THE夜もヒッパレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
THE夜もヒッパレ
ジャンル 音楽番組 / バラエティ番組
企画 吉岡正敏
演出 菅原正豊ハウフルス
出演者 三宅裕司
中山秀征
赤坂泰彦 ほか
出演者を参照)
製作
プロデューサー 高木章雄寺内壮三枝孝臣
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
夜もヒッパレ一生けんめい
放送期間 1994年4月16日 - 1995年3月18日
放送時間 土曜日22:00 - 22:54
放送分 54分
THE夜もヒッパレ
放送期間 1995年4月15日 - 2002年9月21日
放送時間 同上
テンプレートを表示

THE夜もヒッパレ』(ザ・よるもヒッパレ、英称:THE NIGHT OF HIT PARADE)は、1995年4月15日から2002年9月21日まで日本テレビ系列で毎週土曜22:00 - 22:54(JST)に放送されていた音楽バラエティ番組1996年10月から2000年9月までの間はCS★日テレでも放送されていた。

本番組の前身であり、1994年4月16日から1995年3月18日まで放送された『夜もヒッパレ一生けんめい』( - いっしょう - )についても、本項目で併せて記述する。

番組概要[編集]

番組タイトルの「ヒッパレ」は、「ヒッパレード」の略。

1994年4月、土曜23時台前半に放送されていた音楽バラエティ『夜も一生けんめい。』を発展拡大させた『夜もヒッパレ一生けんめい』が、それまで読売テレビ制作枠であった土曜22時台にてスタート。当初は前半30分を『夜もヒッパレ』として、後半30分を『夜も一生けんめい。』としてそれぞれ放送していたが、翌1995年4月より前半部の『夜もヒッパレ』を単独の1時間番組として『THE夜もヒッパレ』にリニューアルした。

『夜もヒッパレ』から引き続き、三宅裕司が総合司会、赤坂泰彦が曲紹介(DJ)、マルシアがアシスタントを担当。また、新たな司会者として中山秀征が加入し、安室奈美恵 with SUPER MONKEY'Sがレギュラーに昇格した。

内容[編集]

毎週、邦楽トップ10にランクインされた楽曲を出演者がカラオケ形式で歌う形で番組が進められ、順位はCD売上・カラオケ・有線放送・番組へのはがきリクエストから集計していた。(得点は未発表となっていた。)

ランキングは、ボード回転(いわゆる「パタパタ」)で発表しており、進行役の赤坂がディスクジョッキーとして曲紹介を行って、その曲を歌う出演者の名前(「Ladies and gentlemen、(Mr./Mrs./Miss)下の名前+名字)と紹介してから出演者の歌唱がスタート[1]。歌唱終了後、雛壇に座るレギュラー陣及び歌唱が終了しているゲストがスタンディングオベーションで招き入れ、楽曲の感想や近況を語る。その間に適宜赤坂が割込み、次曲紹介やコーナーチェンジをする、という構成だった。

前身番組『夜も一生けんめい。』のスタイルを強襲したゲストによるライブコーナーが番組中盤~後半に行われ、『夜も一生けんめい。』と同じくビジーフォー・スペシャルが演奏を担当した。また、中山が11位 - 100位から1曲をピックアップして紹介する『秀ちゃんの注目ボード』などが設けられた(注目曲コーナーは1999年6月最終週より、発売前の新曲を紹介する『HOT HIT TUNE』に模様替えし、2002年1月からは『ヒッパレプラス1』に変わった)。

合い言葉は「見たい、聴きたい、歌いタイ!」(オープニングとベスト3発表のCM明けにコール。後にオープニングと第1位発表のCM明けに変更された)。この合い言葉をコールするときに登場するのオブジェは、『夜も一生けんめい。』時代の鯛のオブジェをもとに、デザインをアレンジして新しく作ったものである。

番組オリジナルユニットが多く結成されており、「てん・むす」がCDデビューするなど活躍を見せる。2001年の「てん・むす」解散後は「ゆたんぽ」や「ミニスカパン」等が結成された(下記参照)。安室奈美恵を始めとしてライジングプロダクション所属タレントが多く出演していたが、同事務所所属でデビュー前だったSPEEDは、1995年に当番組にてグループ名を公募し名づけられ、実質的に当番組からデビューした。

