高城れに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかぎ れに
高城 れに
高城 れに
生年月日 1993年6月21日(22歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 158 cm
血液型 O型
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 事務所公式 > プロフィール
グループ公式 > プロフィール
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

高城 れに(たかぎ れに、1993年6月21日 - )は、ももいろクローバーZのメンバー、女優である。愛称は、れにちゃん、たかさん。

神奈川県出身。スターダストプロモーション所属[1]

人物[編集]

  • 母親が自分と似た内向的な性格を直すためダンスレッスンを始めさせ、ヒップホップダンスタップダンスができるようになった。
  • 中学2年生の時、現在の事務所にスカウトされ芸能界入り。それ以前にも、エキストラの仕事は経験していた。
  • 趣味は異次元について考えること[2]
  • 特技は幽体離脱[2]。イメージトレーニングをしたところ、夢と現実の境界線のところで魂が抜けるようになり、夢をコントロールできるようにもなったと述べている[3]。ただし、金縛りによくあう。
  • ナスが大好物であり、銭洗弁財天宇賀福神社で扱っている茄の御守りを大切にしている[4]
  • ドンキホーテ(ディスカウントストア)のファンを公言しており、よく訪れている[5]
  • 好きな歌手は湘南乃風
  • 好きな映画は『誰も知らない[6]
  • 好きな教科は国語と歴史、嫌いな教科は数学、英語、理科[6]
  • 鉄道に関心がある。一番好きな鉄道路線はりんかい線[7]
  • 一人っ子である。雑誌のインタビューで「幻滅する男性は?」との質問に、「家族を悪く言う人。家族も大切にできない人は、絶対に他人を大事にできないと思う」と答えている[3]
  • 「れに」は本名である。名前の由来は、もともと母親のなりたかった名前が「れに」であり、大事にしていた人形にもそう名付けていたことから[6]。また、InterFM『高城れにのKing of Rock!』の特集記事では、「“れに”の名前は、レニー・クラヴィッツTHE STONE ROSESのドラマー、レニにも通じるリアルロックを体現するキーワード」と紹介されていた[8]
  • 「ぜっと」という名前の猫(スコティッシュフォールド)を飼っている[9]
  • 本人いわく長所は「プラス思考なところ」、短所は「ぬけているところ、すぐふてくされるところ」であった[2][6]

ももいろクローバーZとしての活動[編集]

  • イメージカラーはパープル
  • キャッチフレーズは「ももクロの感電少女」。マネージャーが考えたもので意味は不明であるが、高城本人は「霊感など人と違った感性があり、一緒にしゃべっていると感電する」という意味だと解釈している[3]。なお、初期の頃は「ももクロの癒し系」「幽体離脱少女」などのキャッチフレーズであった。
  • トークではオチを担当することが多い。
  • ライブでのファンによるお決まりの掛け声を気に入っており、『迷ったとき辛いとき、笑顔を無くしそうになるとき、ダメになりそうなとき、いつもみんなが言ってくれる「笑顔が一番れにちゃん!!」を思い出してる』とのこと[10]
  • 肺活量がメンバーで最もあり、30秒近く声を出し続けることができる。
  • メンバーで唯一、コンタクトレンズを使用。
  • 結成時は最年長ということでリーダーを務めていたが、2008年11月頃に退任(後任は百田夏菜子)。マネージャーの川上アキラは当時を振り返り、真面目で考え過ぎて余裕がなくなってしまう状態だったため、一歩引いた立場の方が本人の色が出せると判断し、交代を決断したと述べている[11]
  • 2012年3月の高校卒業を機に「毎日ヒロイン」を名乗っている。ライブで「一生ももクロ」宣言をし[12]、声質を活かしてラジオパーソナリティを務めるなど活躍の場を広げた。
  • 2015年7月16日に「桃神祭2015 エコパスタジアム大会」のリハーサル中に転倒し、左手の橈骨遠位端(とうこつえんいたん)を骨折し全治4か月の診断が下された。なお「桃神祭2015」には予定通り出演することとなった[13]

女優としての活動[編集]

北川景子柴咲コウ竹内結子らを擁する女優事務所スターダストプロモーションに所属しており、ももいろクローバーZの活動と並行して、かねてから演技レッスンを重ねてきている。

映像外部リンク
『幕が上がる』映画予告編 - YouTube

2015年には、踊る大捜査線シリーズで知られる本広克行監督の指名で、他のメンバー4人とともに映画『幕が上がる』での主演を果たした(加えて、2014年のベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した黒木華や、同年の日経トレンディにおいて「今年のヒット人」に選ばれた俳優・ムロツヨシらが出演。2月28日公開)[14]

ソロ活動[編集]

ライブ[編集]

  • 高城の60分4本勝負(2015年3月9日、名古屋CLUB QUATTRO、4回公演) - グループ初のソロコンサート
  • フォーク・デイズ 第92章〜フォークソングは世代を超えて〜(2015年3月13日) - ゲスト出演

ラジオ[編集]

