラッキー』
その他の賞
テンプレートを表示

サリー・ホーキンス英語:Sally Cecilia Hawkins, 1976年4月27日 - )は、イギリス女優舞台からキャリアをスタートし、その後、映画界に進出した。ゴールデングローブ賞ベルリン国際映画祭での銀熊賞(主演女優賞)をはじめ、批評家協会賞、映画俳優組合賞、アカデミー賞で2部門、英国アカデミー賞の映画賞2部門でノミネートされるなど、数々の賞を受賞している。

来歴[編集]

1976年4月27日にロンドンダリッジ英語版で、絵本作家兼イラストレーターである父のコリン・ホーキンスと母であるジャッキー・ホーキンス英語版との娘として生まれた[1][2]。なお、両親は共にアイルランド人の祖先を持つ。また、アードマン・アニメーションズのテレビ・映画プロデューサー[3]、絵本の執筆も行う5歳年上の兄、フィンバー・ホーキンスがいる[4]

ホーキンスはブラックヒース英語版にある、モダン建築家であるパトリック・グウィン英語版によって設計され、現在は重要文化財としてナショナル・トラストによって保護されているジンジャー・ブレッドハウス英語版様式の家で育っている[5]。3歳の時、サーカスを観に行ったことが演劇に興味を持つ切っ掛けであった[6]。地元ダリッジのジェームズ・アレン女子校英語版に通い、1998年に王立演劇学校を卒業した[5]

キャリア[編集]

主に舞台女優としてキャリアをスタートさせ、『アナーキストの事故死英語版』『ロミオとジュリエット』『桜の園』『空騒ぎ』『真夏の夜の夢』『Misconceptions』などの作品に出演している。また、『カジュアリティ英語版』や『Doctors英語版』などのテレビドラマシリーズにも出演している。1998年に学生だったホーキンスは、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』にエキストラとして出演している[7]

2002年、マイク・リー監督の映画『人生は、時々晴れ』の中でサマンサ役を演じる。ホーキンスとリーが共演した3作品のうちの1作目となり、2作目は2004年の『ヴェラ・ドレイク』である。2004年のアクション映画『レイヤー・ケーキ』では、サシャ役で出演している。2005年、サラ・ウォーターズの小説を映画化したBBCのドラマ『フィンガースミス英語版』の中でスーザン・トリンダー役を演じ、イメルダ・スタウントンと共演したのがホーキンスにとっての最初の主要なテレビ出演となった。その後、BBCで映画化されたパトリック・ハミルトン監督の『Twenty Thousand Streets Under the Sky英語版』に出演。2003年から2005年にかけては、BBCのコメディー番組『リトル・ブリテン』の4つのエピソードに出演する。2005年、ロイヤル・ナショナル・シアターで上演されたフェデリコ・ガルシア・ロルカ戯曲ベルナルダ・アルバの家』をデヴィッド・ヘアーが脚色した舞台作品に出演した。

また、ラジオで声優も務めており『Concrete Cow』『Ed Reardon's Week英語版』『Think the Unthinkable英語版』『Cash Cows』『山椒魚戦争』『The Party Line英語版』など数々のラジオドラマシリーズに出演している。

2006年、ホーキンスは舞台に戻り、ロイヤル・コート・シアター英語版で公演されたジェズ・バターワース英語版演出の舞台『The Winterling』に出演する。2006年には、リチャード・アヨアデ演出のコメディトーク番組『Man to Man with Dean Learner英語版』にクレジットタイトル無しで出演し、シリーズDVDに収録されたカットシーンの中で数々の無名の役を演じている。その後、アヨアデン監督の映画作品『嗤う分身』と『サブマリン』に出演する。2007年、ジェーン・オースティンの小説をテレビ映画化した作品『Persuasion英語版』の中でアン・エリオット役を演じる[8]。ホーキンスの演技は批評家から好評を得ており、ゴールデンニンフ賞英語版を受賞した[9]。また、コリン・ファレルユアン・マクレガー主演のウディ・アレン監督作品『ウディ・アレンの夢と犯罪』の中で脇役も演じている。

2008年公開のマイク・リー監督作品の『ハッピー・ゴー・ラッキー』で3回目となる再開を果たしており、この中で演じた小学校の先生であるポピー・クロス役が第58回ベルリン国際映画祭銀熊賞第66回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。

