おしゃれカンケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おしゃれカンケイ
ジャンル トーク番組
構成 秋元康
ほか
ディレクター 小川明人
ほか
演出 橋口洋之(総合演出)
高木章雄
菅賢治
司会者 古舘伊知郎
菊池桃子
マルシア
渡辺満里奈
出演者 週替わりゲスト
ナレーター バッキー木場
音楽 coba
オープニング coba
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
チーフ・
プロデューサー
大井紀子
室川治久
棚次隆
ほか
プロデューサー 高木章雄
菅賢治
北條伸樹
ほか
制作 日本テレビ
放送
放送チャンネル日本テレビ系列
映像形式字幕放送
音声形式ステレオ放送モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1994年7月3日 - 2005年3月27日
放送時間日曜 22:00 - 22:30
放送分30分
番組年表
前作オシャレ30・30
続編おしゃれイズム
テンプレートを表示

おしゃれカンケイは、1994年7月3日から2005年3月27日まで日本テレビ系列局で放送された日本テレビ製作のトーク番組資生堂の一社提供。放送時間は毎週日曜22:00 - 22:30 (JST) 。

概要[編集]

1974年放送開始の『おしゃれ』から続くトーク番組シリーズの第3弾で、前番組『オシャレ30・30』から引き続き古舘伊知郎が司会を務めた。企画は秋元康が、提供読みは当時日本テレビアナウンサー笛吹雅子が担当。『オシャレ30・30』では番組タイトルの『おしゃれ』の箇所がカタカナ表記だったが、本番組でひらがな表記へと戻された。

人気コーナーに、その回のゲスト出演者と関わりの深い人物からの手紙を読む『16小節のLOVE SONG』があった。しかし、末期においてはコーナーのタイトル映像を流さずに手紙を読んだり、コーナーそのものを行わなかったりしていた。番組放送10年を記念し2004年10月には、このコーナーをまとめた本が出版された[1]。また、オープニングでゲストの子供の頃の写真を紹介していた時期もある。2002年まではステレオ放送を実施していたが、『オシャレ30・30』にあった音楽要素がこの番組には無かったこともあり、字幕放送の導入と引き換えにモノラル放送へと切り替えられた。

1999年、『ミッチー・サッチー騒動』と呼ばれる浅香光代との熟女バトルで話題になっていた野村沙知代が同年7月4日放送分にゲスト出演した際に、スポンサーの資生堂が「企業イメージにそぐわない」としてこの回だけCM出稿・提供クレジット表記を自粛するという事態が発生した[2]。この回の視聴率は関東地区:25.7%、関西地区:22.5%(ビデオリサーチ社調べ)と番組史上最高の視聴率を獲得した[2]。これは関東地区・関西地区ともに最高の数値である[2]。2000年7月2日の300回記念スペシャルでは時間を1時間に拡大しゲストに明石家さんまを迎えた。同年9月24日放送分は元々21時から2時間の特別番組が編成されていたため、23時からの放送予定であったが、プロ野球読売ジャイアンツセ・リーグ優勝決定試合の中継が大幅に延長したため、前枠の特別番組も2時間繰り下がったため、本番組は通常より3時間遅れの翌日25日1時からの放送になった[3]

番組の終焉とその後[編集]

視聴率は決して悪くはなく、日本テレビ側も2004年度始めの時点では打ち切りを一切予定していなかった。しかし、古舘が2004年4月にテレビ朝日系列で開始された『報道ステーション』のメインキャスターを担当するにあたって、それまで出演していたレギュラー番組を相次いで降板[2][4]。その後も当番組だけは2004年2月に4月以降も継続する契約を結んで続けていたが[5]、やはり『報道ステーション』に専念するために降板を示唆した[2]。そのため、番組は2005年3月27日放送分を以って終了し、10年9ヶ月間の放送に幕を降ろし、古館は前身の『オシャレ30・30』を含め18年3ヶ月にわたるおしゃれシリーズの司会を勇退した。最終回のゲストは萩本欽一だった[6]。後継番組はシリーズ第4弾の『おしゃれイズム』で、同タイトルへの改題以降は上田晋也くりぃむしちゅー)・藤木直人森泉が司会を務めている。

古舘は2006年7月3日放送の『みのもんたの“さしのみ”』にゲスト出演したことで1年3ヶ月ぶりに日本テレビ系列での再出演を果たした(そしてこれを最後に古舘はテレビ朝日系列以外での番組出演を長らく行わなかった)。

古舘は当番組終了後、仕事を『報道ステーション』のみに絞っていたが、2016年3月に同番組を降板、それから約2か月後の同年6月12日に『おしゃれイズム』にゲスト出演した[7]

司会者[編集]

  • 古舘伊知郎(1994年7月 - 2005年3月)
  • 菊池桃子(1994年7月 - 1995年3月)
  • マルシア(1994年7月 - 1997年3月)
  • 渡辺満里奈(1997年4月 - 2005年3月)
    • 番組開始から1995年3月までは古館・菊池・マルシアの3人体制。1995年4月以降古館・マルシア(→渡辺)の2人体制となる。

