玉井詩織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たまい しおり
玉井 詩織
生年月日 (1995-06-04) 1995年6月4日(27歳)
出生地 日本の旗 日本鹿児島県種子島
身長 160cm[1]
血液型 A型
職業 歌手タレント女優
活動期間 2005年 -
事務所 スターダストプロモーション
主な作品

映画『幕が上がる

備考

ももいろクローバーZのメンバー
玉井詩織
百田夏菜子
佐々木彩夏
高城れに

テンプレートを表示

玉井 詩織(たまい しおり、1995年6月4日 - )は日本歌手タレントももいろクローバーZのメンバーで、イメージカラーは黄色

神奈川県出身で、県の選定により東京オリンピックの聖火ランナーを務めた[2]。出生地は鹿児島県種子島である[注釈 1]

2018年NHKの連続ドラマ『女子的生活』にメインキャストで出演。2019年には、自らがMCおよび演者を務めるレギュラー音楽番組『しおこうじ玉井詩織×坂崎幸之助のお台場フォーク村NEXT』が放送開始となった。

人物像[編集]

機転が利き、様々な仕事を器用に遂行するため、グループのマネージメントを行う川上アキラからは「潜在能力があり、天才肌」と評されている[3]。中学生の時には百人一首大会で2年連続で学年1位[4]、高校生の時には描いた絵がNHKハート展に展示されたというエピソードもある[5]

あまり自分を表に出さず、周囲を立てようとする傾向があり、所属するももいろクローバーZにおいてはスーパーサブ(優秀な控え選手)と称される[4]。同グループのメンバーである高城れには玉井について、「何かの物事や他人に対しては器用だが、自身のことになると不器用になってしまう」と述べている[4]

100ページに渡る人物特集を掲載した『Quick Japan(Vol. 114)』において編集長は、「とにかく、ひとことでは表現できない。“未完の大器”かと言われたら、けっして未完ではないし、“自由奔放”かと言ったら、自由だけど、奔放ではないし……」と評した。

同書において、精神科医の斎藤環筑波大学教授)による鑑定が行われ、エゴグラムにおいてFC(自由な子供)の要素が最も高く、NP(保護的な親の心)やCP(厳格な親の心)も同様に高いという珍しい結果となった[4]。「野生児のように自由でありながら、他人に優しく思いやりがあり、頼りにされるところもある」「人情と遊び心の二つが人生の基軸になっている」と解釈された。

「ももクロの若大将」として[編集]

生まれもつ超人的な能力で活躍したプロレスラー・ジャンボ鶴田の愛称になぞらえ、マネージャーが「ももクロの若大将」と命名[6]。事後承諾で、元祖“若大将”の加山雄三からお墨付きをもらい、話題となった[7]。加山同様に釣り好きであり、アジタイマグロなどのをさばくことが出来る[8]

そして食べることが好きであり[9]、かつて番組の企画でわんこそば93杯を平らげ、『第54回わんこそば全日本大会』にも出場した(ただし、出番直前に控室に置かれていたご当地ハンバーガーに手をつけてしまい、結果は62杯に終わった)[10]ファミリーマートと『しおりんのまんぷく弁当』を共同開発したり[11]、老舗洋食レストラン・五島軒のカレーセットをプロデュースしたこともある。

経歴・エピソード[編集]

名前の由来はサザンオールスターズの『栞のテーマ』であり[注釈 2]、字画が考慮され「詩織」となった[13]。兄が1人いる[14]

幼少期には10年間英会話を習っており、その後もリスニング能力は維持している[13]。一番好きで身についた習いごとは1、2年習っていた器械体操としており、後のキャリアにも活かされることとなる[14]

2005年(小学4年生の時)、スターダストプロモーション(現在の事務所)にスカウトされ芸能界に入る[14]

「ももクロ」結成〜[編集]

2008年3月、ももいろクローバー(後のももいろクローバーZ)の立ち上げ時にメンバーとなった[14]。同時期には、同じ事務所のダンスユニット「piecees」にも所属していた[注釈 3]

当時のキャッチフレーズは「泣き虫で甘えん坊な、みんなの妹」だったが[16]、2015年に成人を機に「ももクロの若大将」というキャッチフレーズへの変更がなされた[17]

