コンテンツにスキップ

橘花怜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たちばな かれん
橘 花怜
プロフィール
本名 非公表
愛称 かれんくん
生年月日 2003年10月21日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本 宮城県
血液型 B型
公称サイズ(時期不明)
身長 163.5 cm
所属グループ SCK GIRLS(2012年 - 2015年)
いぎなり東北産2015年 - )
活動期間 2012年 -
事務所 スターダストプロモーション仙台営業所
主な出演作 ニッポン放送「いぎなり東北産・橘花怜のスタプラアイドルラジオ」
アイドル: テンプレート - カテゴリ

橘 花怜(たちばな かれん、2003年10月21日 - )は、日本タレントアイドルであり、女性アイドルグループいぎなり東北産のメンバーでリーダー。宮城県出身[1]スターダストプロモーション仙台営業所所属。

ローカルアイドルグループの「SCK GIRLS」の元メンバー。

人物[編集]

  • キャッチコピーは「笑顔の王様」[2]
  • 座右の銘は「何気なく過ごした今日は、昨日誰かが死ぬほど生きたかった明日だ。」
  • 東北のおすすめは、猊鼻渓舟下り。WEB『月刊まっぷる』の「仙台推しガイド」(2023年3月号[3])では仙台の魅力を紹介している。
  • 憧れの人はももいろクローバーZ佐々木彩夏[4]
  • ニックネームは「かれんくん」[5]。担当マネージャーが直感で付けたものであり、由来は特にない。
  • 両親と妹の4人家族。2歳下の妹は元SCK GIRLSのメンバー「きょうか」で現在は一般人。誕生日が10月21日で同じ。「ニャーム」という名前のを飼っている[6]
  • 自身の手相を調べてみたところ「イチロー線」という海外に行くと成功すると言われる線が出ており、家族全員にも「イチロー線」が出ていたという[7]
  • 趣味は食品サンプル眺め[8] [9]、アニメ鑑賞、キャラクターソングを歌う[1]
  • 食品サンプルに心を奪われたのは小学生の時で、レストランにずらっと並ぶ食品サンプルを見て「こんなにリアルなものを人の手で作り出すことができるのか! 可能性って無限大だなあ!」と感動した[10]
  • 食品サンプルを自分で作ることもある[11][12]。2023年4月から毎月第4週メインMCを務めるテレ朝動画logirlの番組「川上アキラのひとりふんどしGirl」にて「食品サンプル職人への道!」と題し、食品サンプルを作成して地元・仙台の店に置いてもらうことを目指す企画にチャレンジしている。食品サンプル作りに関しては、「作り始めると夢中になり過ぎて止まらなくなってしまうので『気づいたら18時間くらいたってた!』(なので時間がある時に作っています)」というほど没頭することがある[13]
  • ABSラジオ タマリバのレギュラーコーナー「いぎなり秋田でラジオっこ!」の企画でも秋田県能代市にてフェイクスイーツを制作している[14]
  • 特技は、フラフープしながら生活出来る、歌、民謡、イラスト[1]
  • イラストを描くことが好きで、ブログに頻繁に自作のイラストを掲載している。ガンダムなどのアニメ鑑賞も好き[15]
  • SCK GIRLS」のメンバーやスタッフとは今でも交流がある[16]
  • いぎなり東北産が出演している阿部勝自動車(アベカツ)のCMで かれん社長 役を務めることがある。
  • 花粉症である[17]
  • 好きな食べ物はサーティワンの「ポッピングシャワー」と「スノーマンゴー(販売終了)」[18]。* 某通販番組のパロディ「ショボネットたちばな」というキャラクターがある[19]
  • プロ野球 東北楽天ゴールデンイーグルスの選手では島内宏明を特に推している[20]

いぎなり東北産として[編集]

