テオ・ファビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テオ・ファビ
基本情報
フルネーム テオドリコ・ファビ
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・ミラノ
生年月日 (1955-03-09) 1955年3月9日(62歳)
F1での経歴
活動時期 1982,1984-1987
所属チーム '82,'85 トールマン
'84 ブラバム
'86-'87 ベネトン
出走回数 71 (64スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 2
通算獲得ポイント 23
ポールポジション 3
ファステストラップ 2
初戦 1982年南アフリカGP
最終戦 1987年オーストラリアGP
テンプレートを表示

テオドリコ・"テオ"・ファビTeodorico "Teo" Fabi, 1955年3月9日 - )は、ミラノ出身のイタリア人レーシングドライバー。1982年にF1デビューし、1987年にF1を引退。1983年から1995年まで、インディ500にも参戦した。

経歴[編集]

F1[編集]

1982年開幕戦の南アフリカGPでトールマンよりF1に参戦。第4戦のサンマリノGPで、初めて予選を通過しデビューとなった。この年、予選通過は7回。予選不通過は7回(うち1回は予備予選落ち)。入賞は無し。

1年のF1休養後、1984年はブラバムより参戦。アメリカ東GPで初入賞(3位表彰台)。3度の入賞を果たし9点を獲得。インディ500参戦などにより5戦に不参加。代役は弟のコラード・ファビが務めた。

トールマン・TG185をドライブするファビ

1985年にはトールマンに戻り参戦するも、チームがタイヤを確保できずに開幕3戦には参戦できなかった。その後、第9戦ドイツGPにて初のPP獲得した。これは、トールマンチームとハートエンジンにとっても初のPPだった。しかし決勝ではマシントラブルのために結果が出ず、無得点でシーズンを終えている。

1986年はチームに残留したが、チームは「ベネトン」に名称を変更した。第12戦オーストリアGP、第13戦イタリアGPでは連続PPを記録したが、信頼性の低いマシンのためにリタイヤが多く、ドライバーズポイントは2点(5位1回)に終わった。この年、チームメイトのゲルハルト・ベルガーがチーム初優勝をもたらした。

1987年もベネトンより参戦した。チームメイトはティエリー・ブーツェンであった。ポールポジションの獲得はならなかったものの、堅実にポイントを重ね12ポイント獲得した。しかし、その開発手腕を買われてアメリカのチャンプカー・ワールド・シリーズポルシェエンジンプロジェクトに移ることとなり、この年限りでF1から去った。

インディカー[編集]

1983年にインディカーシリーズ(チャンプカー・ワールド・シリーズ)にデビュー。インディ500ではデビューイヤーにポールポジションを獲得し、ルーキーオブザイヤーに輝く。

1988年に、満を持して参入したポルシェのナンバー1ドライバーとして、1984年以来のインディカーシリーズ参戦を果たした。なおその後も1983年から1995年まで、インディ500に参戦した。

SWC[編集]

1991年には、スポーツカー世界選手権(SWC)のジャガーのワークスチームのドライバーとしてジャガー・XJR-12ジャガー・XJR-14をドライブし、 チャンピオンを獲得した。なお、ル・マン24時間レースにおいての優勝はかなわなかった。

その他[編集]

  • 高速コースで主に好結果を残している。PPを獲得したレースは、1985年ドイツGP(ニュルブルクリンク)を除き、デビューイヤーでPP獲得となったインディ500(インディアナポリス)、F1で獲得した1986年F1オーストリアGP(エステルライヒリンク:現A1リンク)、同イタリアGP(モンツァ)であり、どれも超ハイスピードサーキットでの開催である。
    • 1986年イタリアGPでは、最終コーナーでガス欠症状に見舞われながらのタイムでPPを獲得した[1]
  • F1における通算3回のPP獲得も、スタート失敗や、フォーメーションラップの隊列に参加できない事もあった為、通算ラップリーダーは0周だった。優勝なしのPP獲得者は多く存在するが、リーダーラップすら記録にないのは、現在ファビただ1人だけである。

レース戦績[編集]

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1982年 トールマン TG181C RSA
DNQ
BRA
DNQ
USW
DNQ
SMR
NC
BEL
Ret
MON
DNPQ
DET CAN NED
DNQ
GBR
Ret
FRA
Ret
GER
DNQ
AUT
Ret
SUI
Ret
ITA
Ret
CPL
DNQ
NC
(35位)
0
1984年 MRD インターナショナル (ブラバム) BT53 BRA
Ret
RSA
Ret
BEL
Ret
SMR
Ret
FRA
9
MON CAN DET
3
DAL GBR
Ret
GER
Ret
AUT
4
NED
5
ITA
Ret
EUR
Ret
POR 12位 9
1985年 トールマン TG185 BRA POR SMR MON
Ret
CAN
Ret
DET
Ret
FRA
14
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
12
BEL
Ret
EUR
Ret
RSA
Ret
AUS
Ret
NC
(31位)
0
1986年 ベネトン B186 BRA
10
ESP
5
SMR
Ret
MON
Ret
BEL
7
CAN
Ret
DET
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
AUT
Ret
ITA
Ret
POR
8
MEX
Ret
AUS
10
15位 2
1987年 B187 BRA
Ret
SMR
Ret
BEL
Ret
MON
8
DET
Ret
FRA
5
GBR
6
GER
Ret
HUN
Ret
AUT
3
ITA
7
POR
4
ESP
Ret
MEX
5
JPN
Ret
AUS
Ret
9位 12

WSC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1991 シルクカット・ジャガー ジャガー・XJR-14 C1 SUZ
Ret
MON
2
SIL
1
NÜR
2
MAG
3
MEX
DNS
AUT
3
1位 86
ジャガー・XJR-12 C2 LMN
3
1992 トヨタ チーム・トムス トヨタ・TS010 C1 MON
SIL
LMN
8
DON
SUZ
MAG
27位 8

脚注[編集]

  1. ^ 津川哲夫『F-1グランプリボーイズ』三推社・講談社、1988年2月1日

関連項目[編集]