元祖「若大将」の加山雄三からは、玉井のイメージカラーである黄色にペイントされたモズライト・ギターを贈呈されている[18]。『加山雄三55周年記念 “ゴー!ゴー!若大将FESTIVAL”』にグループとして参加した際には、ギター演奏で共演。その際、加山から「サザンオールスターズ桑田佳祐にも同じギターの真っ白なやつをプレゼントした」と伝えられ、プレッシャーからピックを落とすハプニングがあったものの、その後はミスなく演奏しきった[19]

全国ドームツアー(DOME TREK 2016)では、ピアノ演奏を初披露。当初は前奏だけの予定だったが、2曲をフルで弾ききった。

この時期にはイベントにMC(司会)として起用されるケースが目立ち、『GIRLS' FACTORY』や『スカパー!音楽祭』でその役目を果たした[20][21]

2015年、ももいろクローバーZ主演の青春映画『幕が上がる』においては、原作者で劇作家の平田オリザが、玉井の演技を最も高く評価した。「玉井さんは華がある。それは教えて身に付くものではないんです。目力も強くて、ぼんやりしてたかと思えば役に入ると視線が違う[22]」と評した(第40回報知映画賞では、メンバー全員の演技が認められ特別賞が贈られた)。

2016年には、オムニバス映画『Anniversary アニバーサリー』で主演を務め、香取慎吾(SMAP)主演の単発ドラマにも起用された。

グループの中では百田夏菜子と親密な仲であることから、「ももたまい」というユニットを組んでおり、2人が結婚するという設定で『ももたまい婚』というタイトルのコンサートを同年に行っている[23]

「ももクロ」結成10周年〜[編集]

2018年には、NHKの連続ドラマ『女子的生活』にメインキャストで出演。また、アクロバットミュージカル「サムライ・ロック・オーケストラ」のキャストに抜擢され、ツアー最終日には補助無しでのバク転を成功させた[24]

ももいろクローバーZのレギュラー音楽番組『坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT』を2019年にソロワークとして引き継ぎ、『しおこうじ玉井詩織×坂崎幸之助のお台場フォーク村NEXT』が放送開始。歌や演奏を披露しつつ、MC(司会)としてゲストを迎える(不定期で、ももいろクローバーZの他のメンバーも登場)。

同年夏に大山阿夫利神社で開催されたイベント『神話を奏でる 大山一夜祭』には主役として出演し、生演奏に合わせた朗読を披露した。

2021年には、プロ野球開幕戦「西武 対 オリックス」の始球式を担当。グループ内では佐々木彩夏高城れにと同じ神奈川県の出身であり、県の選定で東京オリンピックの聖火リレーのランナーに三人一組で選ばれた[2]。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公道走行が中止となり、神奈川県最終日の点火セレモニーに参加した[25]

同年には、メインキャストとして出演し、自身初となる男性役を演じた映画『都会のトム&ソーヤ』が公開された。また、ももいろクローバーZのメンバーとして唯一「バラエティ出演数ランキング(女性タレント)」に名を連ねるほどにテレビ出演が増加[26]。翌2022年には、『世界ふしぎ発見! 観光魅力度No. 1! 玉井詩織と行く日本が誇る国立公園』といったゴールデン番組も放送された[27]

自身が座長を務める『第2回 ももクロ一座 特別公演 大江戸ミュージカル「CHANGE THE FUTURE!~未来を変えろ~」』が、東京・明治座で2023年末に上演予定となっている[28]

ソロ出演[編集]

テレビ[編集]

バラエティ[編集]

