六番目の小夜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六番目の小夜子
著者 恩田陸
発行日 1992年7月
発行元 新潮社
ジャンル SFホラーファンタジー
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新潮文庫
ページ数 312
コード ISBN 4-10-123411-6
テンプレートを表示

六番目の小夜子』(ろくばんめのさよこ)は、恩田陸小説作品及び、それを原作として製作されたテレビドラマNHKドラマ愛の詩)。

新潮社の第3回ファンタジーノベル大賞で最終選考まで残った。この作品は恩田陸の初作品である。ドラマ版ではオリジナルキャラを登場させたり、舞台高等学校から中学校に変更するなど小説とは一味違った展開が成されているが、「小夜子」・「鍵」・「文化祭」等、物語の基本部分は共通したものとして展開されている。

シリーズ作品[編集]

1992年新潮文庫から出版、1998年2001年、大幅加筆・単行本化されたものが新潮社より出版。

  • 『六番目の小夜子』 新潮社 新潮文庫 (ファンタジーノベル・シリーズ) 1992年7月 312p ISBN 4-10-123411-6
  • 『六番目の小夜子 -- Number 6』新潮社 1998年8月 257p ISBN 4-10-397102-9
  • 『六番目の小夜子』 新潮社 新潮文庫 2001年2月 339p ISBN 4-10-123413-2

「渡すだけのサヨコ」からの視点として、関根秋の姉・夏を主人公にして、「六番目の小夜子」の4年前の学校を描いた番外編的短編「図書室の海」が、2002年に上梓された同名の短編集に収録されている。

あらすじ[編集]

主人公である潮田玲の学校には、「サヨコ」という不思議な言い伝えがあった。3年に1度、サヨコという名前の生徒が現れて、さまざまな言い伝えを守らなくてはいけないのだ。玲はサヨコになりたくて、サヨコになった幼馴染の秋に頼んでサヨコをやらせてもらうことになった。他の誰にもサヨコである事を知られないように……。

サヨコの言い伝えは、「サヨコは赤い花を生ける」・「サヨコはサヨコを演じる」・「サヨコはサヨコを指名する」の3つがあった。一つ目の言い伝えを実行しに行くと、既に赤い花は生けてあった。鈴の音を聞き校庭に行くと、誰かがバスケットゴールへボールをシュートして走り去っていった。その誰かが鍵となり、思わぬ展開へ……。

登場人物[編集]

関根 秋(せきね しゅう)
写真部所属。高校3年生。兄と姉がそれぞれ三番目のサヨコと渡すだけのサヨコを経験しており、以前からサヨコ伝説に関する知識を持っていたが、自分は無関係だと思っていた。加藤に鍵を託されてからも特に何をするということもなかったが、次第に卒業アルバムを調べたり実行委員のマニュアルを見るなど、積極的に調査をし始めた。学力テストではコース別総合1位、全国模試ではベスト30に入る秀才。
津村 沙世子(つむら さよこ)
秋のクラスに転入してきた謎の転校生。男女関係なく、誰とでも対等に接する。頭が良く、活発な美少女。始業式の日に赤い花を飾り、加藤に自分が六番目のサヨコだと仄めかした。校庭外れにある事故死した女生徒の慰霊碑に彫られた名前とは同姓同名、余りにもタイミングが良すぎる編入に多くのサヨコ伝説を知る生徒たちからは疑念の目を向けられていた。
花宮 雅子(はなみや まさこ)
秋のクラスメイト。バスケットボール部所属。転校してきた沙世子と真っ先に仲良くなった。佐野美香子と沙世子が仲良くなった時にはヤキモチを妬くこともあった。由紀夫に思いを寄せている。
唐沢 由紀夫(からさわ ゆきお)
バスケットボール部所属。秋とは小学校からの友人で、クラスメイト。雅子に惚れている。サヨコ伝説についてほとんど何も知らなかった。
沢木 容子(さわき ようこ)
バスケットボール部所属。沙世子や雅子と親しい。高橋という彼氏がいる。
設楽 正浩(しだら まさひろ)
学園祭実行委員長。サヨコ伝説に詳しい一人で、秋とともに沙世子の正体などについて話し合っていた。
加藤 彰彦(かとう あきひこ)
秋のクラスメイトで、本当の六番目のサヨコ。沙世子の鍵を奪おうと教室を荒らしたりした。心臓発作で入院し、自らの鍵を秋に託した。
黒川(くろかわ)
秋たちの担任で、10年以上もいる名物教師。沙世子に鍵を送った。
関根 多佳雄(せきね たかお)
秋の父で裁判官。大柄で、少々時代錯誤的な一面を持つ。
佐野 美香子(さの みかこ)
秋に恋心を抱く美少女。秋に告白するも振られ、沙世子の言葉に導かれるがまま部室棟に火を放った。
溝口 祐一(みぞぐち ゆういち)
柔道部主将で秋のクラスメイト。料亭の跡取り息子で、自宅で忘年会を開いた。クラス企画『うたごえ喫茶 みぞぐち』の発案者で店長もつとめた。