  • 人の良いところを見つけるのが得意ないぎなり東北産のリーダー[21][22][23]
  • 言われてうれしい一言「東北産いいグループだね!」
  • 公式ファンクラブ「いぎなり東北ファン倶楽部」でメンバーコンテンツ「かれんくんと健康になろうの会」を更新している。
  • いぎなり東北産でのメンバーカラーはピンク。2017年4月に水色から変更された[24]
  • ライブでの心構えについて「いつも魂を込めてライブをしてます。“気持ちを伝える”ことを一番に大事にしているんです。歌詞に込められた思いを、歌やダンスを通じてみんなに伝えようって常に心がけてます」と語っている[25]
  • 歌詞が心を打つ楽曲の一つは『Symphony』(2022年発売の2ndミニアルバム「いぎなりメジャーデビュー」収録)[26]
  • 武道館という目標について「目標を公言する時に感じた言葉の重み。たくさんの応援メッセージから感じた言葉の重み。その重さが、自分を支えてくれていて、みんなで武道館の景色を見に行きたいと強く思いました!今しかできないことを、悔いの残らないように全力で、みんなで頑張っていきたいと思います!」と決意を語った[27]。また、2021年を振り返り「武道館という目標を掲げてから、本当にたくさんの人に支えていただいてきました。」「自分たちが目標に向かって進むって時に、応援してくれる人がこんなにいるんだって気づいて、それが本当に心強かったです。」と感謝した[28]
  • 律月ひかるとのユニット楽曲『ぱんださん』(いぎなり東北産3rdアルバム「東北産万博」収録)では、独自のアイドル世界観を表現する律月に対して王道アイドルを表現している。
  • いぎなり東北産のメンバーを見ていて「今まで、才能って生まれつきの能力かと思ってたけど、その人がどんな人に出会って、どんな環境下で生きてきたかとか、努力と気づかずにしてきた努力によって培われたものなんじゃないかな」と思うことがある[29]
  • アイドル活動をする上で「何気ない時間をキラキラさせてくれる(いぎなり東北産の)メンバーは、私にとってかけがえのない存在ですね。このメンバーで大きな夢を叶えたいというのが、私がアイドルを続けている理由な気がします。」と答えている[30]
  • いぎなり東北産の活動について「私たちが頑張ることによって、きっと被災地からでも夢を見ていいんだって思って、夢を与えられるような存在になれたらいいな」と語っている[31]

経歴・エピソード[編集]

2011年(平成23年)小学1年生の3月に東日本大震災で被災。避難所生活でみんなが苦しそう辛そうにしているのをみて橘自身もすごく悲しくなり、そこから「私がみんなを笑顔にしたい」と思うようになった。

震災の経験を経て「これ以上苦しんで、笑えなくなる人が増えてほしくない。生まれたからには笑っていたいし、みんなにも笑顔でいてほしい。」「どうしてもみんなのために何かしたい」という思いを持つ[32]

震災後のある日、復興イベントへ遊びに行った際にSCK GIRLSと出会う。SCK GIRLSは、メンバー全員が震災を経験した地元の女の子たちで、被災地に笑顔を取り戻すためにボランティア活動をしているアイドルグループである。そのライブでメンバーやお客さんが楽しそうにする姿を見て「私がずっとやりたかったことが 今、目の前で起こっていることに、すごくすごく胸が熱くなった」と感動。その後すぐにレッスンを見学してSCK GIRLSへ加入した[32]

アイドルになるのを決めたきっかけの一つは、アイドル好きだった母の「かれんがアイドルになってくれたらうれしいな」という言葉であった[33]

2012年(平成24年)11月25日 国際医療福祉専門学校一関校「ふれあい交流会(学園祭)」で初ステージ。

SCK GIRLSでの活動について「自分の歌やダンス、言葉で笑顔になってくれる人がいることに、胸がいっぱいになったことをよく覚えています。」と振り返った[32]

当時のSCK GIRLS代表から大きな影響を受け、大きな夢を描けるようになったという。SCK GIRLSを卒業した後も、勝負の時は「行ってきます、頑張ってくるので見ててください」と形見のネクタイに声をかけている[34]

2013年(平成25年)3月9日 NHK放送センター前特設ステージ「イイね!東北の食ご当地弁当バトル」NHKラジオ第1 公開生放送にて東京初お披露目。一帯が騒然とし、瞬く間にファンが押し寄せる事態に[35]