  • ミュ〜コミ+プラス(2011年8月16日深夜・10月17日深夜・2012年2月23日深夜・4月23日深夜、ニッポン放送
  • ナガオカ(2012年1月23日、CBCラジオ) - 労働讃歌プロモーションでのゲリラティッシュ配り(名古屋駅:高城れに)の模様
  • 高城れにのKing of Rock!(2012年4月26日 - 2012年9月27日、InterFM - 『YOUNG BLOOD』の中の1コーナー
  • MIWA LOCK presents THE DAY OF ROCK!!(2012年6月9日、InterFM)
  • 山里亮太の不毛な議論(2012年6月13日、TBSラジオ)- 他メンバーに先がけて、深夜のラジオ生放送へ初出演
  • 真夜中のハーリー&レイス(2012年12月25日深夜、ラジオ日本)- 当日行われたライブ終了後に生出演
  • ミュ〜コミ+プラス(2013年1月9日深夜、ニッポン放送) - 本人にとって、初めて1人だけで進行する生放送となった
  • 平成ラヂオごぜん様さま(2014年6月27日、RCCラジオ) - ももクリ2013 DVD & Blu-rayプロモーションの一環
  • 日々感謝。ヒビカン(2014年6月27日、RCCラジオ) - 同上

テレビ[編集]

書籍[編集]

  • ニュータイプ 2011年12月号
  • HONKOWA 2012年1月号 - 不思議と神秘のパワーコミック
  • HONKOWA 芸能人心霊体験特集号(2012年)
  • もぎたて☆アイドル人間 第2巻(2012年)- コミック。帯にコメント、さらに直筆イラストを収録
  • ケトル VOL.07(2012年)
  • Quick Japan Vol.100(2012年)
  • Zipper(2012年11月号 - 2013年3月号) - 『風雲!たかぎ城』のコーナーを連載
  • De☆View 2013年4月号
  • GooBike 2013年4月1日号 - 表紙写真も
  • non-no 2013年6月号 - 高城のファンであったという岸本セシルの連載コーナーに登場
  • 20±SWEET【トゥエンティ・スウィート】2013 AUTUMN - 表紙写真も
  • Quick Japan Vol.112(2014年) - 表紙写真も

イベント[編集]

  • 春の全国交通安全運動(2014年4月5日) - 横浜市西区でのイベントに1日警察署長として出演
  • MTV VMAJ 2014(2014年6月14日) - 「GOUNN」 最優秀グループビデオ賞受賞に対しVTRコメント
  • 「危険ドラッグ」撲滅運動(2014年12月7日) - 墨田区・向島防犯協会のイベントに出演

ミュージック・ビデオ[編集]

その他[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ HAPPY birthday☆れに☆”. 3年B組School Girlブログ. 2012年10月7日閲覧。
  2. ^ a b c 公式サイト プロフィール”. スターダストプロモーション. 2012年10月7日閲覧。
  3. ^ a b c 「ももクロ特集」、『S Cawaii!』2013年6月号、主婦の友社
  4. ^ 茄子に願いを”. ももいろクローバーZ 高城れに オフィシャルブログ 「ビリビリ everyday」. 2013年6月15日閲覧。
  5. ^ 公式Ustreamでの発言
  6. ^ a b c d 『「ももクロ夏のバカ騒ぎSummer Dive 2012 Tour」公式ツアーパンフレット』、SDP、2012年6月17日
  7. ^ 幸せな気持ち”. ももいろクローバーZ 高城れに オフィシャルブログ 「ビリビリ everyday」. 2012年11月27日閲覧。
  8. ^ Power Push 高城れにのKing of Rock! #1”. ナタリー. 2012年10月7日閲覧。
  9. ^ 新しい家族”. ももいろクローバーZ 高城れに オフィシャルブログ 「ビリビリ everyday」. 2013年1月16日閲覧。
  10. ^ プレゼントだょ♪”. ももいろクローバーZ 高城れに オフィシャルブログ 「ビリビリ everyday」. 2012年12月25日閲覧。
  11. ^ Ustream「梶原放送局 #22-2」 2012年3月6日
  12. ^ 「ももいろクローバーZ モーレツ☆大航海ツアー2012」名古屋での発言
  13. ^ (公式サイト)高城れにに関するお知らせ|url = http://www.momoclo.net/pub/pc/information/?id=2122 |accessdate = 2015-07-18
  14. ^ “本編完成にあわせてポスタービジュアルお披露目”. 映画.com. http://eiga.com/news/20141226/11/ 2015年1月16日閲覧。 
  15. ^ 『ウレロ☆未確認少女』をみんなで見よう!”. ニコニコ生放送. 2012年12月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「5号連続特集 ももいろクローバーZ パーソナルインタビュー 最終回 高城れに」、『Quick Japan』Vol.100、太田出版2012年2月20日
  • 「93ページ全力特集 高城れに 生まれつきの笑顔」、『Quick Japan』Vol.112、太田出版、2014年2月12日

外部リンク[編集]