銀熊賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

銀熊賞(SilbernerBär)(ぎんくましょう)は、ベルリン国際映画祭においてさまざまな部門に与えられる賞の総称である。

概要[編集]

1956年に、監督賞、男優・女優賞、最優秀短編映画賞として導入された。1965年にはグランプリの金熊賞に次ぐ賞である「審査員グランプリ」としても銀熊賞が授与されるようになった。

1978年からは芸術貢献賞が追加された。2002年からは音楽賞が、2008年からは脚本賞が追加されたが、音楽賞は2007年に廃止され、芸術貢献賞に統合された。また1987年からは「映画芸術に新たな展望を開いた」ことを称えるアルフレッド・バウアー賞も追加された。

賞のカテゴリ[編集]

カテゴリ 制定年
審査員グランプリ 1965
最優秀監督賞 1956
最優秀男優賞 1956
最優秀女優賞 1956
最優秀脚本賞 2008
アルフレッド・バウアー賞 1987
最優秀短編映画賞 1956
芸術貢献賞 1978