テディ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ベルリン国際映画祭におけるテディ賞Teddy Award)は、ベルリン国際映画祭の独立賞のひとつ。LGBTクィアをテーマにした映画に与えられる。

歴史[編集]

1987年、ドイツの映画監督 Wieland SpeckとManfred Salzgeberは、LGBT映画を表彰する賞を創設するため、国際ゲイ&レズビアン映画祭協会(IGLFFA)と呼ばれる審査員団を結成。テディ賞を立ち上げた。

1992年からベルリン国際映画祭の正式な賞と認められ、1997年からはNPOが運営している。ベルリン国際映画祭の審査員とは独立した審査員によって選ばれる。

同様の賞としてヴェネツィア国際映画祭クィア獅子賞(2007年 - )、カンヌ国際映画祭クィア・パルム(2010年 - )があるが、テディ賞はそれらの20年以上前から実施されている、最も歴史ある賞である。

1987年の第一回テディ賞では、最優秀長編映画賞にペドロ・アルモドバルの『欲望の法則』、最優秀短編映画賞にガス・ヴァン・サントの『Five Ways to Kill Yourself and My New Friend』が選出された(両者とも同性愛者として知られる)。

カテゴリー[編集]

の3部門があり、それぞれ最優秀作品に選ばれた映画には3,000ユーロが授与される。これに加え、

  • 審査員特別賞
  • Siegessäule読者賞 (ドイツのLGBT雑誌「Siegessäule」の読者によって選ばれる賞)
  • 特別賞 (LGBT映画史にとって重要な貢献をした者に贈られる功労賞)

の6つの賞がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]