江口のりこ

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

えぐち のりこ
江口 のりこ
本名 江口 徳子(えぐち とくこ)
別名義 江口 徳子(旧芸名)
生年月日 (1980-04-28) 1980年4月28日(42歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県飾磨郡夢前町
身長 170 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
所属劇団 劇団東京乾電池
事務所 ノックアウト
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
時効警察』シリーズ
野田ともうします。』シリーズ
半沢直樹
ソロ活女子のススメ』シリーズ
SUPER RICH
映画
『月とチェリー』
砂の影
事故物件 恐い間取り
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀助演女優賞
2020年事故物件 恐い間取り[1]
その他の賞
テンプレートを表示

江口 のりこ(えぐち のりこ、1980年4月28日 - )は、日本女優。本名および旧芸名は江口 徳子(えぐち とくこ)。兵庫県飾磨郡夢前町(現・姫路市)出身。劇団東京乾電池ノックアウト所属。身長170cm、血液型はO型。特技はピアノ中距離走

略歴

5人兄妹(兄2人、江口と一卵性双生児の姉、妹)の4番目の次女として誕生[2]。中学を卒業後は高校に進学せずアルバイト生活を送る[2]神戸市の映画館に足しげく通ううちに映画女優を志す[3]。「劇団に入れば映画に出演できる」と考え、ファンだった岩松了がかつて所属していた劇団東京乾電池のオーディションを受ける[3]

1999年に研究生となり、2000年に入団。入所式は偶然にも19歳の誕生日だった[3]。上京した頃は所持金が2万円しかなく、すぐに住み込みの新聞配達の仕事を始めた[3][4]。その頃の住居は3畳1間・風呂無しのアパートだったという[2]

劇団の座長である柄本明とは長年懇意にして貰ってるといい、後年の報道では柄本のファンだったから乾電池に入団したと先述の内容とは異なる内容となっている[5]

2002年に『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』にて映画デビュー。

2004年タナダユキ監督の『月とチェリー』では主演に抜擢。

2021年4月期放送のテレビ東京ソロ活女子のススメ』で民放の連続ドラマ初主演[6]

人物

双子(姉妹の妹)である[7]

高校に進学せず早く社会に出たことについて「経済的にも余裕がなくて、お小遣いがなかった。中学を卒業してすぐ働けばお金もあって自分の好きなことが出来るって思ったので」とし、「兄弟も多いし、父親は定職につくということができない男だったんですよ。人に使われるのが嫌で、仕事をしてもすぐ辞めちゃう」「私も父親に似て続かないんですよ。(アルバイトは)続いても2カ月でしたね」と話しつつ「1日で辞めたやつもある」と告白した[2]

役者の真木よう子とは昔から仲が良いがお互いに多忙でここ1年くらい(2019年2月時点)会えていない[8]。加えて、江口は「私は彼女のこと、とても好き。今、下手に連絡すると『どんな感じになってんのやろ?』って興味で連絡とっちゃうことになる」と語り、「『あんたが変なんやったら、もうずっとウチに泊まってたらええやん』っていうくらいの気持ちがある」と真木との関係性を説明した[8]

自炊派で「自分の作るごはんがいちばん好き」と語っている[注 1]

アナウンサーの安住紳一郎が好きだと公言している(理由は「自分にないものをもってるっていう憧れ」)[7]

出演

テレビドラマ

配信ドラマ

ラジオドラマ

  • FMシアター「ほかならぬ人へ」(2015年11月14日、NHK FM)

