津川哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

津川 哲夫(つがわ てつお、1949年12月3日 - )は、日本モータースポーツジャーナリスト。かつてはF1メカニックとしてベネトンチームなどに歴任し、その後フジテレビのF1中継の解説者に転身した。東京都杉並区出身、イギリス在住。

略歴[編集]

高校時代よりモトクロスを始め、東海大学ではラリーに熱中する。1973年、同校工学部を卒業し、鈴木板金(現ベルコ)に就職。1976年F1世界選手権イン・ジャパンを観戦してF1メカニックを志し、翌年単身渡英する。1978年サーティースのメカニックとなり、以後エンサインセオドールトールマンハースベネトンとチームを渡り歩く。トールマンでは1984年アイルトン・セナのデビューに立ち会う。1989年日本GPでは母国でベネトンのアレッサンドロ・ナニーニが優勝し、感激の涙をこぼした。1990年シーズンをもって14年間のメカニック業を引退。最後の2戦は担当するネルソン・ピケが連勝するという幸運に恵まれる。

1988年、自身の体験談をもとにF1サーカスの舞台裏を綴った『F1グランプリボーイズ』を執筆。雑誌『ベストカー』でも連載され、F1ブーム期の日本のF1ファンに存在を知られる。メカニック引退後は経験を活かし、モータースポーツ関連の番組や雑誌でメカニズムの分析・解説を中心としたジャーナリスト活動を行っている。F1中継番組『F1グランプリ』ではピットリポーターも担当した。

人物・エピソード[編集]

  • 父の津川溶々は推理小説雑誌『宝石』の元編集長であり、映画評論家としても知られる[1]
  • 渡英した当時、メカニック採用の伝手もなければ英語もほとんど喋れなかった。9か月間アルバイトで食いつなぎながらレースチームに手紙を送り続け、運良くサーティースに採用された。
  • メカニック時代の愛称は"tetsu"、ジャーナリスト仲間には「哲っあん」と呼ばれる。
  • 英語圏外出身ドライバーの名前を英語読みすることがある。アイルトン・セナ (Ayrton Senna) は「エヤトン・セナ」、ゲルハルト・ベルガー (Gerhard Berger) は「ガーハート・バーガー」。これを真似するF1マニアも現われ、津川式「セナ→アイルトン→エヤトン」変格活用と呼ばれた[2]

主な仕事[編集]

著書[編集]

  • F-1グランプリボーイズ F-1サーカス巡業旅日記(三推社講談社、1988年)
  • F-1グランプリボーイズ part2 サーカス巡業旅日記(三推社・講談社、1989年)
  • F-1グランプリボーイズ part3 凱旋篇 F-1サーカス巡業旅日記(三推社・講談社、1990年)
  • F-1グランプリボーイズ part4 完結篇 F-1サーカス巡業旅日記(三推社・講談社、1991年)
  • 津川哲夫のF1をメチャクチャ楽しむ本 テレビじゃ、しゃべらない実況生中継!(三推社別冊ベストカー、1991年)

雑誌連載[編集]

映像作品監修[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “老兵は現役なり 土曜サロン 第一三三回・十一月三十日”. 日本推理作家協会会報2003年1月号 (日本推理作家協会). http://www.mystery.or.jp/kaiho/0301/rohei.html 2010年5月24日閲覧。 
  2. ^ 別冊宝島148『F1激走読本-サーキットを駆けめぐる人とマシンの物語』 JICC出版社、1992年、54 - 55頁。

参考文献[編集]

  • われら地球市民 世界に飛び出した日本人(共同通信社、1990年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]