フェラーリ・641

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェラーリ・641
フェラーリ・641/2
ムゼオ・フェラーリ所蔵の641/2
ムゼオ・フェラーリ所蔵の641/2
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー スティーブ・ニコルズ
エンリケ・スカラブローニ
先代 フェラーリ・640
後継 フェラーリ・642
主要諸元[1]
シャシー ケブラー カーボンファイバー コンポジット モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションバー・スプリング テレスコピック・ショックアブソーバー, アンチロールバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド コイルスプリング テレスコピック・ショックアブソーバー, アンチロールバー
エンジン フェラーリ Tipo 036, 3498cc, 65度 V12, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション フェラーリ製 7速 セミAT
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリ SpA
ドライバー 1. フランスの旗 アラン・プロスト
2. イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1990年アメリカGP
初勝利 1990年ブラジルGP
最終戦 1990年オーストラリアGP
出走優勝ポールFラップ
16635
テンプレートを表示

フェラーリ 641 (Ferrari 641) は、スクーデリア・フェラーリ1990年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー1990年の開幕戦から、第3戦まで[2]実戦投入された。第3戦以降投入された、改良型の641/2についても本記事で述べる。

開発の方針[編集]

641は、1989年に使用された640の正常進化バージョンである。基本デザインは前年の640と同じジョン・バーナードによるものだが、1990年初頭にバーナードはベネトンに移籍してしまったため、その後はエンリケ・スカラブローニや、同年にアラン・プロストと共にマクラーレンから移籍してきたスティーブ・ニコルズらの手によって改良が進められた。

フェラーリによって640で初採用されたセミオートマチックトランスミッションはネックとなっていた信頼性を改善し、一度の操作で複数段シフトダウンできるプログラムも開発された[3]。エンジンは公表値で60馬力もパワーアップ。ドライバー頭上のエアインテークが拡大され、内部にロールバーが見える形状となった。また、レギュレーション改訂に沿い、シャーシ側面の燃料タンクの寸法が短くなった。この変更は、前年のサンマリノGPでのゲルハルト・ベルガーの炎上事故を受けて行われたものである。コクピット後方の主燃料タンクを拡大したためモノコックが30mm延長されたが、ギアボックスを縮めたためホイールベースの長さは640と変わっていない[4]

641が実戦に登場したのは2戦(プロストは3戦)のみと極めて短命であったことから、641と641/2を区別せずに「フェラーリ F190」と総称する場合もある(特にミニカーなどのモデル業界に多い)。

特徴[編集]

第3戦サンマリノGPからはスカラブローニ・ニコルズらの手によるマイナーチェンジが行われた「641/2」が登場。ただ、前年の640(前期型・後期型)のような外観上のはっきりとした違いはほとんど見られない。空力面の改良を中心に、サイドポンツーン前端やノーズが丸みを帯びた点、ラジエーター排熱口の形状と位置の変更、リヤサスペンションやディフューザーを若干変更などが行われたが、同時にマシンの信頼性や整備性の改善も行われた。

第5戦カナダGPよりフロントウィング翼端板に筒状のパーツを追加し、通過する空気に渦を発生させて、前輪後方で発生する乱気流を制御した。この「ボーテックスジェネレーター」は他チームでも採用され、1994年に禁止されるまで流行することになる。

中盤戦からは出力向上型のTipo 037エンジンが登場。予選用として第7戦(プロストは第8戦)から投入され、第10戦から決勝でも使用された。ホンダエンジンに対抗するため、アジップと協力して特殊な成分の燃料も開発している。 また、予選では空気抵抗を減らすためサイドポンツーンのラジエーター排熱口を塞いだり、リアデッキのオイルクーラーを外したタイムアタック仕様を試みている。

翌年型642は残存燃料により挙動が大きく変わる点が注目されたが、この難点は641の頃からすでにあった事が後のアラン・プロストのインタビューから明らかになっている。

スペック (カッコ内は641/2)[編集]

1990年アメリカGPにてデビューした641。サイドポンツーンのエッジラインが641/2とは異なる。
1990年カナダGPにて、アラン・プロストがドライブする641/2。
1990年スペインGPにて、ピットストップ作業中の641/2。