2013年公開の映画『ブルージャスミン』における演技が評価され、第86回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ[10]、その四年後には『シェイプ・オブ・ウォーター』での演技でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2002 人生は、時々晴れ
All or Nothing
サマンサ マイク・リー監督作品
2004 ヴェラ・ドレイク
Vera Drake
スーザン
レイヤー・ケーキ
Layer Cake
サシャ
2005 荊の城
Fingersmith
スーザン テレビシリーズ
2007 説きふせられて
Persuasion
アン・エリオット テレビ映画
ウディ・アレンの夢と犯罪
Cassandra's Dream
ケイト
2008 ハッピー・ゴー・ラッキー
Happy-Go-Lucky
ポピー ベルリン国際映画祭銀熊賞 受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 主演女優賞 受賞
2009 17歳の肖像
An Education
セイラ・ゴールドマン
デザート・フラワー
Desert Flower
マリリン
2010 わたしを離さないで
Never Let Me Go
ルーシー先生
ファクトリー・ウーマン
Made in Dagenham
リタ 日本では劇場未公開
2011 ジェーン・エア
Jane Eyre
リード夫人
サブマリン
Submarine
ジル・テイト
2012 大いなる遺産
Great Expectations
ジョーの妻 日本では劇場未公開、WOWOWで放映
2013 ブルージャスミン
Blue Jasmine
ジンジャー アカデミー助演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
英国アカデミー賞 助演女優賞ノミネート
嗤う分身
The Double
受付
2014 GODZILLA ゴジラ
Godzilla
ヴィヴィアン・グレアム博士
僕と世界の方程式
X+Y
ジュリー・エリス
パディントン
Paddington
メアリー・ブラウン
2016 ホロウ・クラウン/嘆きの王冠
Hollow Crown
エリナー・コバム テレビ映画
しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
Maudie
モード・ルイス
2017 シェイプ・オブ・ウォーター
The Shape of Water
イライザ 全米映画批評家協会賞主演女優賞受賞[11]
ロサンゼルス映画批評家協会賞主演女優賞受賞
パディントン2
Paddington 2
メアリー・ブラウン
2019 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
Godzilla: King of the Monsters
ヴィヴィアン・グレアム博士 [12]
2021 スペンサー ダイアナの決意
Spencer
マギー
2023
Wonka
撮影中

人物[編集]

幼い頃は父親の出版イベントに好んで同行しており、そこで集まった子供たちに絵本を読み聞かせる父の姿に畏敬の念を抱いている[4]失読症であり[13]、勉強に苦労したものの、持ち前の器用さと想像力で補っている[4]

シェイプ・オブ・ウォーターの監督を務めたギレルモ・デル・トロは、内向的な自分の弱さを逆に自身の武器として表現するため、演技に現実味が増すことからホーキンスを絶賛し、天才と呼び尊敬の念を抱いている。また、自身が知る中で最も虚弱体質で内向的かつ好奇心が強い人間であると分析している[4]。ホーキンスは自身に関し、信じられないくらい鈍いと感じており、演技に付いては一切天才だとは感じておらず、演技に対し常に動けなくなるほどの不安に駆られており、撮影を滅茶苦茶にしたと毎回反省する[4]。また、映画の撮影中に監督が毎回夕食に誘うも褒めちぎられることを嫌い殆ど応じないなどシャイな一面も持ち合わせる[4]。他人に対し非常に礼儀正しいが、余計な発言をしたと後悔することが多いため、インタービューも苦手で、演者は作品で評価されるべきであるとして写真撮影も苦手としている[4]。2018年にループスを患っていることを公表し[14]、遠出や旅行が困難な時もあり[4]、自身のプライバシーを非常に重要視する面から、外出も殆どしない[4]。なお、稀に外出先で一般人に指摘されると非常に驚くと語っている。独身で未婚である[4]

脚注[編集]

  1. ^ Gilbey, Ryan (2017年8月5日). “Sally Hawkins: low-key star with plenty to smile about”. 2020年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  2. ^ Sawer, Patrick (2014年1月12日). “Hollywood beckons for former public school pupils”. 2020年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  3. ^ Berman, Nat (2017年7月22日). “Sally Five Things You Didn't Know About Sally Hawkins”. 2020年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j Moshakis, Alex (2022年10月30日). “Have I mucked it up?”. The Observer. 2023年1月22日閲覧。
  5. ^ a b Hoggard, Liz (2012年11月10日). “Sally Hawkins: 'You only do good work when you're taking risks'”. The Independent. 2019年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月24日閲覧。
  6. ^ Oscar Roundtable: The Actresses”. The Hollywood Reporter (2008年12月8日). 2020年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月3日閲覧。
  7. ^ Ramin Setoodeh (2013年12月16日). “Sally Hawkins on her secret 'Star Wars' role and "Blue Jasmine"”. Variety. 2016年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月4日閲覧。
  8. ^ The Week UK | The best of British & international news, opinion, sport, people & business”. Thefirstpost.co.uk (2016年2月9日). 2011年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月4日閲覧。
  9. ^ Brit actress Sally Hawkins to visit Mill Valley film fest”. Marinscope Community Newspapers (2008年10月1日). 2014年3月9日閲覧。
  10. ^ The Nominees”. 2014年1月16日閲覧。
  11. ^ 作品賞は『レディ・バード』4冠!全米映画批評家協会賞”. シネマトゥデイ (2018年1月6日). 2018年1月10日閲覧。
  12. ^ ハリウッド版『ゴジラ2』米国で場面写真公開、ストーリーが一部判明 ― 誘拐された女性科学者、怪獣を操れる…?”. THE RIVER (2018年7月13日). 2018年7月21日閲覧。
  13. ^ Lubin, Rhian (2018年2月3日). “British Oscar hopeful Sally Hawkins reveals how she overcame crippling shyness by acting”. MSN. 2020年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  14. ^ 'Shape of Water' star Sally Hawkins reveals she has Lupus” (2018年1月26日). 2020年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]