映画

舞台

  • 劇団東京乾電池
    • リチウム公演「パック探偵団」(2001年10月30日 - 11月4日、作・演出:ヘンリー・ヤマト六世 / 下北沢OFF・OFFシアター
    • 本公演「夏の夜の夢」(2001年12月27日 - 2002年1月9日、作:W・シェイクスピア、演出:柄本 明 / 下北沢ザ・スズナリ
    • 本公演「授業」(作:ウジェーヌ・イヨネスコ、演出:柄本 明)
    • 本公演「長屋紳士録」(2005年4月3日 - 26日、原作:小津安二郎、演出:柄本明 / 下北沢・ザ・スズナリほか)
    • 劇団東京乾電池祭り 創立30周年記念公演「長屋紳士録」「夏の夜の夢」(2006年4月23日、演出:柄本明 / 下北沢・ザ・スズナリ)
    • 本公演「コーヒー入門」(2008年4月24日 - 5月6日、作:加藤一浩、演出:柄本明 / 下北沢 ザ・スズナリ)
    • 月末劇場「受付」(2008年6月27日 - 29日、作:別役実 / 新宿ゴールデン街劇場)
    • 本公演 白州版「夏の夜の夢」(2008年8月12日、作:W・シェイクスピア、演出:柄本 明 / ダンス白州)
    • 本公演「秘密の花園」(2009年1月6日 - 18日、作:唐十郎、演出:角替和枝 / 下北沢ザ・スズナリ)
    • 本公演「そして誰もいなくなった」(2011年8月19日 - 21日、作:別役実、演出:血野滉修 / 下北沢駅前劇場
    • 本公演「愛とその他」(2013年5月3日 - 6日、作:加藤一浩、演出:柄本明 / アトリエ乾電池)
    • 本公演「夏の夜の夢」(2013年6月13日 - 16日、8月20日 - 26日、作:W・シェイクスピア、演出:柄本明 / アトリエ乾電池、浅草・雷5656会館)
    • 本公演「夏の夜の夢」(2015年7月31日・8月1日、作:W・シェイクスピア、演出:柄本明 / 沖縄りっかりっかフェスタ)
    • 本公演「授業」(2015年9月1日 - 4日、作:イヨネスコ、演出:柄本明 / アトリエ乾電池)
    • 創立40周年プラス1公演「夏の夜の夢」(2017年4月15日、作:W・シェイクスピア、演出:柄本明 / 明治座
    • 本公演「飛んで孫悟空」(2019年1月11日 - 20日、作:別役実、演出:柄本明 / 下北沢 ザ・スズナリ)
    • 本公演「寿歌」(2019年10月24日 - 27日、作:北村想、演出:柄本明 / アトリエ乾電池)
  • イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー パパと呼ばないで!(2004年7月8日 - 8月8日、作:レイ・クーニー、演出:山田和也 / ル テアトル銀座
  • 私たちがたがいをなにも知らなかった時(作:ペーター ハントケ、演出:山元清多)
  • えっと、おいらは誰だっけ?(2007年1月24日 - 2月8日、作:レイ・クーニー、演出:綾田俊樹 / 青山円形劇場ほか)
  • 劇団、本谷有希子 第13回公演「偏路」(2007年12月14日 - 23日、演出:本谷有希子 / 紀伊國屋ホール
  • ゼブラ(2009年6月9日 - 29日、作・演出:田村孝裕 / シアタークリエ)
  • ネジと紙幣 based on 女殺油地獄(2009年9月17日 - 27日、作・演出:倉持 裕 / 天王洲 銀河劇場
  • 裏切りの街(2010年5月7日 - 6月8日、作・演出:三浦大輔 / PARCO劇場ほか)
  • シダの群れ(2010年9月5日 - 10月11日、作・演出:岩松了 / Bunkamuraシアターコクーンほか)
  • 葛河思潮社 第一回公演「浮標」(2011年1月17日 - 2月13日、作:三好十郎、演出:長塚圭史 / KAAT神奈川芸術劇場ほか)[26]
  • あゝ、荒野(2011年10月29日 - 12月2日、原作:寺山修司、演出:蜷川幸雄 / 彩の国さいたま芸術劇場・青山劇場)
  • ピカレスク・ホテル「男か女か」(2011年12月13日 - 18日、作・演出:中津留章仁 / 赤坂レッドシアター)
  • 南部高速道路(2012年6月4日 - 24日、原作:フリオ・コルタサル、演出:長塚圭史 / シアタートラム
  • 葛河思潮社 第三回公演「冒した者」(2013年9月5日 - 10月12日、演出:長塚圭史 / KAAT神奈川芸術劇場ほか)
  • マクベス Macbeth(2013年12月8日 - 29日、作:W・シェイクスピア、演出:長塚圭史 / Bunkamuraシアターコクーン)
  • 9days Queen ~九日間の女王~(2014年2月26日 - 3月16日 、脚本:青木豪、演出:白井晃 / 赤坂ACTシアター
  • 殺風景(2014年5月3日 - 25日 、作・演出:赤堀雅秋 / Bunkamuraシアターコクーン)
  • シス・カンパニー公演「鼬」(2014年12月1日 - 28日 、演出:長塚圭史 / 世田谷パブリックシアター)
  • 夢の劇 -ドリーム・プレイ-(2016年4月12日 - 30日、演出:白井晃 / KAAT神奈川芸術劇場)
  • ビニールの城(2016年8月6日 - 29日、作:唐十郎、演出:金守珍、監修:蜷川幸雄 / Bunkamuraシアターコクーン)
  • 二兎社公演41「ザ・空気」(2017年1月15日 - 3月20日、演出:永井愛 / 東京芸術劇場 シアターイースト 他全国) - 丹下百代 役[27]
  • 新ロイヤル大衆舎「王将」(2017年4月27日 - 5月14日、作:北条秀司、演出:長塚圭史 / 小劇場 楽園
  • トロイ戦争は起こらない(2017年10月5日 - 22日、演出:栗山民也 / 新国立劇場 中劇場) - カッサンドル[28]
  • そして僕は途方に暮れる(2018年3月6日 - 4月1日、作・演出:三浦大輔 / Bunkamuraシアターコクーン)
  • 「唐版 風の又三郎」(2019年2月8日 - 3月3日、作:唐十郎、演出:金守珍 / Bunkamuraシアターコクーン)- 桃子 役
  • 奇跡の人(2019年4月13日 - 29日、作:ウィリアム・ギブソン、訳:常田景子、演出:森新太郎 / 東京芸術劇場プレイハウス) - ケイト・ケラー 役[29]
  • コムレイドプロデュース「神の子」(2019年12月15日 - 2020年1月26日、作・演出:赤堀雅秋 / 本多劇場ほか全国公演)
  • 新ロイヤル大衆舎×KAAT「王将」(2021年5月15日 - 6月6日、演出:長塚圭史 / KAAT神奈川芸術劇場)
  • Home,I'm Darling~愛しのマイホーム~(2021年10月-11月、演出:白井晃)[30]
  • いきなり本読み! RPG演劇「エンド・オブ・ワールド」(2021年12月22日、作・演出:岩井秀人 / 東京国際フォーラム・ホールC)
  • お勢、断行(2022年5月 - 6月、作・演出:倉持裕 / 世田谷パブリックシアター) - 女中 役
  • ミュージカル 夜の女たち(2022年、演出:長塚圭史)- 主演・大和田房子 役[31]