2015年(平成27年)3月22日 宮城県女川町で開催された「復幸祭〜いざ出航!新生元年〜」のステージにももいろクローバーZが出演。そのステージを観覧して客席で踊っていたところ、スターダストプロモーションにスカウトされた[33]

スターダストプロモーション所属にあたっての歌唱テストではももいろクローバーZ佐々木彩夏の「だってあーりんなんだもーん」を歌った。

2015年(平成27年)7月31日 Official BlogにてSCK GIRLSの卒業、及びスターダストプロモーション仙台営業所への移籍を発表[36]

2015年(平成27年)9月27日 気仙沼復興商店街 南町紫市場「SCKGIRLS~かれん卒業ライブ~」にてSCK GIRLSを卒業。

2015年(平成27年)10月24日 仙台駅前EBeanS 10F 屋上特設会場「STARDUST SECTION3営業所祭り~せんだい萩のまい~」よりいぎなり東北産に加入。同時にユニット名が「二代目いぎなり東北産」に改名。

2016年(平成28年)7月3日 八木山ベニーランドで行われた単独イベント「私をベニーに連れてって」にてサプライズでリーダーに任命される。リーダーに就任するにあたり本屋でリーダー論の本を買い漁った[37]

2018年(平成30年)10月21日 橘花怜 生誕祭「橘わっしょい!」(@秋田LIVE SPOT 2000)開催[38]

2020年(令和2年)1月19日 「ミューコミプラス」 presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、シンデレラが決まる〜に出演。シンデレラ宣言をしてシンデレラ決定戦に臨むも敗れる[39]

2021年(令和3年)5月24日 Instagramの個人アカウント[40]を開設。

2021年(令和3年)9月6日 自身のInstagramにてシンデレラ宣言[41]

2021年(令和3年)10月16日 日立システムズホール仙台 シアターホールにて「橘花怜 生誕祭 〜かれんくんと福幸祭〜」を開催[42]

2021年(令和3年)10月30日 横浜アリーナで開催された「『ミューコミVR』 presents スタプラアイドルフェスティバル〜今宵、2人目のシンデレラが決まる〜」にて、投票により2人目のシンデレラに選出。シンデレラに決まった瞬間、橘は嬉しさのあまり泣き崩れ、いぎなり東北産メンバーらに支えられながら立ち上がり、メンバーと喜びを分かち合った。橘がシンデレラとしてステージに登場すると、観客のサイリウムは橘のメンバーカラーであるピンク一色に染まり、その中でいぎなり東北産の楽曲「天下一品〜みちのく革命〜」を一人で歌い上げた[43][44]。特攻服風衣装に刻まれた天下一品の歌詞「一生懸命 やれること 信じていれば いつの日か いつの日か 願いが奇跡に変わる」を体現、シンデレラ宣言の有言実行を果たしたのであった。歌唱直後には憧れの佐々木彩夏ももいろクローバーZ)がセンターステージから戻ってきた橘を抱きしめ[45]、エンディングではいぎなり東北産メンバーが涙ながらに橘を囲んで褒め称え、星名美怜私立恵比寿中学)、大黒柚姫TEAM SHACHI)らを号泣させた。

2022年(令和4年)4月30日 深夜(5月1日未明) ニッポン放送いぎなり東北産・橘花怜のオールナイトニッポン0(ZERO)」が放送。

2022年(令和4年)7月18日 仙台うみの杜水族館とのコラボレーションで、イルカのコーラルちゃんとのイルカショーに出演、イルカジャンプなどを披露した[29]

2022年(令和4年)10月1日 ニッポン放送でレギュラー冠番組「いぎなり東北産・橘花怜のスタプラアイドルラジオ」(毎週土曜21:20-)が放送開始。

2023年(令和5年)4月24日 テレ朝動画logirlのバラエティ番組「川上アキラのひとりふんどしGirl」(月曜19:00-)に第4週メインMC「食品サンプル職人への道!」として出演開始。