※レギュラー番組、不定期出演の番組、特別な役割をもって出演した番組のみ

  • 世界ふしぎ発見!(2014年6月28日・11月1日・2015年2月28日・9月5日・11月7日・2016年8月6日・2019年11月23日・2021年2月13日・7月24日・9月18日・12月18日・2022年2月5日・6月14日、TBSテレビ) - 2回目の出演時に、全回答者で唯一の全問正解を達成。2022年にはミステリーハンターとして2回出演[29]
  • スポーツLIFE HERO'S PLUS『世界空手2016オーストリア』(2016年11月6日深夜、フジテレビ) - スペシャルナビゲーター
  • 沸騰ワード10(2019年5月10日・2020年10月2日・2021年6月11日・7月9日・7月23日・10月8日・2022年3月11日、日本テレビ)
  • ママプルパパプル(2019年7月6日 - 9月28日、日本テレビ) - レギュラー・ナレーター
  • しおこうじ 玉井詩織×坂崎幸之助のお台場フォーク村NEXT(2019年7月18日 - 、フジテレビNEXT)- レギュラーMC
  • 長崎くんち2019(2019年10月7日、NHK Eテレ) - 解説者
  • くりぃむクイズ ミラクル9(2021年1月20日・8月18日・11月3日・2022年6月12日、テレビ朝日)
  • 今夜の旅はドラマチック(2021年3月7日、NHK BS4K) - ナレーター
  • デカ盛りハンター(2021年3月12日・4月2日・5月25日、テレビ東京)
  • 超速シッポとりバトル!モノノケハント(2021年3月29日、フジテレビ) - プレーヤーとして出場し18人中2位
  • クイズハッカー(2021年5月21日深夜・5月28日深夜・6月4日深夜、日本テレビ)
  • 潜在能力テスト(2021年7月27日・2022年8月2日、フジテレビ)
  • リモートシェフ(2021年10月24日、BSフジ) - クッカー
  • ラヴィット(2022年1月21日・5月6日・6月22日・7月1日、TBSテレビ)
  • ニンゲン観察バラエティ モニタリング(2022年5月5日・12日・26日・6月9日・8月11・25日、TBSテレビ) 
  • ぐるぐるナインティナイン(2022年3月3日、フジテレビ) - コスプレーヤー

ドラマ[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 東京03主宰『FROLIC A HOLIC』(2018年)
  • サムライ・ロック・オーケストラ『マッスルファンタジー オズの魔法使い』(2018 - 2019年)
  • 漫画みたいにいかない 第2巻(2019年)

イベントMC[編集]

その他[編集]

  • 矢井田瞳I Love You の 形』ミュージック・ビデオ(2007年)
  • コラボ商品『しおりんのまんぷく弁当』(2013年・期間限定、ファミリーマート
  • 新聞記事『幕が上がる』玉井詩織インタビュー(2015年2月23日、新潟日報
  • 新聞コラム「かぞくの肖像」(2015年4月9日、朝日新聞 夕刊)
  • 神奈川県・逗子警察署 一日警察署長(2017年4月13日)
  • イベント『Cloud Days 2017 × 日経エンタテインメント!』
  • 京都府警察 一日生活安全部長(2017年2月10日)
  • 東京都・千住警察署 一日警察署長(2017年10月14日)
  • イベント『杉並区立児童青少年センター すぎなみ安全・安心セッション』(2017年)
  • 富山県・黒部消防署 一日消防署長(2018年11月9日)
  • 九州国立博物館『特別展 室町将軍』オフィシャルサポーター(2019年)
  • 神奈川県マグカル推進事業『神話を奏でる 大山一夜祭』(2019年)
  • 新聞コラム「K-Person」(2018年7月21日、神奈川新聞
  • 新聞記事「種子島生まれの『ももクロ』玉井詩織 来月、桜島『ヘス』に初出演」(2019年9月15日、南日本新聞
  • ネット配信番組(17LIVE)『カジサックよ、君はUFOをみたか?』(2020年)
  • ネット配信番組『BANDAI×BN Pictures Festival』(2020年)
  • プロ野球開幕戦「西武 対 オリックス」始球式(2021年)
  • 東京都・蒲田警察署 一日警察署長(2021年3月28日)
  • テレビ朝日イベント『光と星のメタバース六本木』(2022年)

作品[編集]

ソロ曲[編集]

ユニット曲[編集]

ももたまい - 百田夏菜子(ももいろクローバーZ)とのユニット

玉井詩織×ドレスコーズ×TeddyLoid

  • コミック雑誌なんかいらない(2019年、配信限定)

Blu-ray/DVD[編集]

  • ももたまい婚(2016年開催、2017年発売)
映像外部リンク
『ももたまい婚』DIGEST TRAILER - YouTube

ももたまい(百田夏菜子+玉井詩織)によるユニットコンサート。当初は「ももたまいコン」だったが、ファンがSNS上で「ももたまい婚」だと盛り上がったことから、そのタイトルで結婚披露宴をテーマにすることが決まった。大安の日である当日には、多くのファンもフォーマルな装いで来場し、“エア”乾杯用のコップや引き出物のお皿なども配られた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 母親の里帰り出産のため。生後間もないころから1歳半くらいまでは京都府に在住。その後、神奈川県へ転居。
  2. ^ 坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT」(フジテレビNEXT)2015年5月28日放送分でカヴァーした事もある[12]
  3. ^ 他のメンバーは、伊倉愛美(元・ももいろクローバー)、奏音(元・私立恵比寿中学)、矢野妃菜喜(同)、宇野愛海(同)、夏川桃菜で、ももいろクローバーの初お披露目の際は伊倉とともに2つのグループのメンバーとしてステージに立った。なお、pieceesの対外的な活動はこれ1回だけとなってしまった[15]