Vシネマ等

  • メール in the site(2004年8月6日発売、KBS・インターフィルム)
  • 岸和田少年愚連隊 ゴーイングマイウェイ」(2004年8月27日発売、松竹ホームビデオ)
  • CLIMAXドラマ「3軒目の記憶」(2009年7月24日発売、アミューズソフト)- 主演

バラエティ番組

CM

PV出演

Web

  • 江口のりこ インタビュー(2008年11月19日、モッテコ書店)

受賞歴

映画

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2019年インタビューより[7]

出典

  1. ^ a b “第44回日本アカデミー賞は大激戦 「Fukushima50」「罪の声」が最多12受賞”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2021年1月27日). https://eiga.com/news/20210127/1/ 2021年1月27日閲覧。 
  2. ^ a b c d “江口のりこ 高校進学せずバイト生活した過去語る「続いても2カ月、1日で辞めたやつもある」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年1月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/01/22/kiji/20210122s00041000389000c.html 2021年1月25日閲覧。 
  3. ^ a b c d Heroes File vol.62 女優 江口のりこ 芝居で人生楽しくなった”. マイナビ転職. 2021年1月25日閲覧。
  4. ^ シネマスタイル:江口のりこインタビュー”. ドカント. 2005年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2005年12月17日閲覧。
  5. ^ 『半沢直樹』で注目!江口のりこ「成功までの平坦じゃない道のり」”. FRIDAY DIGITAL. 講談社 (2020年8月16日). 2020年8月16日閲覧。
  6. ^ a b “江口のりこ、民放連ドラ初主演 テレ東4月期「ソロ活女子のススメ」放送決定”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2021年3月4日). https://www.cinematoday.jp/news/N0122052 2021年3月5日閲覧。 
  7. ^ a b c 女優・江口のりこインタビュー:GINZA編集部が今会いたい!”. GINZA. マガジンハウス (2019年5月13日). 2021年1月25日閲覧。
  8. ^ a b 『ダウンタウンなう』”. マスカット. フジテレビ (2019年2月15日). 2021年10月30日閲覧。
  9. ^ 「ドラゴン桜」及川光博が学園再建を願う教頭に、早霧せいなと江口のりこも出演”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年3月5日). 2021年3月5日閲覧。
  10. ^ “「海月姫」若村麻由美が蔵之介の実母、江口のりこがインド人に”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2018年2月12日). https://thetv.jp/news/detail/137092/ 2018年2月12日閲覧。 
  11. ^ 『半沢直樹』新キャストに賀来賢人&今田美桜ら 新たな“半沢包囲網”も明らかに”. ORICON NEWS (2020年3月20日). 2020年3月20日閲覧。
  12. ^ SixTONESジェシー、7年ぶり連ドラレギュラーで刑事役に初挑戦 山田涼介と共演”. ORICON NEWS. oricon ME (2020年7月8日). 2020年7月31日閲覧。
  13. ^ “川栄李奈、福地桃子、江口のりこが波瑠主演ドラマ「#リモラブ」に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年9月9日). https://natalie.mu/eiga/news/395577 2020年10月14日閲覧。 
  14. ^ “桐谷健太、永山絢斗、江口のりこ、井之脇海ら、長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』出演へ”. Real Sound (blueprint). (2020年11月27日). https://realsound.jp/movie/2020/11/post-662381.html 2020年12月19日閲覧。 
  15. ^ ソロ活女子のススメ:シーズン2が4月スタート 主演・江口のりこ「まだまだ行く所はあるみたい」 大塚明夫がナレ続投”. まんたんウェブ (2022年1月28日). 2022年1月29日閲覧。
  16. ^ 『ラブコメの掟』×『ソロ活女子のススメ』栗山千明・小関裕太・江口のりこがクロス共演”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年4月22日). 2021年4月22日閲覧。
  17. ^ 江口のりこ、フジ連続ドラマ初主演 “子犬系男子”赤楚衛二から翻弄される【コメントあり】”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年8月18日). 2021年8月18日閲覧。