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 641 (641/2)
  • ホイールベース 2,830 mm
  • 前トレッド 1,800 mm
  • 後トレッド 1,675 mm
  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー ブレンボ
  • ブレーキディスク・パッド ブレンボ
  • ホイール スピードライン
  • タイヤ グッドイヤー

エンジン[編集]

  • エンジン名 Tipo 036 (036,037)
  • 気筒数・角度 V型12気筒・65度
  • 排気量 3,497.9cc (3,499.2cc)
  • 最大馬力 665馬力 (710馬力)
  • スパークプラグ チャンピオン
  • 燃料・潤滑油 Agip

記録[編集]

序盤戦は信頼性不足で精彩を欠いたが、第6戦メキシコGPでワンツーフィニッシュを果たすと、そこからアラン・プロストが3連勝を達成。長く重いV12エンジンを搭載しているにも関わらず、優れたハンドリング性能を発揮した。16戦中6勝を記録し、アイルトン・セナゲルハルト・ベルガーの2人が駆るマクラーレン・MP4/5Bと伍して戦い、プロストとフェラーリをワールドチャンピオンまであと1歩というところまで押し上げた。

また、第7戦フランスGPの優勝は、フェラーリのF1通算100勝目というメモリアルな勝利であった。この年の最終戦オーストラリアGPがF1グランプリ通算500戦目の記念レースであったため、フェラーリチームは全グランプリの約1/5で勝利してきたことになる。しかし、1991年から93年の低迷によって、通算勝利数の加算がストップ。その結果、ライバルチームである3位ウィリアムズに差を縮めることを許す結果となった。また、歴代2位マクラーレンには1993年第15戦の優勝で並ばれ、同年最終戦の優勝により、通算勝利数の座が一旦マクラーレンのものとなるなど、1990年代前半はフェラーリの不振の時期と結っても過言ではなかった。そのため、フェラーリが単独首位を取り戻すこととなる1995年カナダグランプリでのジャン・アレジが優勝[5]するまでの間、苦難の時期を過ごすこととなる。

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1990 641 アメリカ合衆国の旗 ブラジルの旗 サンマリノの旗 モナコの旗 カナダの旗 メキシコの旗 フランスの旗 イギリスの旗 ドイツの旗 ハンガリーの旗 ベルギーの旗 イタリアの旗 ポルトガルの旗 スペインの旗 日本の旗 オーストラリアの旗 110 2位
1 フランスの旗 プロスト Ret 1 4 Ret 5 1 1 1 4 Ret 2 2 3 1 Ret 3
2 イギリスの旗 マンセル Ret 4 Ret Ret 3 2 18 Ret Ret 17 Ret 4 1 2 Ret 2

保存状況[編集]

フェラーリは1991年に向けてティレルジャン・アレジを獲得したが、ウィリアムズからアレジの仮契約を買い取るため、641/2の1台(プロスト車)を贈呈した。機密情報が絡むためデリバリーは数年後になったが、ライバルチーム同士でマシンを取引するのは珍しい出来事だった。このマシンはウィリアムズのコレクションホールに展示されていたが、施設が手狭になったためコレクターへ売却された。

また、別の641/2の1台(プロスト車)は、ニューヨーク近代美術館 (MoMA) のコレクションとして常設展示されている[6]

脚注[編集]

  1. ^ 1990 Ferrari 641 F1 - Images, Specifications and Information”. Ultimatecarpage.com (2010年1月28日). 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ 第3戦はアラン・プロストが641を、ナイジェル・マンセルが641/2を使用。
  3. ^ 第4戦モナコGPでは、プロストのみ複数段シフトダウンできる6速仕様車を使用した。ただし、決勝スタート後にベルガーと接触して使用できなくなり、赤旗再スタート後は通常の7速仕様のスペアカーに搭乗した。
  4. ^ 『フェラーリ641/2 クローズアップ&ヒストリー』 大日本絵画、1991年、p.12。
  5. ^ ただし、1994年ドイツグランプリでのゲルハルト・ベルガーの優勝により、同率首位に浮上し、マクラーレンの単独首位自体は数か月で終わらせることとなった。
  6. ^ Formula 1 Racing Car (641/2) - The Museum of Modern Art(2012年11月15日閲覧)。