出典[編集]

  1. ^ プロフィール”. ももいろクローバーZ 公式サイト. 2015年11月9日閲覧。
  2. ^ a b “聖火ランナー、神奈川はももクロ、加山雄三さんら疾走”. 産経ニュース (産経デジタル). (2019年12月17日). https://www.sankei.com/article/20191217-JDIDVKIRFBNEPBP4ZBJQ5MTY6Y/ 2021年8月2日閲覧。 
  3. ^ 『「ももクロ春の一大事 国立競技場大会」公式ツアーパンフレット』2014年。
  4. ^ a b c d 「113ページ全力特集 玉井詩織 Unknown self」『Quick Japan』Vol.114、2014年。
  5. ^ “ももクロ・玉井詩織や川越達也シェフらのアート作品も……「NHKハート展」開催”. RBB TODAY. (2013年2月8日). https://www.rbbtoday.com/article/2013/02/28/103824.html 
  6. ^ インタビュー ももいろクローバーZ×吉田豪”. CD Journal. 2012年12月27日閲覧。
  7. ^ “ももクロ玉井詩織、加山雄三から「若大将」受け継ぐ”. RBB TODAY. (2015年9月24日). https://www.rbbtoday.com/article/2015/09/24/135428.html 2015年9月24日閲覧。 
  8. ^ ももクロ・玉井詩織、マグロをさばく!プロも唸る包丁さばきを披露” (日本語). テレ朝POST. 2022年4月3日閲覧。
  9. ^ 佐々木敦規 [@atsunorisasaki] (2012年9月11日). "こないだ玉ちゃんが「私は勘違いされてるんだ。大食いでも早食いでもないんだ。私はただの食いしん坊なんだー!」って言ってました。そうなんです玉ちゃんはただの食いしん坊なんです。RT @ShuMczYellow: @atsunorisasaki 玉ちゃんわんこそばリベンジみたいでござる" (ツイート). Twitterより2020年12月24日閲覧
  10. ^ ももラジchan第3回! わんこそば大会に玉井詩織登場! (『テレ朝動画』インターネット番組). (2012年2月24日). https://douga.tv-asahi.co.jp/program/10038-10037 
  11. ^ “ももクロ×ファミマ “全力で”作ったお弁当がいよいよ発売だゼーット!!”. エン食べ. (2013年8月8日). https://entabe.jp/news/article/2581 
  12. ^ 第47夜 スクリプト 『坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT』第47夜 「恋しさと せつなさと 愛ですか?」 ゲスト 小室哲哉 / V4スタジオフジテレビ 2015年5月28日配信 2021年2月22日閲覧。
  13. ^ a b 『「ももクロ夏のバカ騒ぎSummer Dive 2012 Tour」公式ツアーパンフレット』2012年。
  14. ^ a b c d 「5号連続特集 ももいろクローバーZ パーソナルインタビュー 第2回 玉井詩織」『Quick Japan』Vol.97、2011年。
  15. ^ 川上アキラ『ももクロ流』p.194
  16. ^ “インタビュー ももいろクローバーZ×吉田豪”. CD Journal. (2011年7月17日). https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/momoiro-clover-z/1000000644 
  17. ^ “ももクロ玉井詩織、「泣き虫で甘えん坊」キャッチフレーズ変更? 「満足いってない」”. RBB TODAY (イード). (2015年3月30日). https://www.rbbtoday.com/article/2015/03/30/129945.html 2020年12月24日閲覧。 
  18. ^ “ももクロ玉井は加山雄三からギターもらったゼーット!!”. スポーツ報知. (2016年4月4日). オリジナルの2016年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160404074310/https://www.hochi.co.jp/entertainment/20160404-OHT1T50062.html 
  19. ^ “加山雄三×しおりん“若大将”ギター共演「ドあたまで事件が…」”. ORICON NEWS. (2016年4月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2069805/full/ 
  20. ^ GIRLS' FACTORY第1弾でももクロ、miwaら8組&スタダユニットも登場 - 2015年5月1日
  21. ^ TV LIFE 連載:KIKCHY FACTORY #406 - 2016年2月24日
  22. ^ 「『幕が上がる』特集」『日経エンタテインメント』2015年3月号、2015年。
  23. ^ ももクロ百田&玉井、「ももたまい婚」で豪華披露宴 モノノフも祝福 - ORICON NEWS. (2016年9月4日)
  24. ^ “玉井詩織が「オズの魔法使い」に、ももクロメンバー「玉井さんが10年で1番本気」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年1月4日). https://natalie.mu/stage/news/263917 2020年12月24日閲覧。 
  25. ^ “神奈川聖火リレー最終日 赤レンガで100人がトーチキス”. カナロコ (神奈川新聞). (2021年6月30日). https://www.kanaloco.jp/news/life/article-558165.html 2021年8月2日閲覧。 
  26. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “女性バラエティタレント 断トツ1位みちょぱ、2位は…|エンタメ!|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2022年6月7日閲覧。
  27. ^ TBS. “TBSテレビ「世界ふしぎ発見!観光魅力度No. 1!玉井詩織と行く日本が誇る国立公園[解[字]」]” (日本語). TBSテレビ. 2022年6月7日閲覧。
  28. ^ Inc, Natasha. “ももクロ一座が明治座に帰ってくる!玉井詩織が座長務める特別公演、来年開催決定” (日本語). ステージナタリー. 2022年6月7日閲覧。
  29. ^ TBS. “日立 世界ふしぎ発見!|TBSテレビ” (日本語). TBSテレビ. 2022年5月24日閲覧。
  30. ^ “ももクロ玉井、OLに挑戦!トランスジェンダー描いたドラマ「女子的生活」出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年11月7日). https://natalie.mu/music/news/255781 2017年11月7日閲覧。 
  31. ^ Inc, Natasha. “「都会のトム&ソーヤ」学校生活描く全8話のドラマ版放送(コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2022年5月24日閲覧。
  32. ^ 芳根京子、親友ももクロ玉井と“ほぼプライベート”CM共演”. ナリナリドットコム (2022年4月22日). 2022年4月22日閲覧。
  33. ^ “芳根京子、友人・ももクロ玉井詩織の告白に爆笑「気付いてなかった(笑)」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月22日). https://news.mynavi.jp/article/20220422-2326703/ 2022年4月22日閲覧。 
  34. ^ 玉井詩織に聞く大原櫻子の魅力”. 音楽ナタリー. 大原櫻子(from MUSH&Co.)「頑張ったっていいんじゃない」インタビュー (4/4). 2014年12月13日閲覧。

