アレックス・カフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレックス・カフィ
Alex Caffi 1991.jpg
アレックス・カフィ (1991年)
基本情報
フルネーム アレッサンドロ・ジュゼッペ・カフィ
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・ロンバルディア州ロヴァート
生年月日 (1964-03-18) 1964年3月18日(54歳)
F1での経歴
活動時期 1986,1987-1992
所属チーム '86-'87 オゼッラ
'88-'89 スクーデリア・イタリア
'90 アロウズ
'91 フットワーク (アロウズ)
'92 アンドレア・モーダ
出走回数 77 (56スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 6
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1986年イタリアGP
最終戦 1991年オーストラリアGP
テンプレートを表示

アレッサンドロ・ジュゼッペ・"アレックス"・カフィAlessandro Giuseppe "Alex" Caffi, 1964年3月18日 - )は、イタリアロンバルディア州ブレシア県ロヴァート出身のレーシングドライバーで元F1ドライバー。

フジテレビF1中継では、1987年時は「アレッサンドロ・カフィ」と表記していたが、翌年以降は「アレックス・カフィ」と表記するようになった。

経歴[編集]

F1参戦前[編集]

イタリアFFAで1982年にランキング4位、1983年はランキング2位となり、1984年からイタリアF3にステップアップ。参戦初年度より2勝を記録し、シリーズランキング2位となった。

翌1985年もシーズン2勝でランキング2位、更にF3カップではポールポジション、ファステストラップも記録しての完全優勝を果たす。1986年は2勝でランキング3位、F3カップでは2位となった。

F1[編集]

1986年~1987年[編集]

1986年の第13戦1986年イタリアGPでオゼッラからスポット参戦でデビューし、最後尾の27位からスタートし、11位で完走した。翌1987年はオゼッラからフル参戦を開始するが、完走したのはサンマリノGPの12位のみで、中盤の8戦連続を含む13回のリタイヤ、2度の予選落ちを喫した。弱小チームからの参戦からリタイヤ原因の多くは、エンジンや電気系、トランスミッションなどのマシントラブルだった。

1988年~1989年[編集]

1988年は新規チームのスクーデリア・イタリアに移籍した。16戦中完走7回、リタイヤ7回、予備予選不通過2回で、最高位はポルトガルGPの7位だった。この年も、リタイヤ原因はスピンしたモナコGP日本GPの2度を除き、マシントラブルに起因するものだった。

1989年はカフィ躍進の年となった。モナコGPでは予選9位から4位に入り初入賞を果たした。アメリカGPでも予選6位から一時2位に浮上する好走を見せたが、このレースでは、序盤のトラブルで周回遅れになっていたチームメイトのアンドレア・デ・チェザリスが、カフィを追い抜いて周回を戻そうとした際に両者が接触した。この接触でカフィは壁に衝突し、リタイヤに終わった。続くカナダGPでは予選8位から6位に入り、シーズン2度目の入賞を記録した。

ハンガリーGPでは予選で3位につけ注目を集めるが、決勝は7位に終わった。この他にも、非力なマシンで何度か8位や9位などの上位グリッドに付け、高い評価を受けた。

1990年~1991年[編集]

1990年アロウズに移籍し、第4戦モナコGPで5位に入賞した。入賞は1度きりだったが、非力なマシンでシングルフィニッシュを7度記録し、参戦した14戦のうち、8戦でチームメイトのベテランミケーレ・アルボレートを上回る予選順位を記録した。

