coba

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

cobaこば、本名・小林 靖宏(こばやし やすひろ)、1959年4月29日 - )は、日本アコーディオニスト音楽プロデューサー作曲家長野県長野市松代出身。愛知県立長久手高等学校卒業。活動当初は本名の小林靖宏を名乗っていた。

略歴[編集]

  • 3歳の時から音楽教育を受け始める。アコーディオンを始めたのは小学校4年生、父親からの誕生日プレゼントだった。(トンボ楽器製)
  • 1978年 - イタリアヴェネツィアにあるルチアーノ・ファンチェルリ音楽院・アコーディオン科に留学
  • 1979年 - 全日本アコーディオンコンクール第1位、アラッシオ国際アコーディオンコンクール第1位
  • 1980年 - 第30回C.M.A.世界アコーディオンコンクール第1位(東洋人として初の第1位獲得)
  • 1982年 - ルチアーノ・ファンチェルリ音楽院を首席で卒業
  • 1989年 - ヨーロッパツアー開始
  • 1991年 - 東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)よりアルバム『シチリアの月の下で』デビュー。同作で、日本レコード大賞特別賞受賞
  • 1995年 - ビョークのワールドツアーのメンバーとして参加(-1997年)
  • 1996年 - アルバム『ROOTS?』が、フランスのFMステーション「RADIO NOVA」の年間ベストアルバムに選出。
  • 1997年 - 自身もレコーディングに参加したビョークのアルバム『ホモジェニック』がリリースされる
  • 1997年 - イタリア、ヴェネト州ミラーノ市名誉市民賞受賞
  • 2001年 - 第24回日本アカデミー賞・音楽賞優秀賞を受賞(映画『阪本順治監督)。また、この年デビューしたタレント・三井智映子をサポートするため、NHKイタリア語会話』に1年間出演。
  • 2002年 - アコーディオン誕生180年記念プロジェクト『ベローズ・ラヴァーズ』をスタート
  • 2005年 - ビクターエンタテインメントに移籍
  • 2006年 - イタリア・マルケ州カステルフィダルド市より"voce d'oro"(ヴォーチェ・ドーロ)〜金のリード賞〜をアジアで初めて授与される。
  • 2007年 - 『アコーディオン、カホン、オーケストラのための 森の連鎖によるUrbs』作曲、東京交響楽団と共演。
  • 2008年 - 第7回日本クラリネットコンクール本選課題曲『水滴は啓示した クラリネットソロのために』作曲

         ピアニスト・舘野泉委嘱作品 左手のためのピアノ曲『記憶樹』作曲

  • 2009年 - 世界3大アコーディオニスト 〜夢の競演〜 リシャール・ガリアーノ(フランス)、フランク・マロッコ(アメリカ)と共演。
  • 2010年 - 視聴覚肉体表現「音波少年 ~音楽は肉体で魅せるモノ」をプロデュース。世界3大アコーディオニスト~夢の競演~イタリア公演。
  • 2012年-長久手市市制施行記念公演coba produced みんなでつくる長久手大音楽会

作品[編集]

アルバム[編集]

東芝EMI[編集]

  • 『シチリアの月の下で』(1991年)
  • 『太陽のポスティーノ』(1992年
  • 『雪のアトリーチェ』(1992年)
  • 『風のナヴィガトーレ』(1993年
  • 『33GIRI(トレンタトレ・ジーリ)』(1993年)
  • 『SURFIN' MUSIC』 (1994年
  • 『mania COBA』(1994年)
  • 『ROOTS?』(1995年)
  • 『techno cabarret』(1996年)
  • 『sweet poison 〜甘い毒薬〜』 (1997年
  • 『CONSCIOUS NEGA(subconscious)』(1998年
  • 『CONSCIOUS POSI』 (1998年)
  • 『mania coba 2』(1998年)
  • 『君といた未来のために- I'll be back -』 (1999年ドラマ主題歌
  • 『ニーノ・ロータ1999』(1999年)
  • 『世紀を越えて』(1999年)
  • 『Legend Man!』 (2000年
  • 『chanter coba』(2000年)
  • 『天使は空から降ってくる』(2000年)
  • 『走れパオリーノ』(2001年)
  • 『my ジャバラ way』 (2002年、coba & Bellows Lovers)
  • 『運命のレシピ』(2003年
  • 『おしゃれカンケイ』(2003年)
  • 『Live coba 2001-2003』 (2004年)
  • 『mania coba 3』(2004年
  • 『super mania coba』 (2006年)
  • 『mania coba complete』 (2009年)

ビクターエンタテインメント[編集]

  • 『ディア モデストマン』(2005年)
  • 『Boy』(2006年)
  • 『coba groovy accordion night tour 2006 in Europe』 (2007年

CALMOLA BOSCONE[編集]

  • 『僕のエレキュート』(2008年)
  • 『旅する少年 stay gold』(2010年)

avex trax[編集]

  • 『MONDO coba』(2012年)

日本コロムビア[編集]

  • 『coba pure accordion』(2013年11月6日)
自身初となるアコーディオン独奏アルバム。また、本人がデビュー当時に決めた三つの封印「人の伴奏はしない」「人のカバーをしない」「ソロはもうやらない」(本人曰く「あまり(この封印を)公言はしていない」)を解除した。[1]

劇伴・テーマ音楽[編集]

  •  雲の階段 (2013年4月~6月・日本テレビ)

使用アコーディオン[編集]

音楽担当等[編集]

  • ※※その他、多数のCM曲、TV番組テーマ曲・挿入曲などがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年12月14日放送、心ゆさぶれ!先輩ROCK YOUにて、本人が述べている。

外部リンク[編集]