ブラバム・BT58

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラバム・BT58
カテゴリー F1
コンストラクター ブラバム
デザイナー ジョン・ボールドウィン
セルジオ・リンランド
先代 ブラバム・BT56
後継 ブラバム・BT59
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー ケブラー モノコック
エンジン ジャッド CV, 3,496 cc (213.3 cu in), 76度 V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ブラバム / ヒューランド製 6速 MT
燃料 エルフ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム モーターレーシング・ディベロップメント
ドライバー 7. イギリスの旗 マーティン・ブランドル
8. イタリアの旗 ステファノ・モデナ
7. スイスの旗 グレガー・フォイテク
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1989年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
18 0 0 0
テンプレートを表示

ブラバム・BT58 (Brabham BT58) は、セルジオ・リンランドを責任者として設計されたフォーミュラ1カーで、1989年シーズンから1990年シーズンにかけてブラバムチームが使用した。

概要[編集]

1988年シーズンの参戦を休止していたブラバムが復帰後に製作したマシン。エンジンはNAジャッドV型8気筒を搭載、タイヤはピレリ

前年の出走がなかったことから、89年シーズンから導入された予備予選からの出走となったが、他チームとの格の違いを見せつけた。第3戦モナコGPではマーティン・ブランドルが予選4位を獲得し、決勝ではステファノ・モデナが3位、ブランドルが6位とダブル入賞。モデナ自身初及びチームにとって2年振りの表彰台獲得となった。この得点により、後半戦は予備予選を免除された。モデナはその他のレースでも予選シングルグリッドに食い込み、才能をアピールした。

1990年は序盤2戦をBT58で戦い、第3戦から後継のBT59にスイッチした。1990年のシーズン中には来季の1991年シーズン に備え、ヤマハ・OX88(V8エンジン)を搭載したテスト走行も行われていた。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 BT58
  • ホイールベース 2,806mm
  • 前トレッド 1,803mm
  • 後トレッド 1,676mm
  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー ブラバム
  • ブレーキディスク・パッド AP
  • タイヤ ピレリ
  • ギヤボックス 6速

エンジン[編集]

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1989年 ブラバム
BT58
ジャッド CV
V8, 3.5リッター
P BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
8 8位
7 イギリスの旗 マーティン・ブランドル Ret Ret 6 9 Ret DNPQ DNPQ Ret 8 12 Ret 6 8 Ret 5 Ret
8 イタリアの旗 ステファノ・モデナ Ret Ret 3 10 Ret Ret Ret Ret Ret 11 Ret EX 14 Ret Ret 8
1990年 ブラバム
BT58
ジャッド EV
V8, 3.5リッター
P USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
MEX
メキシコの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
2 9位
7 スイスの旗 グレガー・フォイテク Ret Ret
8 イタリアの旗 ステファノ・モデナ 5 Ret

参照[編集]

  1. ^ STATS F1 - Brabham BT58”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。