ノガロ・サーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Circuit Paul Armagnac
Circuit Paul Armagnac Nogaro.svg
所在地 フランスノガロ
座標 北緯43度46分5秒 西経0度2分17秒 / 北緯43.76806度 西経0.03806度 / 43.76806; -0.03806
主なイベント FIA スポーツカー選手権, フォーミュラ3・ユーロシリーズ, F3000, フランスグランプリ (ロードレース), MotoGP

シルキュイ・ポール・アルマニャック (Circuit Paul Armagnac) は、フランス南部、ノガロ近郊に位置するサーキットノガロ・サーキット (Circuit de Nogaro) としても知られる。

歴史[編集]

サーキットは1960年10月3日、フランスにおける初のレース専用サーキットとして開業した[1][2]。当初は1.752キロメートル (1.089 mi)の距離であったが、1973年および1989年に拡張され、現在は3.636キロメートル (2.259 mi)である。2007年に近代化が行われ、新しいコントロールタワー、ピットレーンの建設およびコース幅が12メートル (39 ft)に拡大された。

ポール・アルマニャック[編集]

サーキットはノガロ出身で1950年代から60年代にかけて活躍したレーシングドライバーのポール・アルマニャックに因んで命名された[3]。アルマニャックはDBのマシンをドライブし、1962年10月21日にモンテリで行われたパリ1000kmレースのプラクティス中に事故死した。

コースについて[編集]

コースは比較的平坦で、最高点と最低点の差は6メートル (20 ft)に過ぎない。時計回りに走行し、2つの長いストレートから構成される。メインストレートは950メートル (3,117 ft)の長さで、ノガロ出身のオートバイコンストラクター、クロード・フィオーレに因んで名付けられている。バックストレートはメインストレートとほぼ並行で、いくつかのスローコーナーによって結ばれている。

イベント[編集]

本サーキットで開催されたイベントは以下のような物がある:

参照[編集]

  1. ^ Nogaro”. RacingCircuits.info. 2015年6月5日閲覧。
  2. ^ Circuit Automobile Paul Armagnac”. Nogaro en Armagnac. Mairie de Nogaro en Armagnac. 2015年6月5日閲覧。
  3. ^ Le circuit de Nogaro fête ses 50 ans…”. Endurance-Info.com. Laurent Mercier. 2015年6月5日閲覧。
  4. ^ Shell Eco Marathon 2015”. Michelin. 2015年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]