ブラバム・BT54

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラバム・BT54
Brabham BMW BT54 Turbo 1985 vr TCE.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ブラバム
デザイナー ゴードン・マレー
先代 ブラバム・BT53
後継 ブラバム・BT55
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド コイルスプリング ダンパー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド コイルスプリング ダンパー
エンジン BMW M12/13, 1,499 cc (91.5 cu in), 直列4気筒, t/c, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ブラバム / ヒューランド製 6速 MT
燃料 カストロール
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム モーターレーシング・ディベロップメント
ドライバー 7. ブラジルの旗 ネルソン・ピケ
8. フランスの旗 フランソワ・エスノー
8. スイスの旗 マルク・スレール
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1985年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 1 1 0
テンプレートを表示

ブラバム・BT54 (Brabham BT54) は、ブラバム1985年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。設計者はゴードン・マレー

概要[編集]

1985年用にブラバムが開発したF1マシン。BT52からBT53までとほぼ同じカーボン/アルミハニカムのモノコックを使用しつつ、主に空力面の開発を進めたマシンである。ラジエターとインタークーラーは縦置きになり、ドライバーが足を火傷する危険性のあったノーズのオイルクーラーは再びリアに収められた。サイドポンツーンは前後に長く、ライバルよりも幅の狭いものだった。排熱口もサイドポンツーンの上面ではなく後端で、この点も他チームとは異なっていた。

エンジンは引き続きBMW・M12/13直4ターボエンジンを搭載する。ターボチャージャーはKKK製からギャレット・エアリサーチ製に変更され、予選では5.4バールものハイブーストをかけた。これにより、ピークパワーでは1300馬力以上とも言われる未曾有の超ハイパワーを発揮するようになった。フランスグランプリの予選では338km/hという驚異的なトップスピードを記録した。 しかし、究極のどっかんターボといえるこのエンジンによって、ドライバビリティはさらに悪化した。ターボラグはもはやドライビングでカバーできないほど大きくなり、コーナーの立ち上がりでスロットルを踏み込むタイミングを少しでも外すとスピンしてしまう有様だった。第5戦カナダグランプリからはダウンフォースを補うためにサイドポンツーン後端にウイングレットが追加されたが、あまり効果は見られなかった。

ミシュランの撤退に伴い、タイヤサプライヤーをピレリに変更した。しかし、グッドイヤーに比べてパフォーマンスで劣り、これもドライバビリティ悪化の要因だった。猛暑の第7戦フランスGPでは奇跡的にピレリタイヤが性能を発揮しピケが待望の1勝を挙げたが、結局これが唯一の勝利となった。

エースドライバーのネルソン・ピケは悪化したドライバビリティに苦しみ、前年度は絶好調だった予選でもしばしばライバルの先行を許した。また、相変わらずのBMWエンジンの信頼性の低さもあって、完走は前年度と同じ7回にとどまった。シーズン終了後、マシンの遅さと年俸の低さに我慢できなくなったピケはウィリアムズに移籍してしまった。 セカンドドライバーはフランソワ・エスノーが起用されたが、モナコグランプリでの予選落ちの後解雇された。後任はマルク・スレールが起用されコンスタントに完走を重ねたが、入賞は3回のみだった。

1986年は斬新なBT55が多くの問題を抱えたため、第9戦イギリスGPリカルド・パトレーゼがBT54をドライブした。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 BMW M12/13
  • 気筒数 直列4気筒ターボ
  • 最大馬力 850馬力
ネルソン・ピケがドライブするBT54
BT54

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1985年 ブラバム BMW M12/13
S4 t/c
P BRA
ブラジルの旗
POR
ポルトガルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
BEL
ベルギーの旗
EUR
イギリスの旗
RSA
南アフリカ共和国の旗
AUS
オーストラリアの旗
26 5位
ネルソン・ピケ Ret Ret 8 Ret Ret 6 1 4 Ret Ret 8 2 5 Ret Ret Ret
フランソワ・エスノー Ret Ret Ret DNQ
マルク・スレール 15 8 8 6 Ret 6 10 4 8 Ret Ret Ret

[2]

参照[編集]

  1. ^ STATS F1 - Brabham BT54”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ 1985 Brabham team results”. FIA / Formula One Administration. 2010年3月9日閲覧。