アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯37度13分19秒 西経8度37分46秒 / 北緯37.22194度 西経8.62944度 / 37.22194; -8.62944

ポルトガルの旗 アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ
概要
所在地 ポルトガル アルガルヴェ地方ポルティマオン
営業期間 2008年 -
主なイベント フォーミュラ1(テスト)
GP2
A1グランプリ
ル・マン・シリーズ(1000km・ナイトレース)
FIA GT選手権
フォーミュラ・ルノー
ユーロ3000選手権
スーパーバイク世界選手権
国際レーシングコース(4輪)
Autódromo Internacional do Algarve.png
コース長 4.692km
コーナー数 18
ラップレコード 1:31.404 (2009年)
アダム・キャロル
A1チーム アイルランドA1グランプリ
国際レーシングコース(2輪)
コース長 4.658km
コーナー数 15
ラップレコード 1:43.787 (2008年)
トロイ・ベイリス
ドゥカティゼロックススーパーバイク世界選手権
テンプレートを表示

アウトードロモ[1]・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェAutódromo Internacional do Algarve)はポルトガル南部アルガルヴェ地方にあるサーキットアルガルヴェ・モーターパークアルガルヴェ国際サーキットとも呼ばれる。また、ポルティマオン (Portimão) にあるサーキットなので英語名においてもPortimao Circuitとも表記されることがある。

概要[編集]

全長4.692キロメートル(2.915マイル)。建築費用1億9500万ユーロ(2008年12月頃のレートである1ユーロ=約125円として、約244億円)をかけ、2008年10月に完成。カートレース場やテクノロジーパーク、五つ星のホテル、スポーツ複合施設、住居などの施設が含まれている。

FIMホモロゲーションは2008年10月11日FIAのそれは翌々日の10月13日に得ている。

コーナーのひとつに、スーパーバイク世界選手権のレース中の事故により息を引き取ったクレイグ・ジョーンズの名前がつけられることになっている。

イベント[編集]

サーキットで初めて国際規格のグランプリがオートバイレースのスーパーバイク世界選手権が2008年11月2日に行われ、次にF1のオフシーズンテストが12月14日15日16日にかけて行われた。

四輪のグランプリとしては2009年4月12日第9戦目としてA1グランプリが行い、8月2日ル・マン・シリーズ1000キロメートル・ナイトレース、9月13日FIA GT選手権第7ラウンド、9月19日20日GP2第10ラウンド(最終戦)が行われた。

また、2017年頃[2]からポルトガルGP復活に向け、サーキットの主催者がF1側と交渉を行っていたが、F1側が乗り気ではなかったことや新規開催国も含めたライバルが多かったため、潜在的な候補という位置づけにとどまっていた。ところが、2020年新型コロナウイルス感染症の拡大により開催できなくなったレースが多数発生したため、スケジュールの見直しを余儀なくされ、その過程で同コースでのポルトガルGP開催が急浮上した[3]。そして、2020年7月24日、シーズン第12戦としてアルガルヴェ・サーキットでのF1開催が発表[4]。ウイルスの感染拡大により開催スケジュールを変更せざるを得なくなったことによる措置によって得た権利ではあるものの、24年ぶりにポルトガルにおけるF1開催となった。

脚注[編集]

  1. ^ 日本語表記の慣用にならえば「アウトドローモ」と表記すべきだが、ポルトガル語の発音にならい「アウトードロモ」と表記している。
  2. ^ ポルトガルGP復活に向け、アルガルベ・サーキットとF1オーナーが協議www.as-web.jp(2017年6月17日)2020年7月25日閲覧。
  3. ^ F1ポルトガルGP、24年ぶりに復活? 9月末にポルティマオで2連戦かformula1-data.com(2020年6月14日)2020年7月25日閲覧。
  4. ^ F1改定カレンダー第3版、ポルティマオ、イモラ、ニュルブルクリンク正式決定formula1-data.com(2020年7月24日)2020年7月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Autódromo Internacional do Algarve(ポルトガル語・英語)