クイズ日本人の質問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クイズ日本人の質問
ジャンル クイズ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 古舘伊知郎
高橋英樹
大桃美代子
矢崎滋
桂文珍
吉本多香美
井上順
佐藤B作
ほか
ナレーター 黒沢良
音声 ステレオ放送
クイズ日本人の質問
放送時間 火曜 20:00 - 20:40
(1993年4月 - 1994年3月)
日曜 19:20 - 20:00
(1994年4月 - 2000年3月)
放送期間 1993年4月6日 - 2000年3月26日
新・クイズ日本人の質問
放送時間 日曜 19:20 - 19:58(38分)
放送期間 2000年4月2日 - 2003年3月30日
テンプレートを表示

クイズ 日本人の質問』(クイズ にっぽんじんのしつもん)は、1993年4月6日から2003年3月30日まで放送されたNHK総合テレビクイズ番組である。開始当初から1994年3月までは火曜日の20:00 - 20:40、同年4月から最終回までは毎週日曜日の19:20 - 20:00に放送された。

概要[編集]

内容はかつて放送された『ゲーム ホントにホント?』とほぼ同じ形式で、出演者は「司会」の古舘伊知郎・4人の「ものしり博士」・2人1組の「解答者」4チームで構成された。視聴者から寄せられた素朴な疑問・質問(番組名に「日本人」とあるが、日本以外の国籍の視聴者からの質問も取り上げたことがある)に、4人の博士が持論と共に「答え」を紹介する。

その後質問タイムが設けられ、解答者がそれぞれの博士に質問をする(博士はスタッフから事前に資料を用意されている)。その後、解答者は正しいと思われる答えを一つ選び出して解答する。

正解発表はBGMとともにものしり博士の席とセットの電飾が点灯、そのうち3つが消え、1つだけ点灯している博士が正解である。

前半の3問は「チーム戦」で、2人で相談して一つの答えを出し、正解すると20点獲得する。最終問題は解答者8人がそれぞれ答える「個人戦」で、正解すると1人25点、2人正解で50点を獲得する。最終的にポイントを多く獲得したチームがトップ賞として、針すなおが描いた出演者のイラストが描かれたジグソーパズルが、リニューアルされた後期では、組み合わせると4面に各チームの解答者が描かれた立方体になるブロックパズルがプレゼントされた。

また、質問が採用された視聴者にトップ賞と同じパズルがプレゼントされるが、初期には全員にではなく、ユニークな質問・答えがユニークな質問を寄せた視聴者1名を出演者全員の合議によって選び、その人に「目からウロコ賞」としてジグソーパズルをプレゼントしていた。

初期には『クイズ面白ゼミナール』と同様、オープニングで各解答者に視聴者から寄せられた質問から作られた一問一答の2択問題を出し、正解で10点獲得出来るコーナーがあった。また、最終問題は初期には1人20点だった。

得点表示は初期は最終問題出題前に、CG合成によるテロップで表示されていたが、後に解答者席にデジタル表示の電光掲示板が取り付けられ、常時得点が表示されるようになった。

1992年12月25日に放送されたパイロット版の司会はNHKアナウンサー徳田章だった。この時は『バラエティー日本人の質問 クイズ&ドキュメント』というタイトルで、前半が本番組のパイロット版、そして「世の中には正解のない質問もあります」として後半は『平成世の中研究所』のパイロット版だった。なお、1993年2月11日には古舘司会のパイロット版も放送された。

1994年4月から2年程、ステレオ放送のマークがVTR編集時に挿入されていた(他のNHKの地上波・衛星波の番組では既にステレオ放送のマークの表示がなくなっていた)。

1994年 - 1996年、古舘は本番組を担当した縁で『NHK紅白歌合戦』の白組司会に起用された[1]。古舘は「NHK連続テレビ小説君の名は」に出演させていただいたこともあります。それが「クイズ日本人の質問」などのNHK番組、さらに「紅白歌合戦」の司会につながっていったと思います」と述べている[2]。紅白内で本番組のレギュラーが応援ゲストとして出演する演出もあった。

リニューアル[編集]

2000年4月2日からは『新・クイズ 日本人の質問』としてリニューアルされ、「ものしり博士」のメンバーが一部入れ替えられた。ルールは前と同じだが、第1問に限り出題後にものしり博士がまず答えを発表し、解答者が個々でプレートを立てて答えを選ぶ部分が追加され、古舘は解答者の紹介がてら答えをチェックする。その後、ものしり博士の詳しい説明を聞いてから通常通り答えをフリップに記入、それが正式な解答となる。

出演者[編集]

司会[編集]

ものしり博士[編集]

  • 1枠() - 高橋英樹
  • 2枠(ピンク) - 大桃美代子(1993年4月6日 - 2000年3月26日)→吉本多香美(2000年4月2日 - 2003年3月30日)
  • 3枠() - 矢崎滋(1993年4月6日 - 2000年2月13日)→佐藤B作井上順(2000年4月2日 - 2003年3月30日、週交代)
    矢崎は2月13日を最後に出演せず、4月のリニューアル時に正式に降板となった。この間の代役の中に4月からのリニューアルに際してものしり博士となった佐藤と井上も含まれていた。
  • 4枠(黄色) - 桂文珍
  • それぞれの博士の唱える説は1枠から順に「起承転結」のように構成されており[3]、1枠は最も常識的に思える説、2枠は1枠に対抗する説、3枠はそれまでの2説とは全く違う説、4枠はまるで"オチ"のような笑いの漏れるような変わった説を唱えるような構成が多かった。
  • その他都合により出演できない博士の代理として、宮尾すすむ宝田明竜雷太渡辺徹山田邦子桂ざこばなど、不定期に出演したものしり博士もいた。代理のものしり博士は休んでいる博士の席に座るが、他のものしり博士が席替えをした事もあった。

主な回答者[編集]

(五十音順)

ほか

[4]

アシスタント[編集]

ナレーション[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合 火曜 20:00 - 20:40枠(1993年4月 - 1994年3月)
前番組 番組名 次番組
クイズ日本人の質問
NHK歌謡コンサート
※土曜20時台より移動
NHK総合 日曜19:20 - 20:00枠(1994年4月 - 2003年3月)
クイズ日本人の質問

新・クイズ日本人の質問