オープニングテーマ・BGM[編集]

オープニングテーマや『16小節のLOVE SONG』バックグラウンドミュージックの作曲および演奏は、番組の放送開始から終了までアコーディオニストのcobaが一貫して担当していた。歴代のオープニングテーマは以下のとおり。4代目の『telephone king』以降は、バッキー木場による軽いゲスト紹介のナレーションが挿入されていた。 

  1. deja vuがにげる頃(1994年7月 - 1996年3月)
  2. fellinism(1996年4月 - 1998年3月)
  3. CREPUSCULE(1998年4月 - 2000年3月)
  4. telephone king(2000年4月 - 2002年3月)
  5. 霖雨 -リンユイ-(2002年4月 - 2005年3月)

なお、『16小節のLOVE SONG』のバックグラウンドミュージックの正式なタイトルは『過ぎ去りし永遠の日々』で、他の番組や結婚式などで家族などからのメッセージを読み上げる時の定番音楽となっている。cobaが同じく日本テレビ製作の『THE夜もヒッパレ』1999年1月23日放送分に出演した際には、初代オープニングテーマの『deja vuがにげる頃』とこの『過ぎ去りし永遠の日々』を演奏した。

EMIミュージック・ジャパンから、この番組のテーマソングを収めたCDが発売されている。

エンディングは『哀愁のスカパラダイス』が使用された時期もある。

16小節のLOVE SONG[編集]

エンディング前の番組の看板ともいえるコーナー。ゲストにゆかりの深い有名人または家族からの手紙を古舘が代読し、ゲストに感想を聞いた後その手紙をゲストに渡す。当コーナー専用のオープニング映像があり、何度か変更されている。オープニング映像では下記の2種類の文章を女性が語るナレーションが加えられていた。

  1. 初代「見つめては言えない言葉がある。見つめられては言えない言葉がある。だから、今その思いを手紙に託して伝えたい」
  2. 2代目「人生には何度も読み返したくなる手紙がある」

番組末期は、このコーナー自体が休止される週もあった。初めて休止となったのは2000年7月2日の300回記念スペシャル(ゲストは明石家さんま)である。

スタッフ[編集]

  • ナレーター:バッキー木場
  • 音楽:coba (アコーディオニスト)
  • 構成:秋元康 / 腰山一生、飯田茉千子、竹田康一郎、堀田延堀江利幸北本かつら
  • ディレクター:小川明人 / 及川千津、首藤由紀子、加藤孝司、山谷和隆、寺沢隆、中村博行
  • AD:茂木恵美子、松島美由紀、遠山広、前川泰徳、若林忠裕、伊澤洋介
  • 総合演出:橋口洋之
  • プロデューサー:北條伸樹 / 小林宏充、中村喜伸、細越貴子
  • プロデューサー・演出:高木章雄 → 菅賢治
  • チーフプロデューサー:大井紀子[8]室川治久棚次隆城朋子桜田和之吉田真

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ 同時ネット
青森県 青森放送
岩手県 テレビ岩手
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送
福島県 福島中央テレビ
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州
静岡県 静岡第一テレビ
富山県 北日本放送
石川県 テレビ金沢
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ
島根県
鳥取県
日本海テレビ
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送
香川県
岡山県
西日本放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
徳島県 四国放送
福岡県 福岡放送
長崎県 長崎国際テレビ
熊本県 くまもと県民テレビ
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列
フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ 日本テレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列 遅れネット[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『16小節のLOVE SONG』ISBN 4-8203-9897-0
  2. ^ a b c d e 「おしゃれカンケイ」3月終了 古舘「報道ステーション」専念、『スポーツ報知』2005年1月15日付
  3. ^ 渡辺満里奈のTV出演情報
  4. ^ 古舘「おしゃれ」終了、報ステに専念、日刊スポーツ2005年1月23日
  5. ^ 古舘「報ステ」成功へのドア回らぬワケ六本木テレ朝新名物、きょう船出、ZAKZAK 2004年4月5日
  6. ^ 古舘伊知郎のTV出演情報
  7. ^ おしゃれイズム×おしゃれカンケイ?くりぃむ上田と古舘伊知郎が新旧MC共演、お笑いナタリー 2016年6月2日
  8. ^ 初期時代にプロデューサー。
  9. ^ 前番組の『オシャレ30・30』と同様、8日遅れの月曜19:30 - 20:00(1時間スペシャル放送時は19:00から放送された)に放送されていた。他局と同様に資生堂のスポンサードネットではあったがCMは差し替えられていた。番組終了後のジャンクションには、月曜20:00枠で同時ネットのフジテレビ制作の番組『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』が挿入されていた。

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 日曜22:00 - 22:30・資生堂一社提供
前番組 番組名 次番組
おしゃれカンケイ