エルフ・アキテーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エルフ・アキテーヌ (Elf Aquitaine) は、フランス石油会社。トタルフィナと合併し、トタルフィナエルフとなったが、同社は2003年トタルと改名した。エルフは現在トタルの1ブランドである。

1970年に国策としてアンタールフランス語版)(英語版を支配下に置くための大規模な事業再編を経験している。

歴史[編集]

エルフ・アキテーヌの歴史は三つの石油会社からなる。

  • Régie Autonome des Pétroles (RAP)
  • Société Nationale des Pétroles d'Aquitaine (SNPA)
  • Bureau de Recherches de Pétroles (BRP)

これらの会社はフランス南西部のアキテーヌ地域圏サン=マルセで発見されたガス田を利用するために創設された。

1965年12月、RAPとBRPは Entreprise de Recherches et d'Activités Pétrolières (ERAP) を形成するために合併した。ERAP は子会社として SNPA 、Union Générale des Pétroles (UGP)、および Union Industrielle des Pétroles (UIP) を所有した。結果として新会社は油田開発、原油生産からガソリンスタンドまで、石油ビジネスの全ての課程における資産を所有、垂直統合を達成した。

1967年4月28日、同社の異なるブランドおよび製品はエルフ (Elf) に統一された。

1970年、富裕層の利権であるアンタールをエルフ・アキテーヌが支配する形をとるため、以下の事業再編がなされた。

1972年当時同じく国有企業だった自動車メーカー・ルノーと、フランスのモータースポーツを発展させるために長期的に手を組むことになり、ルノーのF1やラリーカーをはじめ、市販車両のリアガラスやエンジンルームにもelfのステッカーが貼られることになり以後40年以上続いているが、F1に関しては2009年からTOTALロゴに変更されている。

1976年エルフ=イラップは Antar Pétroles de l'Atlantique と合併、Société Nationale Elf Aquitaine (SNEA) となり、これが後にエルフ・アキテーヌ (Elf Aquitaine) と改名した。エルフ・アキテーヌは1991年ニューヨーク証券取引所に上場した。

1993年には当時のイラク指導者サッダーム・フセインからイラクの油田に関して独占契約を与えられた。

1996年フランス政府は保有株式を売却し、黄金株を保有した。

2000年エルフ・アキテーヌはトタルフィナと合併、トタルフィナエルフとなり、同社は2003年にトタルと改名した。

脚注[編集]

  1. ^ 1928年にシュルンベルジュ兄弟フランス語版英語版シュルンベルジェが採掘権を地主から取得した。ほどなくウォルムズ・ロスチャイルドがペシェルボンへ資本参加した。
  2. ^ G. Vidalenche, "ANTAR sous le contrôle Elf-Erap", La Vie Française, 27 Mars 1970, p.22.