サーブ・オートモービル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サーブ・オートモービルAB
Saab Automobile AB
Saabwordmark.jpg
種類 aktiebolaget
本社所在地  スウェーデン
トロルヘッタン
Åkerssjövägen 10 461 80 Trollhättan
設立 1947年
業種 輸送用機器
事業内容 自動車製造
代表者 Carl Peter Forster 会長
Jan-Åke Jonsson CEO
従業員数 4108人 (2008)
主要株主 中華人民共和国の旗日本の旗 ナショナル・エレクトリック・ビーグル・スウェーデン
外部リンク http://www.saab.com/
テンプレートを表示

サーブ・オートモービル (Saab Automobile AB ) はスウェーデン自動車メーカー

概説[編集]

航空機・軍需品メーカーであるSAABの自動車部門として、1947年に設立された。一時はサーブ・スカニアという社名だった。一般には「サーブ」「SAAB」として知られる。

1990年に、アメリカのゼネラルモーターズ (GM) の出資を受けて、サーブ・スカニアから分離され単独の会社サーブ・オートモービルとなり、2000年からGMの完全子会社となっていた。

2009年2月20日、経営悪化のために会社更生手続きに入り、2010年にオランダのスパイカー・カーズに売却され傘下となり、社名も短期間だけサーブ・スパイカー・オートモービルズとなった。2011年2月に、親会社のスパイカー・カーズはスパイカーブランドのスポーツカー事業を売却することで子会社のサーブ・オートモービルの事業に専念することを決定し、6月に社名をスウェディッシュ・オートモービル (SWAN)に変更し、9月にスパイカーの事業をアメリカの投資会社のノースストリートキャピタルに売却した。

しかしその後もSWAN傘下のサーブ・オートモービルの業績低迷は続き、2011年12月19日破産した[1]

2012年6月13日、中国の投資家と日本の投資会社・サン・インベストメントによる企業連合体である「ナショナル・エレクトリック・ビーグル・スウェーデン社(NEVS)」が、サーブ・オートモービルを買収することを発表した[2]。NEVSはサーブ9-3の生産を2013年12月に再開したと発表していたが、2014年8月にスウェーデンの裁判所に破産法の適応を申請した[3]

歴史[編集]

95 V4
99 ターボ
9000
9-5

SAAB/サーブ・スカニア[編集]

参入[編集]

1940年代、スウェーデンの航空・軍需品会社であったSAAB社は自動車の開発に着手した。第二次世界大戦の終戦翌年の1946年2サイクルエンジンを搭載した前輪駆動車「92001」を完成する。水滴形のボディ、強固なモノコック構造等には航空機メーカーの特色が現れているとされる。ボディ設計時には、当時としては珍しい風洞実験が行われ、CD値 0.32を実現していた。また、雪上走行を考慮して、車体下面にカバーが施されていた。

その量産仕様「92」は1950年に販売が始まった。これ以後、「92」の発展モデル「933気筒エンジン搭載)」や「96(後にドイツフォードのV4エンジン搭載)」で国際ラリーでも活躍する一方、スポーツモデル「ソネット」シリーズも生み出した。これら一連の「92」発展モデルの製造は1980年まで続けられた。

サーブ・スカニア[編集]

航空・軍需品会社であったSAAB社は1968年トラックバスメーカーであったスカニア-VABIS社 (Scania-VABIS) と合併し、サーブ・スカニア社 (SAAB-SCANIA AB) となった。

1995年(サーブ・オートモービル社の分離後)、トラック・バス部門はSAAB社から分離し、スカニア社 (Scania AB) という別会社となった。スカニアは後にボルボによる買収計画を経て、現在はフォルクスワーゲングループ傘下の企業となっている。

量産車初のターボ[編集]

1967年にはその後のサーブスタイルの源泉とも言うべき、中型の「99」が登場。1977年に量産市販車では世界初となるターボエンジンを搭載した「99ターボ」を発売、高い安全性とスタイリングでアメリカを中心にヒット車となった。

