縦置きエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
3輪シャーシにおける縦置きエンジン
ヘンダーソン英語版De Luxe Supersix(1926年)における縦置き直列6気筒エンジン
縦置きエンジンの例。写真左側が自動車の進行方向(ローバー・SD1

自動車工学において、縦置きエンジン(たておきエンジン、: Longitudinal engine)は、クランクシャフト車両の長軸、前後方向に沿って配置されている内燃機関である[1][2]英語では進行方向を地図の北に見立ててnorth-south engine(ノース=サウス・エンジン)という言い方も広く用いられる[3]

四輪自動車の縦置きエンジン[編集]

横置きでは車幅が足りず収まりきらない、直列6気筒や90度大口径V型8気筒といった大型エンジンを収めるための置き方である。一般的にはトラック(貨物自動車)を含め、フロントエンジン・リアドライブFR)のレイアウトの自動車に使われる。この場合はプロペラシャフトとセットになる。

同じ後輪駆動でも、リアエンジン(RR)やミッドシップ(MR)エンジンでは、コンパクトにまとめたい等の理由で横置きすることが多い[4]

フロントエンジン・フロントドライブ配置のいわゆるFF車横置きが多数派であるが、乗り心地や運動性能にこだわったり、四輪駆動の派生モデルを考慮しているメーカーや車種(例えば欧州のメーカーであればアウディサーブ、日本のメーカーであれば水平対向エンジンを多く搭載しているスバルFFミッドシップレイアウトを採用したホンダ車)では縦置きした車もある。FF車ではエンジンを縦置きにすることで左右のドライブトレーンの長さが均等になり、トルクステアを防止することができるため走行性能の向上に寄与できる。一方で縦にスペースが必要なため、FFの美点である広い居住空間が削られてしまうという欠点もある。

縦置きエンジンを搭載した車は大抵最小回転半径が横置きエンジン車よりも小さい。これはエンジンの側方により広い空間が存在し、大きなタイヤ切れ角が得られるからである。

縦置きを採用したFF車の例[編集]

オートバイの縦置きエンジン[編集]

オートバイでは、仕様される種類は駆動方式に依存する。チェーンまたはベルトドライブの場合は大抵横置きエンジンが使われ、シャフトドライブの場合は縦置きエンジンが使われる。

オートバイにおける縦置きエンジンは、「トルクリアクション」と呼ばれる弱点がある。これはクランクシャフトの境目(tipping point)が、加速した時にジャイロ効果を発生し、車体全体が傾く現象である。これは、ジェネレーターやギアボックスといった一部のコンポーネントをクランクシャフトと逆方向に回転させることによって部分的に解消することができる。ただしこれを縦置きの「味」であると考える好事家もいる。

またオートバイは差動機構が不要なため、回転方向を90度変えるためのかさ歯車を採用する場合もある。

縦置きエンジンの種類[編集]

これは自動車に搭載できるエンジンの種類の典型例のリストである。

出典[編集]

  1. ^ Pickerill, Ken (Jun 26, 2009). “Glossary”. In Main, Larry. Automotive Engine Performance. Today's Technician (5th ed.). Clifton Park, NY USA: Cengage Learning. p. 464. ISBN 978-1-43544-520-8. "Longitudinal engine mounting An engine mounted lengthways in the chassis." 
  2. ^ Duffy, James E.; Scharff, Robert (Mar 1, 2003). “Chapter 2: Vehicle Construction Technology”. In Clark, Sandy. Auto Body Repair Technology (4th ed.). Clifton Park, NY USA: Cengage Learning. pp. 25–26. ISBN 0-7668-6272-0. "A longitudinal engine mounts the crankshaft centerline front to rear when viewed from the top." 
  3. ^ [1]Motorfan 2021年4月18日閲覧
  4. ^ カウンタックとその後継車が敢えて中間にプロペラシャフトが入るような配置としている例があるように、車体後部に縦に続けて並べると車体に対して原動機が不釣合いに長くなりすぎる。