2023年(令和5年)10月21日 20歳の誕生日に仙台PITにて「橘花怜生誕祭〜かれんくんとズッ友祭︕♡〜」を開催。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • ニッポン放送「ニッポン放送 ホリデースペシャル ミューコミVR〜スタプラアイドルフェスラジオ〜」(2021年11月3日) - 2人目のシンデレラとして出演[50]
  • ニッポン放送「ミューコミVR」(2021年11月7日 2022年4月3日)
  • NHKラジオ第1放送中山秀征のクイズイマジネーター」(2021年11月18日)
  • ニッポン放送「いぎなり東北産・橘花怜のオールナイトニッポン0(ZERO)」(2022年4月30日深夜)[51]
  • ニッポン放送「いぎなり東北産・橘花怜のスタプラアイドルラジオ」(2022年10月1日 - 2023年3月25日、毎週土曜21:20-21:30) - レギュラー冠番組[52]
  • JFN13局ネット(TOKYO FM系列)「クリエイターズ・スタジオ with ボカコレ」(2023年4月6日)[53]
  • ニッポン放送「ももいろクローバーZ 第7回ももいろ歌合戦〜ラジオで生中継〜」(2023年12月31日) - MC

舞台[編集]

  • 劇団ズッキュン娘「ハリケーン・マリア」(2021年1月20日〜24日) - リー・メイリン役[54]

イベント[編集]

雑誌[編集]

ネット配信[編集]

  • スタプラローカリズム vol.2 〜ニコSハイパー運動会〜(2020年12月6日、ニコニコ生放送) - MVPを獲得[59]
  • 柚姫の部屋(2020年8月10日 12月7日 2021年1月18日 6月7日 2023年1月9-10日 10月30日、YouTube) - 「今週の橘花怜」というレギュラーコーナーがある
    • 2023年1月9-10日の16時間生配信「柚姫の部屋 新春SP 2023」にも出演
  • NMB48 小嶋花梨のリーダー論(2022年3月7日、SHOWROOM) - 第9回目のゲスト
  • 東北電力ネットワーク「でんきのSOS」早わかりムービー(2022年)[60]
  • CanCamRoom(2022年9月29日、SHOWROOM) - CanCamモデルの菜波がMC[61]
  • DJ Tomoaki's Radio Show!(2021年12月2日 2024年5月16日 ほか、下北FM) - アシスタントMCとして不定期出演
  • やかんとアイドル(2023年5月1-5日、YouTube)[62]
  • 川上アキラのひとりふんどしGirl(2023年4月24日 - 、テレ朝動画logirl、月曜19:00-20:00) - 第4週メインMC「食品サンプル職人への道!」[63]
    • 川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし(2023年2月20日、テレ朝動画logirl)にも出演

脚注[編集]

