縦置きエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
縦置きエンジンの例。写真左側が自動車の進行方向(ローバー・SD1

縦置きエンジン(たておきエンジン)とは、主に輸送機器たる乗り物において搭載されているエンジンクランクシャフトが進行方向に平行、かつ前後方向に搭載されている状態をいう。英語では longitudinal engine が正式だが、進行方向を地図の北に見立てて north-south engine(ノース=サウス・エンジン)という言い方も広く用いられる。例えば「エンジンはノース=サウスだ」という文があれば、「エンジンは縦置きだ」という意味を持つ。

自動車の場合、フロントエンジン・リアドライブ配置の場合には縦置きであることが多く、実際にそのような構造をした車両が多い。リアエンジンミッドシップエンジンでは、コンパクトにまとめたい等の理由で横置きすることも多い[1]。差動機構が不要なオートバイ等では回転方向を90度変えるためのかさ歯車を採用する場合もあったが、現代においても自動車の入出力に相当する大トルクを担保するかさ歯車を製造出来る製造業者は数少ない。

フロントエンジン・フロントドライブ配置のいわゆるFF車の場合には、横置きが多数派であるが、乗り心地や運動性能にこだわったり、四輪駆動の派生モデルを考慮しているメーカーや車種(例えば国外メーカーであればアウディ、国内メーカーであれば水平対向エンジンを多く搭載しているスバルホンダなど)では縦置きした車もある。FF車ではエンジンを縦置きにすることで左右のドライブトレーンの長さが均等になり、トルクステアを防止することができるため走行性能の向上に寄与する。

[編集]

  1. ^ カウンタックとその後継車が敢えて中間にプロペラシャフトが入るような配置としている例があるように、車体後部に縦に続けて並べると車体に対して原動機が不釣合いに長くなりすぎる。