1991年はアロウズを買収したフットワークに残留。チームはポルシェV12エンジンを積むことになったが、ポルシェエンジンは非常に重い上にパワーも無く、フットワーク・FA12は全く戦闘力を持たなかった。カフィは開幕から4戦連続予選落ちを喫した。モナコGPの予選では車体が前後に分断される大クラッシュを喫し、幸運にもそこでは軽傷で済んでいたが第5戦カナダGP直前には交通事故で両足を骨折してしまい、夏場の4レースを欠場。第9戦ドイツGPで復帰したが、6戦連続で決勝には進めなかった。後半戦はチームが予備予選の対象とされ、以後第14戦までの6戦中5戦で予備予選不通過と「F1にステップアップして以来最悪のシーズン」と自ら認める[1]散々な年となった。この年決勝に進出したのは、第15戦日本GPとそれに続く最終戦の1991年オーストラリアGPの2レースのみであった。日本GP前にチームは翌年へ向け鈴木亜久里の移籍加入を発表(アルボレートは残留)し、カフィは放出された。

1992年[編集]

1992年アンドレア・モーダと契約。しかし、開幕戦ではFISAへの保証金未払いにより、参戦を拒否された。第2戦メキシコGPは新しい車両の製造が間に合わず欠場。このようなお粗末なチーム運営に失望したカフィはチームメイトのエンリコ・ベルタッジア共々自ら契約解除し、これを最後にF1参戦を終了した。

F1後[編集]

F1後は主にスポーツカーレースで活動した。IMSAALMSFIAスポーツカー選手権Grand-Amなどに参戦した。また、ル・マン24時間レースにも参戦した。

現在はAlex Caffi Motorsportsを率い、チームディレクターとしてユーロナスカーシリーズに参戦する他、FIA Historic F1にエンサインN177/DFVで参戦している。尚、ユーロナースカーでは日本人選手の三浦健光を起用しているが、カフィ本人もドライバーとして出場している。

その他[編集]

当時、F1の実況担当であった古舘伊知郎からは「F1界の加勢大周」とも呼ばれていた。身長は166cm。テニススカッシュが趣味であった。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1986年 オゼッラ FA1G BRA ESP SMR MON BEL CAN DET FRA GBR GER HUN AUT ITA
NC
POR MEX AUS NC
(30位)
0
1987年 FA1I BRA
Ret
SMR
12
BEL
Ret
MON
Ret
DET
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
AUT
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
DNQ
MEX
Ret
JPN
Ret
AUS
DNQ
NC
(27位)
0
FA1G FRA
Ret
1988年 ダラーラスクーデリア・イタリア 3087 BRA
DNPQ
NC
(19位)
0
188 SMR
Ret
MON
Ret
MEX
Ret
CAN
DNPQ
DET
8
FRA
12
GBR
11
GER
15
HUN
Ret
BEL
8
ITA
Ret
POR
7
ESP
10
JPN
Ret
AUS
Ret
1989年 189 BRA
DNPQ
SMR
7
MON
4
MEX
13
USA
Ret
CAN
6
FRA
Ret
GBR
DNPQ
GER
Ret
HUN
7
BEL
Ret
ITA
11
POR
Ret
ESP
Ret
JPN
9
AUS
Ret
19位 4
1990年 アロウズ A11B USA BRA
Ret
SMR
DNQ
MON
5
CAN
8
MEX
DNQ
FRA
Ret
GBR
7
GER
9
HUN
9
BEL
10
ITA
9
POR
13
ESP JPN
9
AUS
DNQ
16位 2
1991年 フットワーク (アロウズ) A11C USA
DNQ
BRA
DNQ
NC
(33位)
0
FA12 SMR
DNQ
MON
DNQ
CAN MEX
FA12C FRA GBR GER
DNPQ
HUN
DNPQ
BEL
DNPQ
ITA
DNPQ
POR
DNPQ
ESP
DNPQ
JPN
10
AUS
15
1992年 アンドレア・モーダ C4B RSA
EX
NC
(38位)
0
S921 MEX
DNP
BRA ESP SMR MON CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR JPN AUS

(key)

脚注[編集]

  1. ^ 1991F1日本グランプリ公式プログラム p50 フットワーク10 アレックス・カフィ (株)鈴鹿サーキットランド発行

外部リンク[編集]

関連項目[編集]