彼らが本気で編むときは、

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
彼らが本気で編むときは、
Close-Knit
監督 荻上直子
脚本 荻上直子
出演者 生田斗真
桐谷健太
柿原りんか
ミムラ
小池栄子
門脇麦
柏原収史
込江海翔
りりィ
田中美佐子
音楽 江藤直子
撮影 柴崎幸三
編集 普嶋信一
制作会社 パラダイス・カフェ
製作会社 「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
配給 スールキートス
公開 ドイツの旗 2017年2月10日Berlin
日本の旗 2017年2月25日
台湾の旗 2017年3月10日
上映時間 127分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

彼らが本気で編むときは、』(かれらがほんきであむときは、英題:Close-Knit)は、2017年2月25日公開の荻上直子監督、生田斗真主演の日本映画

概要[編集]

前作『レンタネコ』から5年ぶりとなる荻上直子監督オリジナル脚本作品[1]。テーマはLGBTと家族の在り方(差別育児放棄を含む社会問題[2]。モチーフは編み物。主演の生田がトランスジェンダーの元男性を演じている。また、2016年11月に死去したりりィの遺作となった[3][4]

トランスジェンダーの真境名ナツキの母親が、子供が思春期の頃に「ニセ乳」を作ってあげたエピソードが載った新聞記事に荻上が興味を示し、母親に会って取材をしたのが映画制作のきっかけである[5]。2016年3月11日クランクイン[6]

文部科学省選定作品(少年向き・青年向き・成人向き)[7]。LGBT先進自治体であり、日本国内で初めて「パートナーシップ証明書」を導入した東京都渋谷区、および渋谷区教育委員会が初の推奨作品に選定した[8]

第67回ベルリン国際映画祭・パノラマ部門正式出品、ジェネレーション部門特別上映作品[9]。ベルリン国際映画祭で日本映画初のテディ審査員特別賞[10]と観客賞(2nd place)[11]をダブル受賞した。

全国154スクリーンで公開され[12]、2017年2月24日、25日のぴあ映画初日満足度ランキングで1位を獲得[13]。2017年2月25日 - 3月3日の週間映画ランキング(興行通信社調べ)で初登場8位にランクインした[14]

キャスト[編集]

リンコ - 生田斗真(中学生時代:高橋楓翔
トランスジェンダーの介護士。
マキオ - 桐谷健太
リンコの恋人。
トモ - 柿原りんか
マキオの姪。
ヒロミ - ミムラ
トモの母。マキオの姉。
ナオミ - 小池栄子
カイの母。
佑香 - 門脇麦
リンコの同僚。
ヨシオ - 柏原収史
フミコの再婚相手。
カイ - 込江海翔
トモの同級生。
サユリ - りりィ
マキオとヒロミの母。
フミコ - 田中美佐子
リンコの母。
金井 - 江口のりこ
児童相談所職員。
斉藤 - 品川徹
老人ホーム入居者。

スタッフ[編集]

受賞[編集]

関連商品[編集]

ノベライズ
サウンドトラック

関連項目[編集]

  • Fly me to the disco ball - ゴスペラーズがカバーしたイメージソング「True colors」が収録されているシングルCD。

脚注[編集]

  1. ^ “生田斗真&桐谷健太が恋人役に!荻上直子監督がトランスジェンダー描く”. 映画.com. (2016年3月21日). http://eiga.com/news/20160321/3/ 2016年12月4日閲覧。 
  2. ^ “エンターテインメントから LGBTへの理解を深めてもらいたい”. 電通報. (2016年11月24日). http://dentsu-ho.com/articles/4688 2016年12月4日閲覧。 
  3. ^ “生田斗真、故・りりィさん追悼 - 遺作はベルリン国際映画祭に”. マイナビニュース. (2017年1月18日). http://news.mynavi.jp/news/2017/01/18/453/ 2017年2月15日閲覧。 
  4. ^ “【遺作公開】“りりィ”さんが遺した一筋縄ではいかない母親像 20歳の歌姫が唯一無二の女優となるまで”. dメニュー映画. (2017年2月20日). https://movie.smt.docomo.ne.jp/article/1062017/ 2017年2月21日閲覧。 
  5. ^ “Vol.631 映画監督 荻上直子(映画『彼らが本気で編むときは、』インタビュー)”. OKWAVE. (2017年2月8日). http://okstars.okwave.jp/vol631/ 2017年2月19日閲覧。 
  6. ^ “Facebook限定 〈プロデューサーズノート公開スタート!〉”. 映画「彼らが本気で編むときは、」Facebook. (2017年2月11日). https://www.facebook.com/kareamu/posts/223063768100402 2017年2月19日閲覧。 
  7. ^ 映像作品等選定一覧(平成28年11月)”. 文部科学省. 2017年1月20日閲覧。
  8. ^ “渋谷区、映画でLGBT理解促進へ 生田斗真さん主演作とコラボ”. シブヤ経済新聞. (2017年1月25日). http://www.shibukei.com/headline/12091/ 2017年2月18日閲覧。 
  9. ^ “生田斗真主演「彼らが本気で編むときは、」がベルリン映画祭2部門で上映決定!”. 映画.com. (2017年1月18日). http://eiga.com/news/20170118/25/ 2017年1月20日閲覧。 
  10. ^ “映画『彼らが本気で編むときは、』 第67回ベルリン国際映画祭 テディ審査員特別賞受賞!日本映画“初受賞”の快挙!”. Astage-アステージ-. (2017年2月18日). http://www.astage-ent.com/cinema/kareamu-6.html 2017年2月18日閲覧。 
  11. ^ “荻上監督作品に2賞=ベルリン映画祭”. 時事ドットコム. (2017年2月18日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021800502&g=soc 2017年2月26日閲覧。 
  12. ^ “生田斗真、ベルリン国際映画祭から凱旋「頑張っていれば思いは伝わる」”. 映画.com. (2017年2月25日). http://eiga.com/news/20170225/12/ 2017年2月28日閲覧。 
  13. ^ “「真っ直ぐ向き合った作品」生田斗真主演『彼らが本気で編むときは、』が満足度第1位!”. ぴあ映画生活. (2017年2月27日). http://cinema.pia.co.jp/news/170045/69854/ 2017年2月28日閲覧。 
  14. ^ 2月25日〜3月3日 週間映画ランキング”. - CINEMAランキング通信. 2017年3月7日閲覧。
  15. ^ “生田斗真「彼らが本気で編むときは、」ノベライズ本発売、今日マチ子がイラスト担当”. 映画ナタリー. (2016年12月15日). http://natalie.mu/eiga/news/213324 2016年12月16日閲覧。 

外部リンク[編集]