参考文献[編集]

ソロでの人物特集
  • 「5号連続特集 ももいろクローバーZ パーソナルインタビュー 第2回 玉井詩織」『Quick Japan』Vol.97、太田出版、2011年。
  • 「玉井詩織 底なしの17歳 ロングインタビュー」『Quick Japan』Vol.107、太田出版、2013年。
  • 「113ページ全力特集 玉井詩織 Unknown self」『Quick Japan』Vol.114、太田出版、2014年。
ソロでの掲載
  • DiaDaisy(2010年、小学館) - 専属モデル
  • ショーボー Vol.3(2006年)
  • De☆View 2010年9月号
  • Chu-Boh Vol.42(2011年) - 表紙写真も
  • Quick Japan Vol.97(2011年)Vol.107(2013年)Vol.114(2014年)
  • ケトル Vol.09(2012年)
  • このマンガがすごい! 2012 - 「あの人が選ぶ」のコーナー
  • UTB+ Vol.8(2012年)
  • smart 2012年2月号、11月号、2014年4月号
  • Graduation -高校卒業-(2014年) - 表紙写真も
  • ROLa 2014年9月号 - 特集「おいしい『肉』」で寺門ジモンとの「肉バカ対談」を掲載
  • OVERTURE No.004(2015年) - 表紙・巻頭特集
  • 月刊Audition 2016年3月号
  • BRODY Vol.04(2016年)・2017年2月号 - いずれも天龍源一郎と対談
  • スカパー!TVガイドプレミアム 2017年3月号
  • 宇宙航空研究開発機構(JAXA)情報誌 宇宙のとびら Vol.048(2018年)
  • 九州国立博物館情報誌 Asiage Vol.53(2019年)
  • レモンライスレシピ スパイスでつくるカレーソース&おかず37品(2019年) - 小宮山雄飛との「スペシャルカレー対談」を掲載
  • 週刊ヤングジャンプ 2020年No.28
  • 広報富士見 2020年8月号 - 埼玉県富士見市で配布
  • CAPA 2021年1月号
  • ギター・マガジン・レイドバック Vol.7(2021年) - 表紙・巻頭特集

外部リンク[編集]