2002年9月21日の放送で、『夜も一生けんめい。』から12年半に及ぶ歴史に幕を閉じた。最終回では番組開始からの歴代トップ100のランキングが発表され、第1位はサザンオールスターズの『TSUNAMI』で、番組出演者全員によって歌唱された。尚、番組終了までの総出演者数は11,921人であった。

放送終了から8年後の2010年6月にCS放送日テレプラスで放送決定した(ただし、権利上の関係でプロモーションビデオを用いての今週のランキングのおさらいがカットや、1998年以降〈知念里奈がレギュラーになった後〉からの放送となっている。CS★日テレで同時放送されていた時はCM中以外、かぶせ放送を一切行うことなく、そのまま放送されていた)。放送されるのは全放送のうち49回。また、2014年9月21日よりCS放送ファミリー劇場で毎週日曜 20:00~21:00に全放送のうち8回の予定で再放送されている[2]

出演者[編集]

太字は「~一生けんめい。」から続投。

司会[編集]

総合司会
進行アシスタント
  • 男性
  • 女性
    • 初代:マルシア(1995.4 - 1997.4、出産のため休業)
      • 代理司会:西田ひかる森口博子松本明子のローテーション制(1997.5 - 9)→マルシア復帰後も舞台出演などの関係から、西田・マルシア・松本・ともさかりえによるローテーション制を継続。(1997.10 - 1998.12)
    • 2代目:酒井法子(1999.1 - 3、3カ月限定でMCを担当)
    • 3代目:工藤静香(1999.4 - 6、3カ月限定でMCを担当)
    • 4代目:NOKKO(1999.6 - 9、3カ月限定でMCを担当)
    • 5代目:中村江里子(1999.10 - 2000.9、結婚のため降板)
    • 6代目:柴田倫世(当時日本テレビアナウンサー、2000.10 - 2001.12)
    • 7代目:米倉涼子(2002.1 - 9.21)

※三宅・赤坂・マルシアは『夜もヒッパレ』からの続投。

レギュラー[編集]

主な歌唱ゲスト[編集]

(五十音順)

番組内で結成された番組限定ユニット[編集]

年間ランキング・特番での第1位獲得曲[編集]

年度 曲名 歌手名
1994年年間 恋しさと せつなさと 心強さと 篠原涼子 with t.komuro
1995年春スペシャル Tomorrow never knows Mr.Children
1995年秋スペシャル WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~ H Jungle with t
1995年年間 LOVE LOVE LOVE DREAMS COME TRUE
1996年春スペシャル DEPARTURES globe
1996年秋スペシャル LA・LA・LA LOVE SONG 久保田利伸withナオミ・キャンベル
1996年年間 名もなき詩 Mr.Children
1997年春スペシャル YOU ARE THE ONE TK presents こねっと
1997年秋スペシャル 硝子の少年 KinKi Kids
1997年年間 CAN YOU CELEBRATE? 安室奈美恵[3]
1998年春スペシャル 愛されるより 愛したい KinKi Kids
1998年秋スペシャル 誘惑 GLAY
1998年年間 夜空ノムコウ SMAP
1999年春スペシャル Winter,again GLAY
1999年秋スペシャル フラワー KinKi Kids
1999年年間 だんご3兄弟 速水けんたろう茂森あゆみ、ひまわりキッズ、だんご合唱団
2000年春スペシャル TSUNAMI サザンオールスターズ
2000年秋スペシャル 桜坂 福山雅治
2000年年間 TSUNAMI サザンオールスターズ
2001年春スペシャル Can You Keep A Secret? 宇多田ヒカル
2001年秋スペシャル PIECES OF A DREAM CHEMISTRY
2001年年間 白い恋人達 桑田佳祐
2002年春スペシャル Life goes on Dragon Ash
最終回スペシャル TSUNAMI サザンオールスターズ

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、イントロなしでそのまま入る曲などの場合は、出演者がしばらく歌ってから赤坂による紹介に入る。
  2. ^ 『THE夜もヒッパレ』レギュラー放送開始! - 衛星放送協会
  3. ^ 同年の年末特番で歌った。

外部リンク[編集]


日本テレビ系列 土曜22時台
前番組 番組名 次番組
麻酔
【ここまで読売テレビ制作・ドラマ枠
夜もヒッパレ一生けんめい

THE夜もヒッパレ
(1994年4月16日 - 2002年9月21日)
【ここから日本テレビ制作・バラエティ枠】