ジョルジオ・アスカネッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョルジオ・アスカネッリGiorgio Ascanelli1959年2月23日 -)は、イタリア出身のモータースポーツ技術者F1チームスクーデリア・トロ・ロッソの技術責任者(テクニカルディレクター)などを務めた。

経歴[編集]

1985年からフォーミュラ1(F1)チームスクーデリア・フェラーリの技術者として働きはじめる。1987年にはフィアット・グループアバルトチームにて、世界ラリー選手権(WRC)のトラック・エンジニアを務める。

1988年にはフェラーリに戻り、ドライバーだったゲルハルト・ベルガーの担当エンジニアを務めていた。1989年に同チームのチーフエンジニアに昇進。

1990年、当時ベネトンにいたジョン・バーナードに引き抜かれ、チーフエンジニアとして移籍する。

1992年にはマクラーレンのドライバーだったベルガーの頼みでマクラーレンに移籍。再びベルガーの担当エンジニアとして働き、1993年アイルトン・セナのエンジニアを担当した。

1995年に再びフェラーリにチーフエンジニアとして移籍し、三度ベルガーの担当エンジニアを務めた。1998年に同チームの研究開発部門責任者(head of R&D)に任命された。その後、チームが体制を一新しロス・ブラウン主導の体制に移行したことから立場を追われる形になり、2001年はフェラーリエンジン(バッヂネームはエイサー)を搭載するプロストへアドバイザーとして派遣された。

2002年から2007年までフィアット・グループのマセラッティで、FIA GT選手権のテクニカルディレクターを務めていた。

2007年シーズンのマレーシアGPから再度F1に戻り、ベルガーが共同オーナーを務めるスクーデリア・トロ・ロッソのテクニカルディレクターを務めた[1]レッドブル・レーシングのマシンを譲り受ける体制から、2010年よりオリジナルマシンの製造へ移行したチームにおいて、開発部門を指揮した。

2012年シーズン途中に現場を離れ、9月にはトロ・ロッソからの離脱が発表された[2]。その後、ブレーキメーカーのブレンボにチーフ・テクニカルオフィサーとして加入した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ascanelli moves to Toro Rosso(grandprix.com 2007年3月31日)
  2. ^ "アスカネッリがトロ・ロッソ離脱". ESPN F1.(2012年9月6日)2013年5月20日閲覧。
  3. ^ "アスカネッリ ブレンボのテクニカルチーフに就任". GPUpdate.(2013年2月4日)2013年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]

PEOPLE: GIORGIO ASCANELLI - Grandprix.com