またこの頃から航空機メーカーであることを強調したCM(格納庫から発車したりビゲンと併走するなど)を放送している。

900の人気[編集]

直後の1978年には主力モデルを改良型の「900」へと移し、ターボモデルも引き継がれた。1984年には「99」の後継となる「90」が登場した。「90」のボディーは「99」の前半部と「900」の後半部を繋いだもので、ベーシックカーとしての役割を持たされていた。

なお「900」はその個性的なスタイリングと、パワフルなターボエンジンの組み合わせがアメリカ日本などで高い人気を呼び、さらに1980年代に入り追加されたコンバーチブルモデルも人気を博した。

フィアットとのジョイント[編集]

1984年にはイタリアフィアットグループとの合弁事業『ティーポ4・プロジェクト』で、フィアット・クロマ(Fiat Croma)、ランチア・テーマアルファロメオ・164との姉妹車となる「9000」が登場、大衆車メーカーから高級車メーカーへと転身を図った。

また、スウェーデン国内では、自社の販売網で初代ランチア・デルタ(「Saab 600」の車名で。このモデルの空調機能の開発にも協力していた)やランチア・Y10を販売し、フィアットグループとの連携姿勢を保っていた。

GM傘下に[編集]

1990年、サーブ・スカニア社の乗用車部門がゼネラルモーターズ (GM) との折半出資会社「サーブ・オートモビル」に移管され、2000年にはGMの完全子会社となった。この間、GM傘下のオペルのプラットフォームを利用した新型9001993年。後の初代「9-3」)や「9-5」(1997年)などが登場した。

しかし2000年代半ばになると、親会社であるGMの経営不振により新車の開発、発売は停滞し、その結果最大手市場であるアメリカやヨーロッパのみならず、各国で市場シェアと販売台数ともに低落傾向が続いた。

経営危機[編集]

事業撤退からスパイカー・カーズ傘下に[編集]

2009年、親会社GMが経営破綻したため、不採算部門だったサーブ・オートモービルズも公的管理下(日本の会社更生法やアメリカの連邦倒産法第11章の適用に相当)におかれた。GMはスウェーデンのスーパーカーメーカーのケーニグセグへサーブ・オートモビルを売却することで基本合意していたが、ケーニグセグが買収資金を確保することができず白紙撤回された。GMはその後もオランダの高級車メーカーのスパイカー・カーズと売却交渉を行っていたがこれもこの時点で一度決裂した。

2009年12月に、GMと中華人民共和国北京汽車との間で『9-3』と旧型『9-5』の知的財産権とパワートレイン技術、旧型『9-5』の生産設備一式を売却することが基本合意された。2010年2月に、オランダのスパイカー・カーズへのサーブ・オートモービルの売却が完了し、サーブ・スパイカー・オートモービルズとして再出発することになった。旧型9-5の製造ラインを北京汽車に譲渡出来次第、新型9-5の生産をスウェーデン・トロールハッタン工場で開始する予定である。

2度目の経営破綻・破産[編集]

オランダのスパイカー・カーズ傘下に置かれたものの業績は改善せず、2011年4月に部品不足で工場の生産が停止。中国企業と進めていた出資交渉が難航したため従業員への賃金の支払いも滞り、資金繰りは悪化の一途をたどっていた。

2011年9月7日に、2度目の会社更生手続きを申請した。再建には、すでに中国の龐大汽貿集団 (Pang Da) と青年汽車集団 (Youngman) から支援を受ける方針を発表しており、中国政府の承認待ちとされた[4]。しかし、前の親会社で売却後も部品供給をしていたGMが、技術流出の恐れを理由に再建案に反対して、再建案が白紙となった[5]

その後も、再建案を模索したものの、条件がまとまらず、2011年12月19日破産申請をした[1]

再開[編集]