  18. ^ “今田美桜がドラマ初主演 令和版『悪女(わる)』で江口のりこと初タッグ”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年2月16日). https://news.mynavi.jp/article/20220216-2273278/ 2022年2月16日閲覧。 
  19. ^ “今田美桜主演『悪女(わる)』4.13スタート、ティザーCM初公開”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年3月6日). https://news.mynavi.jp/article/20220306-2285826/ 2022年3月7日閲覧。 
  20. ^ 『ソロ活女子のススメ2』×『先生のおとりよせ』 江口のりこと向井理が互いの作品に出演へ”. リアルサウンド (2022年3月29日). 2022年3月30日閲覧。
  21. ^ SixTONES・ジェシー、配信ドラマで初主演 『キワドい2人』Paraviオリジナルストーリー”. ORICON NEWS. oricon ME (2020年8月26日). 2020年9月11日閲覧。
  22. ^ 松本まりか主演ドラマ「東京、愛だの、恋だの」梶裕貴、一ノ瀬颯、古川雄輝、小関裕太ら出演!”. スクリーンオンライン (2021年8月29日). 2022年5月5日閲覧。
  23. ^ 杉野遥亮と福原遥のW主演作に江口のりこ、江野沢愛美、笠松将、清水尚弥ら”. 映画ナタリー. ナターシャ (2019年8月28日). 2020年3月16日閲覧。
  24. ^ 坂口健太郎×永野芽郁「仮面病棟」の特報公開、高嶋政伸や内田理央も出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2019年11月8日). 2020年3月16日閲覧。
  25. ^ “相葉雅紀、何かを発見し恐怖の表情…息子役にはジャニーズJr.・上原剣心が抜擢”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月29日). https://news.mynavi.jp/article/20220429-2333241/ 2022年4月29日閲覧。 
  26. ^ 第一回公演「浮標」”. 葛河思潮社. 2015年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月5日閲覧。
  27. ^ “テレビ局報道現場の混乱の“空気”描く、二兎社新作に田中哲司&若村麻由美ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年9月1日). https://natalie.mu/stage/news/200249 2020年10月14日閲覧。 
  28. ^ “栗山民也演出「トロイ戦争は起こらない」に鈴木亮平、一路真輝、鈴木杏、谷田歩”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年5月31日). http://natalie.mu/stage/news/234821 2017年9月30日閲覧。 
  29. ^ “高畑充希がサリヴァン、鈴木梨央がヘレン・ケラー 『奇跡の人』来年上演”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年10月29日). https://www.cinra.net/news/20181029-kisekinohito 2020年10月14日閲覧。 
  30. ^ シアタークリエ 『Home,I'mDarling~愛しのマイホーム~』”. 東宝stage. 東宝. 2021年8月31日閲覧。
  31. ^ “長塚圭史の初ミュージカル作品「夜の女たち」出演に江口のりこ・前田敦子ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年3月30日). https://natalie.mu/stage/news/471828 2022年3月30日閲覧。 
  32. ^ “さだまさしさん、江口のりこさん、飯尾和樹さん、林遣都さんを起用 明治プロビオヨーグルトR-1新TVCM「体調一番地」<デビュー篇>が11月26日(木)より全国で公開” (プレスリリース), 株式会社 明治, (2020年11月26日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000098.000015904.html 2021年3月25日閲覧。 
  33. ^ “三井住友カード、新CMとWebドラマ公開!|#三井住友カードのナンバーレス ~人気漫才コンビ・オズワルドが俳優デビュー!青木崇高、石橋静河、江口のりこと共演!~” (プレスリリース), 三井住友カード株式会社, (2021年2月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000032321.html 2021年2月1日閲覧。 
  34. ^ “江口 のりこさんがテレフォンオペレーター役を熱演!「冷凍 日清もちっと生パスタ クリーミーボロネーゼ」の新テレビCMを2021年 3月25日(木)からオンエア” (プレスリリース), 日清食品冷凍株式会社, (2021年3月24日), https://www.nissin.com/jp/news/9474 2021年4月15日閲覧。 
  35. ^ “山田裕貴・川口春奈・広瀬アリスらが新人賞「2022年 エランドール賞」発表<受賞一覧>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年2月3日). https://mdpr.jp/news/detail/2991352 2022年2月3日閲覧。 

外部リンク