青春ファンタジア 菊池桃子 あなたと星の上で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青春ファンタジア
菊池桃子 あなたと星の上で
ジャンル バラエティ番組
放送方式 収録
放送期間 1985年4月7日 - 1988年10月9日
放送時間 日曜24:05 - 25:00
→ 日曜23:00 - 23:55
→ 日曜24:00 - 24:55
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 菊池桃子
出演 永田耕一劇団スーパー・エキセントリック・シアター
テーマ曲 星に願いを[1]
ディレクター 田中厳美[2]
浅野啓児[2]
藤井正博[1]
提供 学生援護会(1985年)
渋谷ゼミナール(1986年)
カルビー(1987年4月~同年9月、1988年)[3]
テンプレートを表示

青春ファンタジア 菊池桃子 あなたと星の上で』(せいしゅんファンタジア きくちももこ あなたとほしのうえで)は、1985年4月7日から1988年10月9日まで、ニッポン放送製作により、NRN各局で放送されていたラジオ番組である。

概要[編集]

本番組がスタートする6か月前の1984年10月から同じニッポン放送で放送されていた『SONY Night Square 菊池桃子 桃子とすこし夜ふかし』が1985年3月で終了した後、放送時間を移動して放送枠を55分に拡大し、改めて本番組がスタートした。

ニッポン放送では55分番組だったが、ネットしていたNRN各局においては、30分の短縮版のものが放送されていた。

メインパーソナリティは菊池桃子で、最初は主に菊池の一人喋りで番組が進められていたが、途中1986年6月から、劇団スーパー・エキセントリック・シアター永田耕一が共演者として加わった[2]。菊池が巨人ファン、永田がヤクルトファンということで、野球についてのトークも比較的多かった[4]。この他、菊池の愛犬の話も多かった[4]

送られてきたはがきの数は、多い時で週に4,000通を数え、送り主は中学生から大学生が主だった。送り主の男女比は最初7対3程だったが、後に女性率が増えて6対4程になったという[1]。本番組からはがきを読まれるなどされたリスナーに送られるノベルティは『桃子をイメージしたカワウソ消しゴム』などがあった[1]。なおこれは、本番組中にカワウソが流行ったことから出来たものである(浅野ディレクターの時期に流行った)[2]

この番組中でビートルズ特集をやっていたことがあり、その選曲は菊池自身がやっていた[5]

オープニングテーマ曲は『BELLA NOTTE』(作詞・作曲:Peggy Lee & Sonny Burke)。エンディングテーマ曲は『星に願いを』で、最後は毎週「また来週、あなたと、あの星の上で逢いましょ。」の言葉とグッドナイトキスの音で終わっていた[1][注釈 1](「おやすみなさい」だった『桃子とすこし夜ふかし』からの慣習を引き継いだ)。

本番組はいつもは録音放送であったが、1988年10月9日の最終回は生放送で行われた。ニッポン放送局舎前には、この情報を聞いた約50人のリスナーが駆け付け、最終回放送を見守っていた[2]

スポンサーは学生援護会(1985年)→渋谷ゼミナール(1986年)→カルビー(1987年4月~同年9月、1988年)[3]などと変遷。最終回のみ、「この番組は、健康とまごころをお届けするカルビーの提供で、日曜の夜と桃子を愛して下さった皆さんに、お送りしました」と読み上げられた。

放送時間[編集]

ニッポン放送での放送時間
  • 毎週日曜日 24:05 - 25:00(JST)- 1985年4月7日〜1986年4月6日
  • 毎週日曜日 23:00 - 23:55(JST)- 1986年4月13日〜1987年10月4日
  • 毎週日曜日 24:00 - 24:55(JST)- 1987年10月11日〜1988年10月9日

パーソナリティ[編集]

スタッフ[編集]

  • ディレクター
    • 田中厳美(初代。最終回のみ再びキューを振る)[2]
    • 浅野啓児 (3代目)[2]
    • 藤井正博(1987年6月から)[1]

コーナー[編集]