2012年6月に「ナショナル・エレクトリック・ビーグル・スウェーデン社(NEVS)」が、サーブ・オートモービルを買収することを発表し、2013年後半から「9-3」の生産を中国工場で開始するとしている[6]

なお部品部門の「サーブ・オートモービル・パーツAB[7]」や車種の生産ライセンスについては売却の対象から外されている[8][9]

サーブブランドの廃止[編集]

2016年6月21日、2017年度よりブランド名を社名と同じNEVSに変更し、サーブを使用しないことを発表した[10]

車種一覧[編集]

9-3
9-5

生産されていた車種[編集]

92 (92)
1949年末に生産開始された最初の市販モデル。横置き2ストロークエンジン、前輪駆動、空力設計の車体を持つ、個性的なクーペ
93 (93)
92の発展型。2ストローク3気筒エンジン搭載
95 (95)
93・96のワゴン型
96 (96)
93の発展型で92系列の最終発展型。途中、2ストローク3気筒エンジンをフォード製V型4気筒エンジンに換装。プラスチック製バンパーを装備するなどの変更を受けつつ、1980年まで生産された。
ソネット (Sonett)
96をベースとした前輪駆動の2座席スポーツカー。主にアメリカ市場に向けて作られた。
99 (99)
92以来の水滴型ボディに次ぐ第二世代目のサーブとして1968年に発売。ボディサイズは大型化され、4ドアも登場、エンジンも2リッターまで大型化され、後にはターボモデルも加わった。その基本設計はClassic 900に引き継がれた。
900 (900)
二世代に渡り生産され、それぞれClassic 900とNew 900と呼ばれる。Classic 900には2 ~ 5ドアとカブリオレのバリエーションがあった。
New 900はオペルオペル・ベクトラシャーシをベースとしていた。このパッケージは、そのまま初代9-3に引き継がれた。
9000 (9000)
フィアットとを始めとする欧州の自動車メーカー4社の共同により開発(ティーポ4プロジェクト)されたフラッグシップ・セダンである。

ボディ形状は、4ドアセダン(CD,Griffin)と5ドアハッチバック(CS、タラデガ、Aero)であった。後継モデルは9-5。 ティーポ4プロジェクトでプラットフォームが共通する他車種には 「アルファロメオ・164」「ランチア・テーマ」「フィアット・クロマ」が有る。

9-3(ナイン・スリー; 9-3
セダン(日本では「スポーツセダン」として販売)
カブリオレ
ワゴン -SportCombi (同、「スポーツエステート」)
9-5(ナイン・ファイブ; 9-5
セダン
ワゴン -エステート(第1世代のみ)。

なお2010年よりセダンの新型(第二世代)が販売され、日本では2011年3月18日に発売された。

9-2X(ナイン・ツー・エックス; 9-2X
スバル・インプレッサがベースのハッチバック。日本では未発売。
9-7X(ナイン・セブン; 9-7X
シボレー・トレイルブレイザーがベースのSUV。日本では未発売。

日本での販売[編集]

日本ではシトロエンプジョーとともに西武自動車販売セゾングループ)により長く輸入されていた。しかしながら1992年平成4年)10月、西武自動車販売はその輸入販売権を本国サーブ・オートモービル社が新たに設立する日本法人「サーブ・ジャパン」に委譲、サーブの輸入販売を取りやめた[11]。背景にはサーブ販売の極端な採算悪化があり、販売の低迷によって納車前点検整備(PDI)などの負担が過大になっていたという[11]

同年には、当時ポルシェの日本総代理店でもあったミツワ自動車が輸入権を取得して子会社、「ミツワインターナショナル(通称サーブミツワ)」を設立し、サーブ・ジャパンと共同して日本での販売を行った[11]。サーブミツワは、1996年平成8年)まで輸入権を保持し、事業を行っていた。

その後、一時的に日本ゼネラルモーターズ(現GMアジア・パシフィック・ジャパン GMAPJ)が「SAAB JAPAN」として輸入したが、1997年平成9年)にはヤナセに変更になった。

