ノガロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nogaro

Blason ville fr Nogaro (Gers).svg
Nogaro église.jpg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オクシタニー地域圏
(département) ジェール県Blason département fr Gers.svg
(arrondissement) コンドン郡
小郡 (canton) ノガロ小郡
INSEEコード 32296
郵便番号 32110
市長任期 クリスティアン・ペイレ[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Bas-Armagnac
人口動態
人口 1985人
(2011)
人口密度 179人/km2
住民の呼称 Nogaroliens, Nogaroliennes
地理
座標 北緯43度45分33秒 西経0度01分58秒 / 北緯43.7591666667度 西経0.0327777777778度 / 43.7591666667; -0.0327777777778座標: 北緯43度45分33秒 西経0度01分58秒 / 北緯43.7591666667度 西経0.0327777777778度 / 43.7591666667; -0.0327777777778
標高 平均:m
最低:89 m
最高:148m
面積 11.6km2
Nogaroの位置(フランス内)
Nogaro
Nogaro
テンプレートを表示

ノガロNogaroガスコーニュ語:Nogaròu)は、フランスオクシタニー地域圏ジェール県コミューン

地理[編集]

コンドンの南西45kmのところにある。ミドゥール川、イゾテ川、ミドゥーザン川に面する。ノガロは低アルマニャック地方に分類される。

由来[編集]

Nogaroとは、『クルミの町』を意味するNugaroliumに由来する。

歴史[編集]

ノガロは、オーシュ大司教区の治外法権区域(fr:Sauveté)であった。オーシュ大司教オスタンドは、1055年にノガロをアルマニャック伯の臣下から領地として購入した。翌年に教会が建てられ、そこで教会会議が開催されている。

1050年以降、ノガロの治外法権区域は、商人たち(ワインのネゴシアンたち)が通行料を払わねばならなかった。町はオーシュ-トゥールーズ間、バイヨンヌやオーズとつながる道路の交差点で、どんな市でも町の外からの商品を見つけることができた。サリー・ド・ベアルンからの塩、大西洋岸からのニシン、サケ、チョウザメピレネー山脈を越えてやってきた布、鉄、チーズ、南部から届いた油、オリーブ、イチジク、コショウ、ショウガ、琥珀、そして地元で生産されるテーブルウェア、油、木の実、コムギ、そしてワインであった。1219年に住民たちは自分たちの税関を持っていた。

低アルマニャック地方第一の封建都市および宗教都市として、1061年から1315年にかけてノガロでは7度の州教会会議が開催された。その宗教的な名声は1250年のコルドリエ会修道会の設立によって確認された。

16世紀にノガロは神学校を持っていたが、1569年にユグノーモンゴムリ伯一派によって破壊された。教会は略奪にあい、柱は引き倒され、保管庫は荒らされ、家具が持ち出された。

町は17世紀に内戦の荒廃から復活した。1620年、カプチン会派修道院が設立された。しかし、1668年2月12日に発生した地震によって、修道院付属教会は崩壊した。

1829年、ノガロはブイとユルゴスの2つのコミューンと統合した。1893年、ユルゴスが再び分離し独立したコミューンとなった[2]

巡礼路[編集]

ノガロは、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路のポディエンシス道上にある(マンシエとバルセロンヌ=デュ=ジェールの間)。

ジャカイル(Jacayles)と呼ばれる古い道がノガロのメイン・ストリートに通じており、どの住宅も(ナバーラプエンテ・ラ・レイナのように)細長く非常に幅が狭い。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
1859 2140 2113 2013 2008 1881 1969 1985

参照元:1999年までEHESS[3]、2004年以降INSEE[4][5]

史跡・行事[編集]

  • クルス・ランデーズ(fr:Course landaise) - 人気がある古式の闘牛。毎年7月14日と8月15日にコルヌ・ドールという催しが開かれる。
  • ノートルダム・ド・ブイ教会 - ゴシック様式。その創設には、奇跡が関係したと伝えられている。ブエという名の雄牛を領主が飼っていた。この牛が木を根こそぎにし、聖母のかたちをした木の切り株を運んできた。領主は、近隣の敵に勝利したら教会を建立すると誓いを立てた。望みがかなえられたので、礼拝堂が建てられた。
  • サン・ニコラ参事会教会

姉妹都市[編集]

脚注[編集]