カノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カノンあるいはキャノン

Canon, Kanon, Canonical[編集]

Canon英語等)および Kanonドイツ語等)は「棒、定規、基準、規範」等を意味するカノーン古代ギリシア語: κανωνkanōn)を語源とする。楽曲様式のカノン(追複曲)からの連想で、音楽に関係する作品あるいはその登場女性人物の名、または同様モチーフを繰り返す作品の名などに用いられることがある。

キリスト教[編集]

芸術[編集]

数学[編集]

微分幾何学[編集]

その他の数学[編集]

物理学[編集]

コンピュータ[編集]

人物[編集]

作品[編集]

企業[編集]

  • Canon - 日本の光学機器メーカー

その他[編集]

Cannon, Kannon[編集]

古典ギリシア語で「、(などの硬く細長い)、またはそれらで造られた製品(敷物など)」を意味するカンナ(κάνναkanna)に中性名詞語尾 -オン古代ギリシア語: -ον-on)を付したもので、「(大小の)細長い筒状のもの」を意味する。

関連項目[編集]

脚注[編集]