ドラマ[編集]

NHK教育毎週土曜18:00(ドラマ愛の詩)に放送されていたテレビドラマ。英題はSayoko Is Back2000年4月8日から6月24日まで放送。全12回。高い人気を誇った作品で、5回もの再放送が行われ、2001年にはビデオ化、DVD化もされた。また本編の後に本放送時のみミニコーナー「サヨコへの伝言」が放送された(DVD版に特典映像として収録されている)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

各回タイトル[編集]

  1. なぞの転校生[1]
  2. 亡霊
  3. 見えない敵
  4. 謎のメッセージ
  5. 不思議なうたごえ
  6. 七夕の秘密
  7. 恐怖の文化祭(前)
  8. 恐怖の文化祭(後)
  9. サヨコはここにいる
  10. サヨコの正体
  11. そして扉が開く

放送日時[編集]

  1. 2000年4月8日~6月24日 土曜日 18:00~18:30(ドラマ愛の詩、サヨコへの伝言つき)
  2. 2000年7月24日~29日、31日~8月5日 月曜日~土曜日 9:30~9:59(夏休み集中放送)
  3. 2001年5月3日、4日 9:00~11:57(GW集中放送、6本ずつ放送、新撮コメント映像つき)
  4. 2003年1月4日~3月22日 土曜日 18:00~18:29(ドラマ愛の詩での再放送)
  5. 2003年1月11日~3月29日 土曜日 10:30~10:59[2](前週の再放送)
  6. 2004年12月21日~2005年3月8日 火曜日 19:00~19:29(ドラマ愛の詩での再々放送[3]

また上記のNHK教育での放送のほかに、海外向けにNHKワールドTV(2000年9月18日~23日 22:00~22:59)、またCSミステリチャンネル(2005年5月2日~7月22日、2006年1月1日 1:00~7:00 元旦一挙放送、2006年3月21日~4月5日)でも放送が行われている。

リリース[編集]

DVD[編集]

販売元:ポニーキャニオン、リージョンフリー、各巻4話収録、全3巻、映像特典あり

  1. 六番目の小夜子 第一集 なぞの転校生 2001年1月17日(PCBE-50057)
  2. 六番目の小夜子 第二集 恐怖の文化祭 2001年2月21日(PCBE-50058)
  3. 六番目の小夜子 第三集 伝説は終わらない 2001年3月14日(PCBE-50059)

VHS[編集]

販売元:ポニーキャニオン、各巻2話収録、全6巻、映像特典なし(本編のみ)

  1. 六番目の小夜子 Vol.1 なぞの転校生 2001年1月17日 (PCVE-11285)
  2. 六番目の小夜子 Vol.2 見えない敵 2001年1月17日 (PCVE-11286)
  3. 六番目の小夜子 Vol.3 七夕の秘密 2001年2月21日 (PCVE-11287)
  4. 六番目の小夜子 Vol.4 恐怖の文化祭 2001年2月21日 (PCVE-11288)
  5. 六番目の小夜子 Vol.5 サヨコはここにいる 2001年3月14日 (PCVE-11289)
  6. 六番目の小夜子 Vol.6 伝説は終わらない 2001年3月14日 (PCVE-11290)

DVD、VHSともに全巻購入特典として劇中劇「年文化祭 よびかけ劇『六番目の小夜子』」の音声が収められたCDシングルがあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ このサブタイトルは、かつて少年ドラマシリーズで放映された作品の名前である(原作は眉村卓の同名小説)。原作者の恩田陸は本作を少年ドラマシリーズへのオマージュとして書いたと明言しており、また番組プロデューサーが恩田の高校時代の同級生ということもあって同枠の後継たるドラマ愛の詩でのドラマ化がなされた。
  2. ^ 3月22日は休止。かわりに3月29日は10:30~11:29に時間拡大し2本放送。
  3. ^ この放送をもってドラマ愛の詩枠はその歴史に幕を閉じた。

外部リンク[編集]