J-MELO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

J-MELO』(ジェイメロ)は、2005年10月7日からNHKワールドTVおよびテレビジャパンで毎週放送されている、日本の全世界向け音楽番組である。

2008年4月6日からはNHK総合テレビでも放映を開始。2010年4月以降はウィークリー放送となった。

概要[編集]

JAPAN」と「Melody」・「Mellow」を掛け合わせた[1]「J-MELO」という番組名が示す通り、日本の音楽を世界に発信する番組で、NHKワールドが世界約160の国と地域に向けて放送する、日本の放送史上初の全編英語の日本音楽番組。

放送されている国のうち、100か国以上からメール写真が寄せられている。基本的に英語で進行され、日本語部分は字幕対応である。「日本を拠点に活動するアーティスト」で海外でも活動するアーティストが中心に出演し[2]、最新のヒット曲だけでなくポップスロックジャズクラシックトラッドなどジャンルを超えたゲストを招きながら、日本の音楽とアーティストを全世界へ発信している。

J-WAVEニッポン放送スポーツニッポン、『日経エンタテインメント』、『声優グランプリ』等、他の放送局とのコラボレーションや、編集部への直撃取材をたびたび行っている。そのため、NHK以外のマスコミ関係者もたびたび登場する。

歴史[編集]

2005年10月番組開始。当初は海外での放送だけで、PVを流すだけの簡素な作りだった。

2006年4月からは、マンスリー・ゲストと呼ばれるゲストが毎月1組ずつスタジオに招かれ、トークや演奏が行われるようになった。この頃から日本国内での放送を開始したが、当時はデジタル教育テレビのマルチ編成023chでの不定期放送だったことに加え、送信所中継局の数も少なかったことから、地上デジタル放送が受信できない多くの地域では日本国内でNHKワールドTVを直接受信している世帯を除いて本番組の視聴ができなかった。

2007年4月からは、ゲストが増員され、また、有名ミュージシャンからの日本語でのコメントも多数寄せられるようになった。

2007年10月からは、さらに多くのゲストが登場するようになり、玄人好みや、新進気鋭のミュージシャンも出演してきた。

2007年11月14日にはZepp Tokyoで、初の公開収録となる「J-MELOスペシャルライブ〜Live to the World〜」が行われた。翌年から、夏フェス・冬フェスとして現在まで[いつ?]に4回開催。NHK総合テレビNHK-BSで放送されている。

2008年4月4日の放送からは、スタジオ(収録はCT-511スタジオ)も一新し、番組自体がパワーアップしている。 また、国内放送では総合テレビ深夜に、毎週放送[3]されることになった。

2009年に入ると、日本音楽の一方的紹介から一歩進み、メールの紹介だけでなく写真や動画の投稿、日本国内へのさまざまな募集など、世界中の視聴者との相互交流を目指した演出上の変化が見られる。

2010年からは、ディスカバラー、スーパーバイザーなど、数々の準レギュラーが登場する。

2012年4月の放送より国内放送が総合テレビからBSプレミアムに変更された。[4]

2015年10月2日、放送開始10周年を記念したムック本「『J-MELO』が教えてくれた世界でウケる『日本音楽』」が発売[5]

出演者[編集]

VJ
番組の司会者は、VJあるいはビジュアル・ジョッキーと呼ばれる。
ミュージック・ディスカバラー
インタビューやリポートを行う。
スーパーバイザー
視聴者の投稿にコメントする。
スペシャル・コメンテーター
ゲスト一覧

コーナー[編集]

Club J-MELO
観客を招いて行うスタジオライブ。

地上波での放送内容[編集]

2008年3月まで[編集]

放送は総合テレビジョン。

この他に、徳島県域・総合テレビで放送されている「あわメロクリスマススペシャル」にmelody.がゲストで呼ばれた際に、J-MELOが紹介された(2007年12月)。

2008年4月から[編集]

2008年4月以降、国内放送でのレギュラー放送はNHK総合テレビ「ミッドナイトチャンネル[11]」に移行する。デジタルだけでなくアナログでも放送されるため日本国内のすべての地域で本番組の視聴が可能となる。

