第18回ベルリン国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

第18回ベルリン国際映画祭は1968年6月21日から7月2日まで開催された。

概要[編集]

1968年5月、カンヌ国際映画祭五月革命の煽りを受けて中止になるという事態がおこり、ベルリン国際映画祭においても同様の出来事が起こるのではないかと警戒されたが、目立った抗議行動は行われなかった。金熊賞にはスウェーデン映画『Ole dole doff』が選ばれた。

受賞[編集]

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
白い恋人たち
13 jours en France
フランソワ・レシャンバック
クロード・ルルーシュ
フランスの旗 フランス
ミラノの銀行強盗
Banditi a Milano
カルロ・リッツァーニ イタリアの旗 イタリア
アルジャーノンに花束を
Charly
ラルフ・ネルソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アンナ・マグダレーナ・バッハの年代記
Chronik der Anna Magdalena Bach
ストローブ=ユイレ 西ドイツの旗 西ドイツイタリアの旗 イタリア
Come l'amore
(Something Like Love)
エンツォ・ムッツィ イタリアの旗 イタリア
Fome de Amor
(Hunger for Love)
ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス ブラジルの旗 ブラジル
Gates to Paradise アンジェイ・ワイダ イギリスの旗 イギリスユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
初恋・地獄篇 羽仁進 日本の旗 日本
マフィア
Il Giorno della civetta
ダミアーノ・ダミアーニ イタリアの旗 イタリアフランスの旗 フランス
India '67 S. Sukhdev インドの旗 インド
消される男
L'homme qui ment
アラン・ロブ=グリエ フランスの旗 フランスチェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
生の証明
Lebenszeichen
ヴェルナー・ヘルツォーク 西ドイツの旗 西ドイツ
女鹿
Les Biches
クロード・シャブロル フランスの旗 フランス
保護なき純潔
Nevinost bez zastite
ドゥシャン・マカヴェイエフ ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
Ole dole doff ヤン・トロエル  スウェーデン
ペパーミント・フラッペ
Peppermint Frappé
カルロス・サウラ スペインの旗 スペイン
The Ernie Game ドン・オーウェン カナダの旗 カナダ
The Immortal Story オーソン・ウェルズ フランスの旗 フランス
To Grab the Ring Nikolai van der Heyde オランダの旗 オランダ
U raskoraku Milenko Strbac ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
ウイークエンド
Weekend
ジャン=リュック・ゴダール フランスの旗 フランス

審査員[編集]

  • ルイス・ガルシア・ベルランガ (スペイン/監督)
  • ペーター・シャモーニー (西ドイツ/監督)
  • アレキス・ヴィアニ (Alex Viany) (ブラジル/監督)
  • Domenico Meccoli (イタリア/脚本家)
  • ジョルジュ・ド・ボールガール (フランス/プロデューサー)
  • アレクサンダー・ウォーカー (イギリス/批評家)
  • Carl-Eric Nordberg (スウェーデン/)
  • Gordon Hitchens (アメリカ/)
  • Karsten Peters (西ドイツ/)

外部リンク[編集]