2002年平成14年)、再びGMAPJがサーブの輸入者となり[12]、全国のヤナセ、及びGMAPJによる独自ディーラー(キャデラックシボレーハマー併売店)の販売網で販売していた。

しかし、スパイカー・カーズへのブランド売却に伴いGMAPJでの輸入販売を終了することとなり、2010年平成22年)7月15日VTホールディングスのグループ会社「ピーシーアイ株式会社」(以下、ピーシーアイ)が正規輸入権を取得し、同年9月1日より輸入販売業務を開始。従前の販売網はそのまま継続されていた。

しかし2011年12月19日のサーブ・オートモービルの破産申請により、サーブ・オートモービルとピーシーアイとの、日本国内におけるディストリビューター契約は解除となった。それに伴い2012年1月5日、ピーシーアイは、サーブ車の販売停止およびメーカー正式保証の効力停止を発表したが[13]、その後方針が変更され、メーカー保証については同年2月17日に保証期間満了まで効力を継続することが明らかにされている[14]

(日本における新規登録台数の推移)[15]

2000年 2825台
2001年 2129台
2002年 1149台
2003年 0782台
2004年 0869台
2005年 0556台
2006年 0430台
2007年 0343台
2008年 0237台
2009年 0184台[16]
2010年 0063台[17]

前述の2017年度以降のサーブブランド消滅後も、ピーシーアイが引き続きサーブ車のアフターパーツ供給を継続していく事を表明している[18]

脚注[編集]

  1. ^ a b サーブが破産申請・救済交渉まとまらず 日本経済新聞電子版・2011年12月19日
  2. ^ 経営破綻した「サーブ」を日中企業連合のEV会社が買収 - 不景気.com、2012年6月14日
  3. ^ 新生 サーブ の親会社、NEVS 社…破産を申請 | レスポンス 2015-09-21閲覧
  4. ^ サーブ、2度目の再建手続き 中国企業支援の承認待ち asahi.com 2011年9月8日
  5. ^ GM「サーブの新再建案支持できない」中国社の買収交渉暗礁 日本経済新聞電子版・2011年12月9日
  6. ^ サーブ9-3が今年後半から製造を再開
  7. ^ 2013年11月13日を以って、オリオAB社へ社名変更を行っている。サーブ・オートモービル・パーツAB社、オリオAB社へ社名変更】 - SAAB|ピーシーアイ株式会社、2013年11月25日。
  8. ^ 日本のサーブユーザーは、サーブ・オートモービルAB売却の影響を受けず、 パーツおよびサービスの供給継続 - SAAB|ピーシーアイ株式会社、2012年6月21日。
  9. ^ 日中の企業連合がサーブ買収、当面は中国市場に注力し電気自動車生産へ - ロイター、2012年6月14日
  10. ^ 「サーブ」70年の歴史に幕 承継企業、ブランド使わず - 日本経済新聞電子版、2016年6月22日
  11. ^ a b c 西武自動車販売、サーブ販売撤退 『日本経済新聞』 平成4年10月2日朝刊
  12. ^ ブランド別インポーターの移り変わり Saab(サーブ) 日本自動車輸入組合
  13. ^ ピーシーアイ、「サーブ」の販売・アフターセールスを停止
  14. ^ 今後のサーブ車の保証効力継続について - ピーシーアイ・2012年2月17日
  15. ^ http://www.jaia-jp.org/j/stat/change/suii_shamei.htm 統計情報・日本自動車輸入組合
  16. ^ 2009年12月度輸入車新規登録台数(速報) 日本自動車輸入組合 2010年1月8日
  17. ^ 2010年統計「ブランド別新車登録台数確報(2010年12月)」 2011年1月11日発表(日本自動車販売協会連合会)
  18. ^ 【「サーブ」ブランド2017年に消滅】 の記事に関して - ピーシーアイ・2016年6月24日

外部リンク[編集]