第8回ベルリン国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第8回ベルリン国際映画祭は1958年6月27日から7月8日まで開催された。

概要[編集]

1951年からはじまったベルリン国際映画祭であるが、1958年は更に国際的なラインナップとなり、来場者数も増えていった。また、日本から出品された今井正監督の『純愛物語』が監督賞に選ばれた。

受賞[編集]

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
愛する時と死する時
A Time to Love and a Time to Die
ダグラス・サーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
恋はすばやく
Anna di Brooklyn
ヴィットリオ・デ・シーカ
Carlo Lastricati
イタリアの旗 イタリアフランスの旗 フランス
カイロ中央駅
Bab el hadid
ユーセフ・シャヒーン アラブ連合共和国の旗 エジプト
怪談 白夜の妖女 滝沢英輔 日本の旗 日本
Der 10. Mai フランツ・シュナイダ スイスの旗 スイス
Djajaprana Kotot Soekardi  インドネシア
ふたつの目、12本の手
Do ankhen barah haath
ラジャラム・ヴァンクドレ・シャンタラム インドの旗 インド
それはある晴れた日に起こった
Es geschah am hellichten Tag
ラディスラオ・ヴァホダ 西ドイツの旗 西ドイツスイスの旗 スイススペインの旗 スペイン
Guld og grønne skove
(The Girls Are Willing)
ガブリエル・アクセル  デンマーク
恐怖の砂
Ice-Cold in Alex
J・リー・トンプソン イギリスの旗 イギリス
純愛物語 今井正 日本の旗 日本
国境の村
La legge è legge
クリスチャン=ジャック イタリアの旗 イタリアフランスの旗 フランス
Los Dioses ajenos
(Strange Gods)
ロマン・ヴィニオリ・バレット アルゼンチンの旗 アルゼンチン
Miriam William Markus  フィンランド
灰の水曜日
Miércoles de ceniza
ロベルト・ガバルドン メキシコの旗 メキシコ
制服の処女[1]
Mädchen in Uniform
ゲツァ・フォン・ラドヴァニ 西ドイツの旗 西ドイツフランスの旗 フランス
Oi Paranomoi ニコス・コンドゥルロス ギリシャの旗 ギリシャ
Shab-neshini dar jahannam
(A Party in Hell)
Mushegh Soruri
Samouel Khachikian
イランの旗 イラン
野いちご
Smultronstället
イングマール・ベルイマン  スウェーデン
手錠のまゝの脱獄
The Defiant Ones
スタンリー・クレイマー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
秘境の情熱
Tumulto de Paixões
ジグムント・スリストラフスキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Una Cita de amor エミリオ・フェルナンデス メキシコの旗 メキシコ
Ut av mørket Arild Brinchmann
Alex Brinchmann
 ノルウェー
野性の息吹き
Wild Is the Wind
ジョージ・キューカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
¡Viva lo imposible!
(Long Live the Impossible!)
ラファエル・ヒル スペインの旗 スペイン
  1. ^ 1931年版のリメイク

審査員[編集]

  • フランク・キャプラ (アメリカ/監督)
  • J・ノヴァイス・テイシェイラ(J. Novais Teixeira、ブラジル/)
  • ゲルハルト・ランプレヒト(西ドイツ/監督)
  • ポール・ローサ (イギリス/監督)
  • ドゥイリオ・コレッティ (イタリア/監督)
  • 田中路子 (日本/女優)
  • ジャン・マレー (フランス/俳優)
  • ゲルハルト・T・ブッフホルツ(Gerhard T. Buchholz、西ドイツ/脚本家)
  • ウィリー・ハース (西ドイツ/脚本家)
  • レオポルト・ライテマイスター(Leopold Reitemeister、西ドイツ/)
  • L・B・ラオ(L.B. Rao、インド/)

外部リンク[編集]