タイセイヨウニシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイセイヨウニシン
Herringadultkils.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: ニシン目 Clupeiformes
亜目 : ニシン亜目 Clupeoidei
: ニシン科 Clupeidae
: ニシン属 Clupea
: タイセイヨウニシン
C. harengus
学名
Clupea harengus
Linnaeus, 1758
英名
Atlantic herring
Clupea harengus

タイセイヨウニシン(大西洋鰊・大西洋鯡、学名: Clupea harengus)は、ニシン目ニシン科海水魚回遊魚で、北大西洋北極海に分布する。

形態[編集]

魚体は細長く、体長は30-45センチメートルほど。背側は青黒色、腹側は銀白色。

太平洋に分布するニシンにきわめて類似しており、外見上は腹部の鱗の形が若干違う程度である。生態や肉質なども大きな差はない。欧米で Herring, Häring と言えばニシンも含むが、普通は本種のことを指す。種を区別したいときには、ニシンを Pacific herring、タイセイヨウニシンを Atlantic herring と呼ぶ。

利用[編集]

Rollmops
Kippered "split" herring

北ヨーロッパではマリネ燻製缶詰塩干などにして食べられる。日本にもノルウェーなどから大量に輸入され、ニシンと同じように食べられている。

本種を用いる料理として、酢漬けのロールモップス (Rollmops) や燻製のキッパー (Kipper) などがある。