コメディモモコ[3]
  • 1分間のラジオコント。
モモコシアター
君の青春日記[3]
  • リスナーの体験談、実話をもとにラジオドラマ調に構成したコーナー。
桃子のお悩み探検隊
  • このコーナーには「隊員心得五ヶ条」があった。内容は以下のとおり。なお、菊池自身も最終回では完全に忘れ切っていたという(暗唱出来なかった)。はがきが採用されたリスナーには五ヶ条が書かれたカードと隊員バッジが贈られた[7]
  1. 昨日の悩みは明日への明るい希望
  2. 一人の悩みはみんなの悩み
  3. アリさんだって悩んでる
  4. 隊長の悩みは……教えません
  5. 隊長に「デブ」と言ってはいけません[4]
はがきでジャンケン[4]
  • はがきにグー・チョキ・パーを書いて、はがき同士でじゃんけん。菊池自身のアイデアによるコーナーだった[8]
野球盤のコーナー
  • 試合の設定、球種などをはがきに書いて送り、その通りにゲームを進めてみるというコーナー[4]
名前早読みコーナー[4]
桃子青春ベストテン[3]
素直になれなくて[3]
桃子の星占い
  • エンディングのコーナー[4]

ネット局[編集]

ネット局はいずれも30分放送。

  • STVラジオ - 日曜日 23:00 - 23:30(1987年9月まで)
  • 青森放送 - 日曜日 23:00 - 23:30(1987年9月まで)
  • ラジオ福島 - 土曜日24:30 - 25:00(1987年9月まで)→ 土曜日22:00 - 22:30(1987年10月〜1988年3月)
  • 山梨放送 - 土曜日24:00 - 24:30(最終回まで)
  • 北日本放送 - 日曜日21:30 - 22:00(最終回まで)
  • 静岡放送 - 日曜日22:30 - 23:00(1987年10月〜1988年3月)→ 日曜日24:00 - 24:30(1988年4月〜最終回)
  • ABCラジオ - 土曜日21:25 - 21:55(1986年10月〜1987年3月)[注釈 2]
  • ラジオ関西 - 土曜日25:30 - 26:00(1987年10月〜1988年3月)→土曜日24:30 - 25:00(1988年4月〜最終回)
  • 山口放送 - 日曜日22:10 - 22:40(1988年3月まで)
  • KBCラジオ - 土曜日21:00 - 21:30(1986年10月〜1987年3月)→ 日曜日23:30 - 24:00(1987年4月〜1987年9月)
  • 熊本放送 - 金曜日24:25 - 24:55(最終回まで)
  • 南日本放送 - 土曜日20:00 - 20:30(1986年10月〜1987年3月)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、菊池が当番組と同時期に担当していた『菊池桃子の青春トライアングル』(TBSラジオ)の2代目エンディングテーマ曲も『星に願いを』で、こちらもエンディングはキスの音で終わっていた[6]
  2. ^ この間、MBSラジオではほぼ同じ時間帯で『菊池桃子の青春トライアングル』(TBSラジオ制作 毎週土曜日21:30 - 22:00)が放送されており、同一パーソナリティで裏番組同士という現象が起きていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 月刊ラジオパラダイス 1987年8月号特集『アイドルラジオ 夏期講座』30-31ページより。
  2. ^ a b c d e f g 月刊ラジオパラダイス 1988年12月号記事「生放送のラストナイト『菊池桃子 あなたと星の上で』」
  3. ^ a b c d e f ラジオ新番組速報版三才ブックス)1987年春号~1988年春号掲載のニッポン放送番組表より。
  4. ^ a b c d e f g h 月刊ラジオパラダイス 1988年2月号 112-113ページ
  5. ^ 月刊ラジオパラダイス 1987年2月号 3-5ページ 菊池桃子インタビュー
  6. ^ 月刊ラジオパラダイス 1987年5月号 p.101
  7. ^ 月刊ラジオパラダイス 1985年12月号 39ページ記事
  8. ^ DUNK集英社)1987年6月号 p.89 - 95「アイドルDJ新番組総図鑑」
ニッポン放送 日曜日 24:05 - 25:00枠
前番組 番組名 次番組
青春ファンタジア
菊池桃子 あなたと星の上で
日曜日 23:00 - 23:55枠
青春ファンタジア
菊池桃子 あなたと星の上で
中山美穂 ちょっとだけええかっこC
(23:00 - 23:30)
渡辺美里 ごきげんデイト
(23:30 - 24:00)
日曜日 24:00 - 24:55枠
荻野目洋子 純情フリーウェイ
(24:00 - 24:30)
中山美穂 ちょっとだけええかっこC
(24:30 - 25:00)
青春ファンタジア
菊池桃子 あなたと星の上で