アンドレア・キエーザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドレア・キエーザ
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
出身地 イタリアの旗 イタリアミラノ
生年月日 (1964-05-06) 1964年5月6日(53歳)
F1での経歴
活動時期 1992
所属チーム フォンドメタル
出走回数 10
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1992年南アフリカGP
最終戦 1992年ドイツGP
テンプレートを表示

アンドレア・キエーザ(Andrea Chiesa、1964年5月6日[1] ‐ )は、スイスの元F1ドライバー。

日本語における表記、呼称には揺れがあり、フジテレビのF1中継では、「アンドレア・チエザ」と表記されていた。その他雑誌では「アンドレア・キエーサ」とも表記されていた。

経歴[編集]

1992年モナコグランプリ予選でのキエーザ

イタリアミラノ出身[2]

1986年、1987年にイタリアF3に参戦。1988年から1991年には国際F3000に参戦[3]。1989年はランキング6位、1990年にはランキング7位になった[3]。1992年、フォンドメタルよりF1デビュー。弱小チームのフォンドメタルのマシンは1992年度には、フォード・コスワース・HBエンジンを獲得したものの、シーズン前半は前年度シャシーであるGR01を使用していたため、同じHBエンジン搭載のロータスに比べると戦闘力は低かった。またシャシーは前年度のドライバーであったオリビエ・グルイヤールに合わせて設計されたものであり、身長180cm[1]と長身のキエーザには狭かった。

開幕戦南アフリカGPは予選落ち。スポンサーを持ち込んでのF1デビューであったがチームとスポンサーとのトラブルもあり、第10戦ドイツGPをもって解雇。第11戦ハンガリーGPからは、ブラバムからエリック・ヴァン・デ・ポールにシートを譲った。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ハンドブック92D 1992, p. 61.
  2. ^ Andrea Chiesa - Biography”. F1 Rejects. 2013年3月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月22日閲覧。
  3. ^ a b ハンドブック92D 1992, p. 62.

参考文献[編集]