ダラーラ・BMS190

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダラーラ・BMS190
カテゴリー F1
コンストラクター ダラーラ
デザイナー ジャンパオロ・ダラーラ
クリスチャン・バンダープレイン
先代 ダラーラ・BMS189
後継 ダラーラ・BMS191
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバーモノコック
トレッド 前:1,816 mm (71.5 in)
後:1,686 mm (66.4 in)
ホイールベース 2,898 mm (114.1 in)
エンジン フォード-コスワース DFR 3,493 cc (213.2 cu in), V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ダラーラ / ヒューランド 6速
燃料 アジップ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム BMSスクーデリア・イタリア
ドライバー 21. イタリアの旗 ジャンニ・モルビデリ
21. イタリアの旗 エマニュエル・ピロ
22. イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
初戦 1990年アメリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

ダラーラ・BMS190 (Dallara BMS190) は、ジャンパオロ・ダラーラクリスチャン・バンダープレインが設計したフォーミュラ1カーBMSスクーデリア・イタリアチームが1990年F1世界選手権で使用した。エンジンはコスワース DFR、3.5リッターを搭載した。BMS190はポイントを獲得することができなかった。

「BMS190」の他に「F190」、「190」と表記されることがある。

レース戦績[編集]

ドライバーはアンドレア・デ・チェザリスジャンニ・モルビデリが起用されたが、モルビデリは第3戦サンマリノグランプリエマニュエル・ピロと交代した。BMS190のデビュー戦は開幕のアメリカグランプリで、チェザリスは雨天の予選を3位で通過した。決勝は5位走行中にエンジントラブルでリタイアとなった[2]

チームはBMS190でポイントを得ることはできなかった。マシンは信頼性が低く、全16戦中完走したのは7回のみであった。フランスグランプリでチェザリスは重量違反のため失格となっている。最高位はハンガリーグランプリのピロと、イタリアグランプリのチェザリスで、共に10位となっている。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1990年 BMSスクーデリア・イタリア フォード DFR 3.5 V8 P USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
MEX
メキシコの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 NC
ジャンニ・モルビデリ DNQ 14
エマニュエル・ピロ Ret Ret Ret Ret Ret 11 Ret 10 Ret Ret 15 Ret Ret Ret
アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret Ret Ret Ret 13 DSQ Ret DNQ Ret Ret 10 Ret Ret Ret Ret


[編集]

  1. ^ Stats F1. “Dallara 190”. 2014年4月18日閲覧。
  2. ^ Stats F1. “USA 1990”. 2014年4月18日閲覧。