真境名ナツキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真境名ナツキ(まじきな なつき、1987年(昭和62年)8月26日- [1][2])は日本の女優タレントニューハーフ[3][4]たけうち亜美らが参加する「カマちゃん倶楽部」[2]のメンバーを経て、2016年8月からスターダストプロモーション所属[5]。同年9月にはトランスジェンダーとしての自身の半生をつづった映画『ハイヒール革命!』が公開された[1][6][5]。本項では第25回レインボー・リール東京正式出品作品[1]であるこの映画についても記述する。

来歴・人物[編集]

1987年8月26日東京都生まれ[1]。幼少時から男子であることに違和感を感じ、性同一性障害として高等学校からは女子として登校する。母親は早くに理解を示してくれたが、家族全体が認めてくれるまでは時間がかかったという[1]。10代の終わり頃に[6]名古屋で睾丸摘出手術を受ける[3]。六本木のバーを経て[1]2015年から2016年7月までニューハーフアイドルグループ「カマちゃん倶楽部」で活動する[1][2]

パートナーとプロデューサーの益田祐美子が知り合いだったことから、映画化の話が出る[1][3]。映画化がきっかけで2016年8月からスターダストプロモーションに所属する[5]。2016年9月、自身のドキュメンタリードラマ映画『ハイヒール革命!』が公開される[5]。真境名は、自分を「感情が顔に出やすいエモーショナルな人」と分析している[3]

著書[編集]

出演[編集]

  • ラジオ出演 - 2016年10月29日深夜「真境名ナツキのオールナイトニッポンR」[7]

ハイヒール革命![編集]

ハイヒール革命![8]
監督 古波津陽[3][4][5][8][注釈 1]
脚本 福島敏朗[8]
製作 益田祐美子、山本ヒカル、中江康人[8]
出演者 真境名ナツキ、濱田龍臣秋月三佳小宮有紗中田裕一西尾まり藤田朋子[8]
配給 新日本映画社[8]
公開 2016年9月17日[5]
上映時間 73分[8]
製作国 日本[8]
テンプレートを表示

概要[編集]

真境名自ら演じるドキュメンタリー部分と、当時16歳の濱田龍臣が演じる再現ドラマ部分で構成される[3][4][5][8]。第25回レインボー・リール東京正式出品作品であり[9]、濱田の女装姿も注目を集めた[3][4][5][8]

配役[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 古波津陽(こはつ よう、1973年[10] - )は日本の映画監督。『築城せよ!』で監督としてデビューし[3]、監督作品に『WAYA! 宇宙一のおせっかい大作戦』や『JUDGE』がある[3][4]。テレビドラマ『お父さんは高校生』の演出も担当している[11][12]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 中嶋 2016.
  2. ^ a b c ハートリンク 2016.
  3. ^ a b c d e f g h i j k 名古屋で映画「ハイヒール革命!」舞台あいさつ 古波津監督ら来名”. 名駅経済新聞. (2016年10月4日) 2016年12月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g “性の壁”乗り越えた女性・真境名ナツキの人生描く「ハイヒール革命!」公開”. コミックナタリー. (2016年6月7日) 2016年12月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 濱田龍臣の女装姿に歓声 制服姿を共演者も絶賛「女の子そのもの」”. ORICON STYLE.(2016年9月17日) 2016年12月4日閲覧。
  6. ^ a b c d 佐藤 2016.
  7. ^ 話題のニューハーフタレント「真境名ナツキ」がオールナイトニッポンRに登場!”. (2016年10月20日) 2016年12月4日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q ハイヒール革命! 劇場公開日 2016年9月17日”. 映画.com. 2016年12月4日閲覧。
  9. ^ 中嶋真希. (2016年7月4日)“レインボー・リール東京 レズビアン&ゲイ映画祭が改名 楽しみ方は”. 毎日新聞. 2016年12月4日閲覧。
  10. ^ 古波津陽”. 映画.com. 2016年12月4日閲覧。
  11. ^ ドキュメンタリードラマ「お父さんは高校生」の再々放送が決定! NHK BSプレミアムで3月7日に放送”. ニュースリリース. Aoi Pro.(2015年3月4日) 2016年12月4日閲覧。
  12. ^ お父さんは高校生(新聞ラテ欄表記…ドラマ・父は高校生 夜間高校に通う50歳父と若い同級生との友情 不登校の娘の選択は…実際にあった感動物語)”. テレビドラマデータベース. 2016年12月4日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]