2010年4月から9月19日までは毎週日曜深夜(月曜未明)0:30 - 1:00、同年9月26日から2011年3月までは毎週日曜深夜(月曜未明)0:20 - 0:50、2011年4月から2012年3月まで毎週日曜深夜(月曜未明)1:00 - 1:30に放送。ただし次の地区は別番組のため時間が異なっている。

  • 近畿地方は、『西方笑土』、『上方落語の会』の放送のため原則として1:45 - 2:15に時差放送される[12]
  • 東海北陸地方は、毎月1回『サタテン』の一か月放送分を再放送するため1時間遅れで放送される。
  • 北海道地方では過去に2010年10月から12月まで『北海道クローズアップ』の再放送および過去の名作選など北海道地方に関連した番組のアンコール放送を行なうため3日遅れの毎週水曜深夜(木曜未明)1:30 - 2:00[13]に北海道ローカルで時差放送されていたが、2011年1月からは東京からの放送と同一時刻の放送に戻った。一時期、同年12月15日・22日深夜放送分も、北海道地方では地域番組差し替えの関係で未放送に終わった回がある。

日本国内での放送はNHKワールド・プレミアムよりも5日、NHKワールドTVよりも7日それぞれ早い先行放送となっている。

BS波での放送[編集]

2007年以降、BS2BSハイビジョンで、J-MELOスペシャルを放送している。

2012年4月より地上波の総合テレビからBSプレミアムに移動してレギュラー放送が行なわれることになった(国際放送初回放送より5日遅れの放送)。

字幕・画質・音声[編集]

字幕
画質環境
標準画質で放送される国内のアナログ放送では当初は4:3サイズにして放送していたが、2010年7月から2011年の地上デジタル放送の完全移行までは16:9のレターボックス放送となっていた(岩手県宮城県福島県は2012年3月まで)。
標準画質で放送される海外向けのNHKワールドTVのPAL方式放送、NHKワールド・プレミアムは、開始当初は16:9映像をサイドカットした4:3サイズにして放送していたが、2012年4月以降は16:9レターボックス放送となった[14]
2009年4月よりNHKワールド・プレミアムでの放送が土曜日の10:05 - 10:35に時間帯を移し、同時にノンスクランブル放送で視聴可能となっていた[15]
音声環境
日本国内での放送はステレオ放送だが、海外向けの放送はモノラル放送となっている。

脚注[編集]

  1. ^ J-MELOというネーミングは、番組開始当初のディレクター現在[いつ?]プロデューサー)が思いついたタイトル候補の中から、友人であるデーブ・スペクターが選んだものである。
  2. ^ 海外在住の日本人や、日本人以外の音楽家も出演する。
  3. ^ ただし、放送がないときもある。
  4. ^ 平成24年度国内番組編成計画 (PDF) - NHK経営情報(2011年12月13日)
  5. ^ NHK「J-MELO」10周年本にMay J.、HYDE、小室、つんく♂ら登場”. 音楽ナタリー (2015年10月2日). 2015年10月2日閲覧。
  6. ^ May J. Family
  7. ^ スナイダーは2011年2月14日放送(総合テレビにおける初回放送)でもゲストとして出演し、1度限りの再会を果たした。
  8. ^ ほぼ1か月に1回登場する。
  9. ^ デジタル教育テレビでは同年12月20日に放送。
  10. ^ 2月29日深夜。BSハイビジョンでは2月11日、BS2では2月17日に放送。地上波は45分バージョン、BSは90分バージョンで放送。
  11. ^ 土曜深夜枠で時間不定。これは直近のアンコールアワーの終了時間にもよるため。
  12. ^ ただし主に第1・3日曜深夜を中心とした放送設備点検がある日は、その時間の都合上休止となる場合もある。
  13. ^ 9月30日(26日深夜)放送分のみ2:20 - 2:50。
  14. ^ 日本国内でのアナログ放送が16:9レターボックス放送化された2010年7月以降も2012年3月まではサイドカットでの放送を継続していた。
  15. ^ 2011年3月まで。2011年4月以降は土曜深夜の時間帯に移動するためスクランブル配信に戻る。

外部リンク[編集]