  1. ^ a b c STARDUST -スターダストプロモーション-橘花怜のプロフィール”. 2023年11月4日閲覧。
  2. ^ PROFILE | いぎなり東北産 公式サイト
  3. ^ WEB月刊まっぷる 2023年3月号
  4. ^ あーりんおめでとう!!☆橘花怜 | スターダストプロモーション地方営業所所属タレント オフィシャルブログ
  5. ^ いぎなり東北産・橘花怜 今日ミニアルバム「武道館リハ」発売です”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年3月5日). 2022年3月6日閲覧。
  6. ^ 橘花怜の変化。橘花怜”. 2018年2月6日閲覧。
  7. ^ いぎなり東北産・橘花怜 カナダかフランスに行ってみたい”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年10月1日). 2022年12月18日閲覧。
  8. ^ あなたの街まで参りまーす♪橘 花怜”. 2017年1月17日閲覧。
  9. ^ 伝える。橘花怜”. 2017年11月20日閲覧。
  10. ^ いぎなり東北産・橘花怜の「推し活」は「食品サンプル」食べ物の一番いとおしい瞬間が永久に”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2024年2月3日). 2024年3月20日閲覧。
  11. ^ 「いぎなり東北産」橘花怜、楽天始球式発表「今からドキドキ」”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年6月12日). 2021年6月15日閲覧。
  12. ^ いぎなり東北産・橘花怜 るんちゃんにマイナスイオンを感じる”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年5月14日). 2022年8月13日閲覧。
  13. ^ いぎなり東北産・橘花怜「最近はお散歩にはまっています。桜を見に行くことが多いです」”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2023年4月1日). 2023年7月16日閲覧。
  14. ^ @tamariba10 (2024年5月31日). "「マルヒコビルヂング」で本物そっくりのスイーツづくり!ありがとうございました". X(旧Twitter)より2024年6月10日閲覧
  15. ^ いぎなり東北産・橘花怜 スマホでアニメ鑑賞、ガンダム面白くて…沼!”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年12月3日). 2022年12月18日閲覧。
  16. ^ 温もりに包まれて。橘花怜”. 2018年2月12日閲覧。
  17. ^ 橘花怜の敵。橘花怜”. 2018年4月11日閲覧。
  18. ^ ベニーベニーハッピー!橘花怜”. 2017年11月2日閲覧。
  19. ^ 【いぎなり東北産】橘花怜さんのシンデレラストーリー【トーク後編】 - YouTube
  20. ^ いぎなり東北産・橘花怜「8番ピッチャー」推しの楽天島内選手と同じがいいけど…4番は荷が重い”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2023年6月10日). 2023年7月16日閲覧。
  21. ^ いぎなり東北産・橘花怜 「全国絶対に負けないツアー」がいよいよファイナル”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2023年5月20日). 2023年7月16日閲覧。
  22. ^ いぎなり東北産・橘花怜 2023年は人生で1番頑張る、1番楽しい年にする”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2023年1月28日). 2023年7月16日閲覧。
  23. ^ いぎなり東北産・橘花怜 春ツアー最終公演で新曲お披露目 アルバムもすごいことになっています!”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2024年4月6日). 2024年4月14日閲覧。
  24. ^ ピンクでセンター☆橘花怜 | スターダストプロモーション地方営業所所属タレント オフィシャルブログ
  25. ^ "いぎなり東北産 特集|東北発"今最も対バンしたくないアイドル"の魅力を徹底解説". 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 8 August 2023. 2023年12月2日閲覧
  26. ^ いぎなり東北産・橘花怜 近づいてきた「東京ワンマンライブ」皆さんと一致団結したい!”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2024年6月8日). 2024年6月10日閲覧。
  27. ^ いぎなり東北産・橘花怜、目指すは武道館「ゴールじゃなくてスタートに」”. 日刊スポーツ (2021年8月28日). 2021年8月29日閲覧。
  28. ^ いぎなり東北産・橘花怜 2022年は勝負の年に、1歩ずつ歩いていきます”. 日刊スポーツ (2022年1月1日). 2022年1月1日閲覧。
  29. ^ a b "いぎなり東北産・橘花怜 スポーツの秋!個人的にいぎなり東北産で野球をするのがひそかな夢". 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社. 28 October 2023. 2023年11月4日閲覧
  30. ^ "いぎなり東北産「東北産万博」特集 リーダー橘花怜インタビュー&メンバー手書きメッセージ". 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 12 April 2024. 2024年4月14日閲覧
  31. ^ "東日本大震災 いぎなり東北産 橘花怜さんが語る"あの日"". みんなの3.11プロジェクト. NHK仙台放送局. 11 September 2023. 2024年1月14日閲覧
  32. ^ a b c 10年前の今日、何をしていましたか? ~ 東日本大震災10年特集 音楽ナタリー編”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年3月11日). 2021年3月15日閲覧。
  33. ^ a b いぎなり東北産・橘花怜 アイドル9年目18歳全力で頑張ります”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年10月30日). 2021年10月30日閲覧。
  34. ^ いぎなり東北産・橘花怜 気仙沼のアイドルグループ代表に「夢を持たせてもらった」”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年7月30日). 2022年8月13日閲覧。
  35. ^ イイね!東北の食 ご当地弁当バトル|NHKラジオ第1” (2013年4月23日). 2013年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月1日閲覧。
  36. ^ SCKGIRLS かれん卒業のお知らせ” (2015年7月31日). 2017年1月17日閲覧。
  37. ^ 【いぎなり東北産】橘花怜さんのリーダー論【トーク前編】 - YouTube
  38. ^ あーりんになれた15の夜。橘花怜 | いぎなり東北産オフィシャルブログ
  39. ^ 輝き方。橘花怜”. いぎなり東北産オフィシャルブログ (2020年1月20日). 2021年11月3日閲覧。
  40. ^ 橘花怜 (@tachibana_karen_official) - Instagram
  41. ^ @tachibana_karen_official (2021年9月6日). "橘花怜、シンデレラになります!". Instagramより2021年11月3日閲覧
  42. ^ @madeintohoku (2021年9月1日). "《橘花怜 生誕祭 〜かれんくんと福幸祭〜》". X(旧Twitter)より2021年9月1日閲覧
  43. ^ スタプラフェス2021 橘花怜 - YouTube
  44. ^ 2代目シンデレラは“いぎなり東北産”・橘花怜! スタプラアイドルフェスに横浜アリーナが大熱狂!”. ニッポン放送 NEWS ONLINE (2021年10月30日). 2021年11月1日閲覧。
  45. ^ 願いが奇跡に変わる。橘花怜”. いぎなり東北産オフィシャルブログ (2021年11月1日). 2021年11月3日閲覧。
  46. ^ フジテレビ『坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT「彩高ヒットスタジオ DELUXE」』” (2018年6月7日). 2018年6月7日閲覧。
  47. ^ あーりん♡橘花怜 | いぎなり東北産オフィシャルブログ
  48. ^ いぎなり東北産 橘花怜、<スタプラアイドルフェスティバル>2代目シンデレラご褒美特番『かれんと可憐なシンデレラレッスン』放送決定!”. Pop'n'Roll. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2022年2月22日). 2022年2月23日閲覧。
  49. ^ @nhk_morioka (2022年6月15日). "#いぎなり東北産 #橘花怜 さんが 三陸の名峰・五葉山を登ります!". X(旧Twitter)より2022年8月13日閲覧
  50. ^ スタプラフェス のシンデレラ・ #いぎなり東北産 橘花怜ちゃんのインタビュー完全版、こちらで流します! #一翔剣 #ミューコミVR - YouTube
  51. ^ いぎなり東北産 橘花怜、『オールナイトニッポン0(ZERO)』出演決定!「一緒に夜更かししましょう!♡」”. Pop'n'Roll. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2022年4月22日). 2022年4月23日閲覧。
  52. ^ スタプラアイドルラジオ【公式】 (@staplaidolradio) - X(旧Twitter)
  53. ^ クリエイターズ・スタジオ with ボカコレ【木曜日】|ゲスト:「いぎなり東北産」から橘花怜さん!|AuDee(オーディー)
  54. ^ 劇団ズッキュン娘 第15回本公演「ハリケーン・マリア」上演決定!!” (2020年1月24日). 2020年1月24日閲覧。
  55. ^ “「東京アイドルフェスティバル2016」レポ【特別編】独断と偏見のMVP&美少女ベスト3”. 週プレNews (集英社). (2016年8月18日). https://www.excite.co.jp/news/article/Shueishapn_20160818_70243/ 2017年1月17日閲覧。 
  56. ^ 夏S 2018 ももクロトリビュート~みんなで10周年をお祝いしちゃうぞ!~” (2018年7月28日). 2018年7月28日閲覧。
  57. ^ 「おもカワ~アイドル大喜利タッグトーナメント~」マツリー杯 | マツリー
  58. ^ 楽遊IDOL PASSvol.7掲載アイドル情報”. 2018年3月25日閲覧。
  59. ^ "TEAM SHACHI&ばっしょーと東北産が本気でぶつかり合った運動会、MVPの橘花怜「地方っていいな」". 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 8 December 2020. 2023年12月2日閲覧
  60. ^ 電気のトラブルサポートサービス「でんきのSOS」【サービス内容・ドラマどちらもご覧になりたい方はこちら!】 - YouTube
  61. ^ @SHOWROOM_jp (2022年9月26日). "CanCamモデルの #菜波 がMCを務めるCanCamRoom". X(旧Twitter)より2022年12月18日閲覧
  62. ^ 『やかんとアイドル』 笑顔を届けます!橘花怜 #1 - YouTube
  63. ^ テレ朝動画「ひとりふんどし」がリニューアル!スタプラアイドルがそれぞれの“道”を極める”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2023年4月17日). 2023年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]